DEAD OR ALIVE 5 LAST ROUND (デッドオアアライブ5 ラストラウンド) 【プレイステーション4版】

    遂に「DEAD OR ALIVE 6」の発売が発表されましたね。

    もう出ないかと思っていましたよ。

    どうも今の「DEAD OR ALIVE 5」のプロデューサーはユーザーからの評判は、
    決して良くないですよね。

    と言う事で、
    「DEAD OR ALIVE 5 LAST ROUND」を買うかどうかは、
    結構、
    迷っていたんですよ。

    でも、
    せっかくPS4も買ったし、
    キャラが増えただけの「DEAD OR ALIVE 5 LAST ROUND」に、
    なけなしのお金を使うのも、
    どうかなー、と。

    で、
    結局、
    中古で買いました。

    もう一度、
    ストーリーモードからプレイしましたよ。

    練習もかねて。

    で、
    いわゆるアーケードモード的なモードを、
    ちょこちょこプレイしていたりするわけですな。

    いやー、
    この「DEAD OR ALIVE 5 LAST ROUND」の段階では、
    ストーリーに絡んでこないキャラや、
    ゲストキャラが一杯ですね。

    あんまり使ってないけど。

    あー、
    二キャラは、
    追加でお金払わないと使えないようなので、
    使えていないです。

    それでも、
    十分すぎるくらい色々なキャラがいるからね。

    さすがに、
    昔ほど熱中出来なかったのは、
    やはり、
    色々と中途半端な感じだからかな。

    はじめて、
    プレイするのが、
    「DEAD OR ALIVE 5 LAST ROUND」だったら、
    また
    違った漢字なんでしょうけど。

    「DEAD OR ALIVE 5」で、
    3本目ですからね。

    さすがに、
    って感じですよ。

    中古とは言え、
    良く付き合ったと自分でも思います。

    ちなみに、
    「デッド オア アライブ エクストリーム3」は、
    意味不明のキャラクターが選別されていて、
    もう「デッド オア アライブ」ではないよね、
    って感じになっているので、
    今のところ、
    中古でも買っていません。

    中古で、
    かなり安くなったら買うかもしれないけど。

    今の価格だと、
    割に合わない感じかな。

    と言う事で、
    ちょこっとプレイばかりしている「DEAD OR ALIVE 5 LAST ROUND」です。










    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : PLAYSTATION®4
    ジャンル : ゲーム

    tag : 格闘 ACG コーエーテクモ 動画 桑島法子 堀江由衣 三石琴乃 永島由子 山崎和佳奈 冬馬由美

    アサルト・エース 【2009年製作:映画】

    これまた珍しいです。

    なにが珍しいのかというと、
    スイスの映画だから、
    と言う所ですな。

    あまりね
    アチキは、
    スイスの映画を目にしないです。

    さて、
    ヨーロッパのお国の映画というと、
    フランス映画のイメージで、
    文化的な、
    芸術ぽい作品をイメージしたのは、
    昔の話。

    今では、
    普通にアクション映画がどーんと一杯日本に入ってきます。

    この映画も、
    スイスとは言え、
    タイトルからもイメージ出来るように、
    アクション映画です。

    スイス警察の特殊部隊に所属する男が主人公です。

    で、
    主人公の親友というか、
    仲間というか、
    友達というか、
    まぁ、
    それなり気心の知れた友人が、
    悪いコトして捕まって、
    そして、
    服役から出所して、
    またなにやら悪事をと言う事で、
    アジトに向かうのですが、、、。

    といった感じ。

    ドラマ部分が、
    もう少し何とかなったらと言うか、
    もう少し、
    シンプルに見せた方がよかったんじゃね、
    と思うような感じでしたね。

    どうも、
    凝った感じが、
    やり過ぎに見えてしまうのですよ。

    と言う事で、
    まぁ、
    こんなもんかな、
    という感じの映画でした。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 警察 動画

    シャーロック・ホームズ VS モンスター 【2010年製作:映画】

    いやー、
    もうタイトルからしてB級映画の臭いプンプンだよね。

    そして、
    流行のVSものですよ。

    なんだろう、
    きっと、
    このタイトルだけで、
    一般の方は、
    まずレンタルとかしないよな、
    と言う気がするのは、
    きっと、
    アチキだけではないはず。

    そして、
    タイトルを見て、
    レンタルして見てみようと思うのは、
    B級映画が好きな人、
    と言う事でしょう。

    さて、
    そう言いながらも、
    この映画、
    結構楽しめました。

    まぁ、
    シャーロック・ホームズである必要は、
    最初の事件のとっかかりの所くらいで、
    それさえも、
    他の人でもといわれたら、
    それはそれで良いのかと、
    と思ってしまう設定ですが、
    楽しめました。

    モンスターと昌に戦うホームズの映画です。

    まっ、
    モンスターといっても、
    恐竜ですけど。

    でも、
    VSモノとしては、
    恐竜と言われるよりも、
    モンスターと言われた方が、
    触手は伸びるかな。

    そして、
    驚いたことに、
    この映画の原題ですが、
    まさか、
    って感じでしたね。

    と言うわけで、
    これなら一般の方でも、
    興味があったらレンタルして見てもらっても、
    まぁ、
    そこそこ楽しめるのではないかと思います。










    関連記事

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション 探偵 モンスター 動画

    星界の戦旗VI 帝国の雷鳴 【小説】

    何年ぶりですか。

    ブログのネタになっているのが、
    2013年ですか。

    もう五年も前なんですな。

    久々なので、
    以前の話をどこまで覚えているのか、
    少々不安でしたが、
    まぁ、
    あまり混乱することなく、
    読み終えることが出来ましたね。

    前巻で、
    帝都ラクファカールが敵の手によって落ちて、
    みんなちりぢりになったところで終わったのは、
    思い出しました。

    それから、
    十年後の話になります。

    ここからアーヴによる人類帝国の反撃が始まると言う事ですな。

    でも、
    改選した時も、
    かなり進行されて反撃開始、
    という感じでしたが、
    また大きな痛手を受けて、
    反撃開始、
    と言う事で、
    これは、
    主人公が生きているうちに終わるのでしょうかね。

    それこそ、
    ジントは、
    死んでしまっても追わないくらいの方が、
    良いような気もしてくるな。

    別に戦士と言う事で華なくて、
    漏水での死亡で、
    それくらいの年月がたっても終わっていません、
    みたいな、ね。

    当初百年のイメージがあったようですが、
    そこまでは、
    という感じらしいと言う事なので、
    アチキとしては、
    いやいや、
    もっと長くても良いのではと言う事での感想です。

    さて、
    次は、
    いつ出るのでしょう。

    アチキが生きているうちには、
    完結して欲しいですね。





    関連記事

    テーマ : SF小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF 戦争

    バイオレンス・ブルー 真夏の完全犯罪 【2009年製作:映画】

    いかにもなタイトルとパッケージのビジュアルです。

    得てして、
    一般の方が見ると、
    とんでもない評価になりそう映画の予感です。

    と言う事は、
    アチキにとっては、
    それほどでもないのだろう、
    と言う事で見たわけですな。

    まっ、
    いつものようにね
    TSUTAYA DISCUSで予約ボタンをポチポチ見境なく押しているので、
    本当に、
    どうしてこの映画を見ようと思ってボタンをクリックしたなんて理由は、
    全く覚えていません。

    なので、
    家について、
    タイトル見て、
    映画見て、
    首をかしげることもしばしばです。

    さて、映画の内容ですが、

    離ればなれの父親の元に、
    婚約者を紹介するために旅に出た息子。

    で、
    父親のいるところは、
    どうもリゾート地のようです。

    青い海、
    青い空、
    南国って感じです。

    どうやら地中海のどこかみたいですが、
    どこだかは覚えていません。

    そこで、
    彼女と夜、
    クラブに行ったら彼女が誘拐されて、
    さぁ大変。

    という感じの映画です。

    設定的には良くあるし、
    展開も良くある感じで、
    ある意味、
    普通です。

    普通すぎて、
    きっと一般の人には、
    つまらないと思われてしまいそうです。

    そんな感じなので、
    一般の方は、
    それなりに注意してからご覧になってください。

    どんな注意なんだ、
    と突っ込まないように。










    関連記事

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 ちょいエロ 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧









    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ












    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー