ヒミツの恋愛トレーニング 【2004年製作:映画】

    どうやら前回の映画ネタもそうでしたが、
    ケリー・ブルックつながりでレンタルして見た作品のようですね。

    と言うわけで、
    ケリー・ブルック主演のコメディ映画です。

    映画の内容は、
    イタリアの都市部(たぶん。憶えてないけど)からイギリスにやってきた主人公が、
    自分の経験も踏まえて、
    恋愛の達人になる講座を開設することになります。

    恋愛に何かしら問題を抱えている受講者が集まり、
    それを解決していくという流れになります。

    ですが、
    実は、
    講師でもある主人公も恋愛に対して、
    ちょっとしたトラウマ的なモノを抱えているという話。

    まぁ、
    最終的には、
    みんながハッピーみたいな形で終わるんですけどね。

    コメディですから、
    悩みの部分も笑えるような感じで演出されているので、
    重くシリアスな感じにはなりません。

    良くも悪くも普通な感じですが、
    アチキ的には、
    もう少しコメディ色が強くても良かったかなぁ、と。

    お勧めと言うほどでもないので、
    興味があったらレンタルでもしてご覧になってください。










    スポンサーサイト

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : コメディ 恋愛 動画

    ヴィクター・フランケンシュタイン 【2015年製作:映画】

    いやー、
    アチキはてっきりB級ホラー映画かと思っていましたよ。

    全然ちゃいましたね。

    この映画も動画配信ポイントサービスで見たんですけどね。

    それでもまともに解説とか読まないで、
    タイトルやパッケージの雰囲気だけでポンポン見てしまうわけですな。

    なんだろ、
    映画で失敗することを恐れないからなのかもしれませんな。

    B級映画などのクソ映画を見すぎて、
    基本、失敗したと思わなくなってしまったという、
    いいのかわるいのか、
    まったく分かりませんけど。

    でもどんな映画でもある程度は楽しめてしまう心の広さは獲得して良かったかも。

    損得勘定として収支が合っているかどうかは別問題だけどね。

    さて、
    この映画ですが、
    ハリー・ポッターが、
    魔法使わずに死体の部品を集めて人を作ってしまうというお話し。

    と書くと、
    すごく誤解が生じるよなぁ。

    主人公は、
    ハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフとジェームズ・マカヴォイ。

    ジェームズ・マカヴォイは、
    X-MENで有名ですかね。

    で、
    ダニエル・ラドクリフは最初見世物小屋で働くせむし男だったんですけど
    医者なのかな、ジェームズ・マカヴォイに助けられて、
    ジェームズ・マカヴォイの研究を手伝うことになります。

    元々頭がよいので、
    ジェームズ・マカヴォイの研究には欠かせない存在となるのですが、
    行き過ぎた研究と感じ始めた頃から反発するようになります。

    そして、、、。

    そこから先は、
    実際に映画を見て楽しんでください。

    フランケンシュタインの映画としては、
    中々、おもしろかったですよ。

    作り上げたフランケンシュタインの物語ではなく、
    作り上げていく二人の男の物語と言う事で。

    なので、
    ホラー映画って感じではないですな。

    興味があったら是非レンタルして観てくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF ファンタジー 動画

    ビースト・ストーリー 選ばれし勇者 【2014年製作:映画】

    簡単に言ってしまうと、
    狼男の映画です。

    主人公の高校生が、
    悪夢にうなされる毎日を送っており、
    そのことからもしかして自分は人間ではないのかも、
    なんて思い始めた矢先に、
    事件を犯します。

    そして、
    逃げるように町から逃亡して、
    放浪先で一人の人物と出会うことから、
    自分の出生の秘密なんかも徐々に明らかになっていくというお話し。

