ザ・ファン 【1996年製作:映画】

    ロバート・デ・ニーロとウェズリー・スナイプスの共演映画です。

    ウェズリー・スナイプスは、
    メジャーリーグで、
    有名な大物選手。

    そのファンが、
    ロバート・デ・ニーロという関係です。

    で、
    ロバート・デ・ニーロが、
    いわゆるストーカーとなってつきまとう話。

    さすが、
    ロバート・デ・ニーロって感じで、
    こういう役もうまいよね。

    表面的には、
    全然おかしなヤツに見えず、
    どっちかとというと、
    善良そうな人物に見えて、
    その実、、、ってところがうまい。

    最後は、
    どういう展開になるのか、
    楽しんで観ていましたよ。

    これなら、
    一般の方が見ても楽しめるのではないかな。

    それにしても、
    二人とも若いよねぇ。

    まぁ、
    製作された年を見ると、
    20年以上前だもんね。

    そりゃ、
    若く見えるよ。










    スポンサーサイト

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 サスペンス 動画 ロバート・デ・ニーロ

    フォーリン・ボディ 陰謀のカルテ 【2008年製作:映画】

    これまた微妙な映画ですな。

    劇場公開作品ではなく、
    TV用の映画のようです。

    まぁ、
    極端な話、
    日本の火曜サスペンス的なモノでしょうな。

    もちろん、
    媒体がどうでアレ、
    おもしろければいいわけですが。

    と言うわけで、
    ネタバレになりますので、
    気になる方は、
    ここから先読まないように。

    さて、
    内容ですが、
    アメリカで、
    医療費の安いインドで施術をしようとする人たちが増え、
    それに伴って、
    当然のようにアメリカの病院は、
    患者が減って困っていると。

    まぁ、
    減っているのは、
    高額医療が必要な患者で、
    そういう金持ちを相手にしている病院が困っていると言う事なんでしょうけどね。

    で、
    インドの医療技術はたいしたことがないと、
    ネガティヴキャンペーンを行おうとします。

    で、
    スパイとして、
    アメリカに研修?目的で来ているインド人の看護士を囲って、
    本国の病院で患者のカルテを盗んでこい、と。

    アレ?
    ネガティヴキャンペーンじゃなくなっているぞ、
    って感じの規模の大きい話から、
    一気にせこい話になっていくという展開。

    これで、
    展開や見せ方がうまければ、
    おもしろいのですが、
    なんか、普通に物語が進んでいくんですよね。

    データを盗む時でさえ、
    それほどドキドキ感がないのは、
    アチキだけでしょうか。

    といった感じなので、
    一般の方にはお勧めしませんが、
    興味があったらレンタルでもしてご覧になってくださいな。





    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : サスペンス 医者

    ファイナルワールド 【2007年製作:映画】

    SF映画ですね。

    世紀末映画です。

    石油がなくなって、
    人類が3分の1になって、
    生き延びるのが精一杯という状況らしいです。

    そんな中で、
    ある一カ所で起きた事件というか、
    エピソードというか、
    そういう状況を説明するためのジンルが減っちゃった説明なのか、
    まぁ、
    予算内で、
    映画をトルコにする場合の常套手段ですね。

    廃病院で生活?しているグループの所に、
    外来者が登場。

    それを切っ掛けに、
    そこが襲撃を受けるという流れ。

    何とか生き延びて、
    その場所から逃げ出さなくては、
    というお話しです。

    襲ってくるのが、
    ゾンビなら、
    ゾンビ映画になるし、
    モンスターならモンスター映画になるし、
    まぁ、
    良くある設定とお話しですよ。

    特に、
    これと言ったポイントもなく、
    普通に最後まで見てしまいました。

    やはり一般の方には、
    ちょっとおすすめしにくい内容ですね。

    B級映画好きの方は、
    興味があったらご覧になってくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 動画

    PUSH 光と闇の能力者 【2009年製作:映画】

    いわゆる超能力者が出てくる映画です。

    CGの出来が良くなって、
    見栄えの良い、
    超能力が作れるようになって、
    超能力をネタにした映画が増えましたよね。

    この映画に出てくる超能力は、
    それほど見栄えの良い物ではないですが、
    どちらかというと定番的な地味な感じですが、
    良かったですよ。

    内容にマッチしているというか、
    内容からそういう地味な超能力になったというか、
    そんな感じです。

    さて、
    その内容ですが、
    昔、超能力者を開発する機関があって、
    そこから逃げ出した者もいて、
    今でもその機関はあって、
    最近逃げ出した者が、
    昔逃げ出した男に助けを求めるという展開。

    男は、
    いわゆるPK、
    者を動かす力があって、
    助けを求めてきたのは、
    未来予知が出来る少女。

    その子が、
    お前が助けてくれる未来を予知したと言う事で、
    だから助けろと言われるのですが、
    当然、
    そんなことは知ったこっちゃない、
    と言う主人公。

    結局は、
    手伝うことになるんですけどね。

    結構おもしろかったですよ。

    展開もよかったし。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 超能力 犯罪 動画

    フィフス・ウェイブ 【2015年製作:映画】

    これは、
    B級映画ではないです。

    ちゃんとお金をかけて作ったSF映画です。

    アチキなんかとすれば、
    それだけで、
    安心感がありますよね。

    良くも悪くも、
    ドキドキして見ることないですから。

    さて、
    内容は、
    簡単にいってしまうと、
    宇宙人の侵略映画です。

    スタッフクレジットの所に、
    原作が入っているので、
    もしかしたら小説か何かが、
    原作なのでしょうね。

    宇宙人が侵略を始めた頃から、
    ほぼ侵略が終わるくらいまでは、
    実に楽しかったです。

    そこから先は、
    主人公がレジスタンス的に戦うので、
    どうも一気にスケールが小さくなってしまいます。

    まぁ、
    仕方ないですけどね。

    そんなわけで、
    最後まで、
    楽しく見ることが出来ました。

    これなら一般の方がレンタルして見ても、
    それほど怒られないかな。

    いつものB級作品を薦めるのとは違って、
    少し安心できます。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー