シン・ゴジラ 【2016年製作:映画】

    庵野秀明氏が監督して話題になったゴジラですね。

    毎度のことですが、
    これが最後のゴジラだといって、
    しばらくすると新作が作られるシリーズですね。

    アチキは、
    ゴジラ好きなので、
    何度でも復活してもらって問題ないです。

    配給側も、
    きっと「最後」といいながらも、
    単なる宣伝目以上の思いはないと思いますね。

    と言うわけで、
    興行的にも成功したと思われ「シン・ゴジラ」です。

    アチキの周りにも、
    何度も劇場に足を運んだ人がいます。

    ちなみに、
    アチキは、
    某プロバスケットボールチームの社員からBlu-rayディスクを借りてみました。

    TSUTAYA DISCUSで予約したけど、
    人気ですぐには来ないんだよねぇ、
    と言ったら貸してくれたのですね。

    さて、
    映画の内容ですが、
    いつもの感じです。

    ゴジラが東京に来て退治する。

    CGは素晴らしいと言えるほど進歩しましたね。

    ちょっと驚きました。

    ハリウッド映画なら驚かないレベルですが、
    日本映画ですからね。

    まぁ、細かい内容は置いといて、
    今回のゴジラを、
    アチキの近くにイマイチだと入っている人がいます。

    何でそう思ったのかなぁ、
    なんて思いながら見ていたりもしたのですが、
    いっていたのは、
    おっさんで、
    この手の映画は好きな人なんですよね。

    で、アチキが思ったのは、
    「シン・ゴジラ」は、
    巨大怪獣の恐怖を前面に出していないからかなぁ、と。

    1作目の頃と違って、
    今では、
    巨大な怪獣が登場するというシチュエーションじゃ怖いと思わないんですよね。

    ちいさいお子さんは、
    違うと思いますけど。

    なので映画の視点は、
    近くて遠いところからの話になっています。

    今までは、
    基本的に、
    一般市民の視点を取り入れて、
    怪獣に襲われる恐怖を頑張って描いていました。

    今回は、その視点を一切なくしています。

    リアリティを持たせるためもあったんでしょうね。

    尺の問題もあったし。

    あれもこれもではなくて、
    未知の生物に対応していく政府という観点で物語は進んでいきます。

    その部分に共感を得られなければ、
    イマイチといっていたおっさんと同じになるのでしょう。

    これは、
    モンスターパニック映画ではい、
    と言う感じなのかな。

    そこまで明確に感じているかどうかは知りませんけど。

    そのことについて、
    話したことないので。

    と言うわけで、
    長くなるので、
    そろそろまとめますが、
    一般の方でも楽しめる映画になっています。

    内容もそうですが、
    ビジュアル的に良くできているので、
    それこそ、
    日本映画もこのレベルがスタンダードになってくれればと思うほどよくできているので、
    一度はご覧になって欲しいですね。










    スポンサーサイト

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 怪獣 動画 庵野秀明

    四季・奈津子 【1980年製作:映画】

    これまた日本映画ですね。

    五木寛之の小説が原作の映画です。

    でも、アチキは、
    読んだこと無いです。

    五木寛之の小説は、
    一冊も読んだこと無いです。

    まぁ、アチキの場合は、
    SFメインで、
    たまにミステリーで、
    それ以外をたま~~に読んでいるので、
    既にジャンルとして、
    五木寛之の小説は、
    入ってこないですよね。

    でも、
    うちの母親が好きみたいで、
    家には、
    五木寛之の本が何冊もありましたね。

    だから、
    名前だけは知っていましたよ。

    で、
    何でこの映画を見たのか。

    前回のとは違い、
    今回は、
    目的が分かっていますよ。

    主演女優のヌードが見たかったからでしょう。

    それ以外に、思い当たる節がない。

    それで言うと、
    烏丸せつこの素晴らしい姿態は満足しましたよ。

    でも、
    映画の内容としては、
    まぁ、こんなもんかな、と。

    取り立てておもしろかったわけでも、
    つまらなかったわけでもないです。

    小説のファンの方とか、
    アチキのように主演女優目当てとかだったら見ても良いかな。

    それ以外の人は、
    どうでしょうか。

    よく分かりません。





    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ ちょいエロ

    呪怨 黒い少女 【2009年製作:映画】

    これまた「呪怨」シリーズの映画になります。

    「呪怨 白い老女」と同じ制作年なので、
    もしかしたら同時に公開上映していたのかな。

    よく知らないけど。

    さて、
    二つの作品に関連があるのかどうか、
    両方見たアチキとしては、
    なかったような気がします。

    気づかなかっただけ、
    とか、
    すっかり忘れてしまった、
    とかがなければですけど。

    少女と老女が繋がっているのかもしれないけど、
    タイトルだけではなく、
    物語としての話ですが、
    よく分からないというか、
    正直、覚えていない部分が多いので、
    何とも言えません。

    ただ、
    どちらがおもしろかったかというと、
    どちらも同じような感じだったかな。

    どちらもそれなりに楽しめましたよ。

    「呪怨」シリーズを見ていて思ったのは、
    良くある投稿ビデオとかの心霊特集的なビデオとかあるじゃないですか、
    あれらを見たくなったのは確かかな。

    それらのビデオの真贋はともかく、
    結構、物によっては怖いのがあるんですよね。

    夜トイレに行く時に思い出してしまったり。

    そう言うのが、
    ホラー映画には少ないかな。

    作り物だと思っているからかもしれないけど。

    そんなわけで、
    興味があったらご覧になってくださいな。

    どちらから先に見ても、
    たいして問題ないですから。





    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー

    呪怨 白い老女 【2009年製作:映画】

    いわゆる「呪怨」シリーズと言うことなんでしょうね。

    どういった繋がりがあるのか、
    興味があったのですが、
    まっ、物語的には、
    まったくと言って良いほど繋がっていません。

    ホラー映画のシリーズとして、
    と言う事なんでしょうな。

    ホラー映画らしい構成ではあるので、
    そこそこ楽しめます。

    怪奇現象が徐々に現れて、
    最後の方で、
    ドバーっと、
    って感じです。

    どっきり的な恐怖の見せ方も、
    ある意味「呪怨」シリーズとしては、
    定番なのかな。

    まっ、ホラー全般の定番と言えば定番か。

    物語性よりも、
    いかに恐怖を感じてもらえるかという作りは、
    「呪怨」シリーズらしいと言えばらしいのか。

    そんなわけで、
    「呪怨」を今まで見たことがない人でも、
    この作品から見て楽しめることは間違いないかな。

    アチキ的にも結構楽しめた作品ではあります。

    でも、
    続けてホラーばかり見ていると、
    唯でさえ感覚が麻痺しているのに、
    余計麻痺してしまって、
    怖いのかどうかが分からなくなりますな。





    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー

    呪怨2 【2000年製作:ビデオ版】

    「呪怨」の続編です。

    タイトルだけ同じで中身が違う続編ではないです。

    キチンと前作の物語から繋がっている続編です。

    それも前半というか、
    最初の方は、
    前作の物語がそのまま使われているほど。

    前作を見ていない人でも物語が分かるようになっている親切な構成ですが、
    前作を見た後だと、
    退屈な時間が延々と続きます。

    実は、
    かなり前に1作目の「呪怨」は見ていて、
    このブログでもネタにしているのですが、
    今回、シリーズを通して見直すと言うことで、
    改めて1作目も見たんですよね。

    前回ブログのネタにした時の感想よりは、
    おもしろく感じたので、
    (結構、中身忘れていました)
    改めて1作目もブログネタにしようかな、
    と思ったんですけど、
    これを書いている時間も中々取れないので、
    やめました。

    と言うわけで、
    「呪怨2」ですが、
    前作以上に物語性が強くなりましたね。

    前作は、
    家における事象の部分だけをおかけていた印象が強かったのですが、
    今回は、
    因果関係をにおわせる展開が多くなり、
    原因と結果を見せようといった感じになっています。