    狼男の映画としては、
    ちょっと切り口が違った感じで良かったですな。

    後半からの展開も良かったですね。

    あまり書いてしまうとネタバレ気味になってしまうから書きませんが、
    狼男が悪で、
    よくある人間対狼男のホラー映画的な話ではないです。

    最後まで楽しめましたよ。

    作りもB級映画ほど酷くないですしね。

    かといって、
    金をばんばん使った大作というわけでもないです。

    レンタルして観る分には十分楽しめのではないかな。

    もちろん一般の方がね。

    いつものようにB級映画ファンだけと言う事ではないと思います。

    興味があったらご覧になって見てくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 狼男 動画

    火を噴く惑星 【1962年製作:映画】

    いやー、いい感じの映画でしたね。

    60年代のSF映画です。

    それもソ連製。

    もう、ソ連という言葉を歴史の教科書でしか知らない人がいる時代になったのですが、
    アチキは、
    ソ連製だと言うことを知らずに見ていました。

    昔のSF映画を見てみたいなぁ、
    と適当にTSUTAYA DISCUSで予約ボタンをポチッとしただけですから。

    さて、
    タイトルからアチキはてっきり原始時代とか、
    ロストワールド的なSF映画だと思ったんですけど、
    金星に行く実に未来的なSF映画でした。

    パッケージの写真を見れば、
    宇宙服を着ているので、
    間違いなく、
    原始時代的な舞台の映画ではないことは想像できると思うんですけど、
    予約ボタンをポチッとした時には、
    その辺の事を見ていたかもしれませんが、
    ディスクが家に届く頃には、
    すっかり忘れています。

    金星に探査に向かった三機のロケットが、
    1機は隕石にやられてすぐにいなくなり、
    のこり2機になって、
    1機は金星着陸、
    その1機もなんか大変な事になったので、
    軌道上にいた仲間が助けに行くことに。

    しかし、
    全員で行くとこれまた色々とあるので、
    一人残して救出に。

    で、
    金星に降りた2組の冒険と、
    それを軌道上で見守るというか、留守をしている者の話になります。

    まぁ、今の金星の情報からはとてもこんな設定の金星は描けないだろうなぁ、
    と言うところが、
    実に良いですね。

    火星にタコ型の火星人がイタというのを、
    本気で信じていたのと同じくらい夢があります。

    当然、特撮のレベルは時代に即したものですが、
    物語とか展開は、
    良くできていると思います。

    アチキは十分楽しめましたし。

    一般の方がどの位この映画を見て楽しめるのか、
    ちょっと分かりませんね。

    なので、
    興味があったらご覧になってくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 冒険 ロケット ロボット 動画

    ピクセル 【2015年製作:映画】

    機内上映で見た映画の一つです。

    ちょうどTSUTAYA DISCUSで届くタイミングだったんですよねぇ。

    なので、
    ブラジルから帰ったら早速、
    予約から外しましたよ。

    と言うわけで、
    映画の話。

    予告を見た時から見ようと思っていた映画。

    80年代をゲームと共に過ごした少年少女には、
    たまらない映画ですな。

    いるかいないか分からない宇宙人とコミュニケーションを取ろうとして宇宙船(と書きましたが本当は人工衛星を宇宙に放り出しただけですけど)を送り出したパイオニア計画やヴォイジャー計画。

    そのある意味一方通行なコミュニケーションを受け取った宇宙人が、
    当然、本来の意図とは違う意味で受け取り、
    地球を侵略に来る話です。

    まぁ、このネタは、
    他の映画でも散見されているけどね。

    何が呼び出されて来るかが、
    まだネタとして色々と考えられるというわけですな。

    今回は、
    戦う方法を地球人が指定したゲームで行うという、
    宇宙人的には、
    お前等に有利な条件で戦ってやろうじゃないか、
    という感じで地球侵略がスタートします。

    その宇宙人の意味をまず最初は理解できず、
    理解した後は、
    今まではゲームが得意という以外は、
    社会のはみ出し者であった主人公が活躍するというお話し。

    実にB級映画のノリで楽しかったです。

    B級映画のネタを金をかけて作るとこうなるという、
    良い見本のような映画。

    アチキは、
    好きだなぁ、
    こういう映画。

    と言うわけで、
    万人受けするかは知りませんが、
    少なくとも80年代にゲームセンターなどでゲームをしていた大人は楽しめるでしょうね。

    たぶん。

    映画の内容まで楽しめるかどうかは知りません。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション コメディ エイリアン 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    ユーブック 古本 買い取り 中古 販売 DVD Blu-Ray PC GAME 全国買い取りサービス