    そのせいなのか、
    アチキが単に感覚が麻痺しているのか、
    前作よりも怖さの面ではちっょと落ちた感じですな。

    と言うわけで、
    まだご覧になっていない方は、
    1作目からご覧になってください。





    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー

    女王蜂 【1978年製作:映画】

    TSUTAYA DISCUSでシリーズをレンタルして見たのですが、
    段々おもしろさが薄くなっていくのを感じましたね。

    やはり、
    この作品の目玉は、
    豪華キャストでしょうか。

    今までの作品に登場してきた女優陣が総出演。

    あんまり詳しく書くと、
    ネタバレになるので、
    キャストについては、
    これ以上書くのをやめときますわ。

    さて、
    今回は、
    全体的な雰囲気がちょっと違っています。

    これを書くにあたって、
    ちょいと調べたら、
    これ資生堂とのタイアップ作品だったんですね。

    それを読んで、
    当時のCMをうろ覚えですが、
    思い出しました。

    あー、あったね、
    と言うレベルの感じですけど。

    内容的には、
    今までのシリーズにはなかったところで、
    大がかりな仕掛け物が出てきたことかな。

    昨今のミステリーには、
    普通に出てくるのですが、
    金田一耕助シリーズの映画では、
    初めてではないかな。

    そして、
    なんといってもラストの汽車内でのシーンは、
    実に良かった。

    このシーンで、
    随分と救われたのではないかなぁ。

    金田一耕助も見ているアチキも。











    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : ミステリー 推理 探偵 犯罪 動画 石坂浩二

    死国 【1999年製作:映画】

    これまた和製ホラー映画ですな。

    和製ホラーは、
    先頃、
    たくさんネタにしたので、
    当分ないだろうと思っていたら、
    まだありましたね。

    まっ、
    アチキは、
    どどんとまとめて書いているので、
    そういうイメージなのですが、
    読んでいる方は、
    久しぶりという感じなのかな。

    まっ、
    そんなことはどうでも良いですけど。

    タイトルの「死国」とは、
    いわゆる「四国」の事です。

    簡単に言ってしまうと、
    四国の八十八カ所巡りを、
    逆に廻ると死者がよみがえるというネタの話です。

    実に良い感じのネタです。

    後は、
    このネタをどう料理して、
    おもしろくさせるかと言うことなんでしょうけど。

    原作は、
    同名の小説です。

    原作は読んだことはありませんが、
    映画を見る限り、
    小説の方がおもしろいのかもしれないなぁ、と。

    と言うのも、
    映画は、
    それほどでもなかったな、と。

    とは言え、
    映画を見た後、
    そう思ったとしても小説まで読もうとは、
    今のところ思っておりません。

    小説自体の評価をよく知らないから。

    映画を見て読もうとは思わなかったというだけです。

    そんなわけで、
    興味があったらレンタルでもして見てください。

    といった感じですかね。





    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 栗山千明

    惨劇館 夢子 【2001年製作:映画】

    原作は、
    御茶漬海苔の同名のマンガらしいです。

    原作のマンガは読んだことありません。

    でも御茶漬海苔は、
    知っています。

    デビュー当時、
    どの雑誌かは忘れてしまいましたが、
    アチキが読んでいた雑誌で連載をしていて、
    実に個性的な画のマンガを書いていました。

    ホラー物なんですけどね。

    その後、
    その画の個性的な魅力も相まって、
    ホラーマンガでは、
    知る人ぞ知る漫画家になっていました。

    と言うことで、
    その人のマンガが原作だったんだ、
    というのは、
    ブログの記事を書くときに知りました。

    さて、
    そんなわけで、
    原作の持つあの画の独特の雰囲気なんぞは、
    当然、実写映像では不可能で、
    そんな面影はさっぱりです。

    物語は、
    予知夢を見る女子高校生が、
    それも実に限定的な予知夢を見る女子高校生なんですが、
    ある少女が殺される夢を見ます。

    そして、
    その少女をなんとかして助けようとするのが、
    メインストーリーになります。

    ホラー的な要素よりも、
    サスペンス的な要素や演出になっていて、
    ホラー的な怖さは、
    ほとんど感じませんでしたね。

    まっ、
    アチキの場合、
    その辺の感覚が鈍くなっているので、
    他の人が満たせどうなのかは分かりませんけど。

    後、恐怖の対象とかも人によって違うしね。

    そんなわけで、
    最後まで見ることは出来ましたけど、
    こんなもんかな、
    と言う印象でした。

    それもB級映画を見慣れているアチキの感じ方ですので、
    一般の方がどう思うのかは、
    ちょっと分かりかねます。

    興味があったらレンタルして、
    確認してみてくださいな。





    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 高校生

    性談 牡丹燈籠 【1972年製作:映画】

    「牡丹燈籠」の日活ロマンポルノ版です。

    日活ロマンポルノ版といってもそれほどエロではなかったですね。

    この程度なら普通の映画でもあるなぁ、
    と言う程度。

    とはいえ、
    レーティングは守らないといけません。

    と言うわけで、
    成人しか見られない映画です。

    同じ時期に「怪奇猥談 牡丹燈籠」もかりて見たのですが、
    こちらは、
    まぁ、ちょっと残念なので、
    ネタにはしないです。

    両作品とも成人指定の映画なんですけど、
    「性談 牡丹燈籠」は、
    きっとオリジナルに近いと思うんですよね。

    さて、内容ですが、
    ここは、面倒なので、
    TSUTAYA DISCUSの解説をコピペします

    『旗本の娘・お露が、浪人・萩原新三郎と出会い恋に落ちる。だがお露の父を虜にして財産を奪おうとする女中・お国の謀略によって、お露は命を落としてしまう。そして失意に沈む新三郎のもとに、死んだはずのお露が訪ねてくる。』

    と言うことです。

    約1時間なのですが、
    よくできていました。

    ロマンポルノと思ってみると、
    間違いなく肩すかしを食らうほどです。

    なので、
    ロマンポルノの部分を期待している方は、
    見ない方がよいです。

    ですが、
    「牡丹燈籠」をみるには、
    よい作品ではないかな、と。

    アチキ、
    これを見て、
    あー、これが「牡丹燈籠」なんだ、
    と、よく分かりました。

    そして、
    タイトルはよく憶えていませんでしたが、
    あの話が「牡丹燈籠」なんだと言うことが分かりました。

    今更ですが、
    これは、有名な話ですな。

    と言うわけで、
    「牡丹燈籠」をよく知らなくて、
    見てみたいという成人の方は、
    「性談 牡丹燈籠」をご覧になってくださいな。





    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : 恋愛 時代劇 ホラー エロス

    新説 牡丹灯籠 弐~さよなら~ 【2009年製作:映画】

    「新説 牡丹灯籠」の続編です。

    前作が、
    それほどでもなかったので、
    普通ならかりて見ようかどうか迷うところですが、
    TSUTAYA DISCUSで、
    2枚一緒に来たので、
    そのまま続きを見ました。

    あの後、
    どうやって続くのかなぁ、
    と思っていましたが、
    なるほどね。

    そう来ましたか。

    さて、
    前作以上に、
    エロチックではなくなったような気もする、
    エロチックホラーです。

    なんか、
    もう書くことないんですけど。

    これで終わりというのも、
    何だかなぁ。

    と言うことで、
    前回「牡丹灯籠」を知らないと言うことで、
    これはちょっとアレだなぁ、
    と言うことで調べたりしたんですよ。

    いやー、
    「四谷怪談」に並ぶ古典怪談だったんですね。

    そうと知れば、
    と言うことで、
    早速、他に「牡丹灯籠」の映画はないかと探したら、
    しっかりありましたよ。

    そんなわけで、
    今度、かりて見ようとおもっています。

    感想は、
    その内にね。





    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー ちょいエロ

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ














    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー