ホースメン 【2008年製作:映画】

    サスペンス映画ですね。

    連続猟奇殺人事件です。

    中々いい感じで物語は、
    始まります。

    あまり書くと、
    ミステリー的な部分もあるので書きませんが、
    いわゆる見立て殺人になります。

    聖書の黙示録に登場する、
    四人の騎士について見立てている殺人です。

    一体、犯人は誰なのか。

    アチキ的には、
    おもしろく最後まで楽しんで観ましたが、
    どうやら、
    いつものように、
    世間では、
    イマイチの評価のようです。

    まぁ、
    アチキのボーダーの位置が、
    一般の人よりもかなり低いというのは、
    自覚しているので、
    仕方ないな、と。

    そんなわけで、
    一般の方には、
    世間的な評価の方を信じてもらった方が良いと思うので、
    興味があって、
    レンタル代分くらいなら失敗しても良いか、
    と思っている方は、
    見てください。

    見た時間を返せと言う文句を言うような方は、
    見ないほうが良いかもしけませんな。










    スポンサーサイト

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 刑事 サスペンス 動画

    ボルケーノ・シティ 【2014年製作:映画】

    パニック映画です。

    巨大地震でロサンゼルスが崩壊する内容です。

    いつも書くことですが、
    予算の少ないパニック映画、
    特にディザスター系は、
    ビジュアルが、
    どうしてもしょぼくなるので、
    緊迫感がないんですよねぇ。

    この映画も、
    頑張ってはいるんですけど、
    予算的に残念な仕上がりになっているところも多々あり、
    やっぱりB級映画だなぁ、と。

    でも、
    単なるパニック映画は、
    大作系には敵わないと思い、
    一応、知恵を絞って内容を作っているようです。

    主人公の彼女が、
    巨大地震によって脱獄した囚人達に捕まって、
    彼女を助けるという内容になります。

    災害の片隅で起きた事件を扱うことで、
    画的にも余計な画を作ることなく、
    単なる災害映画にしなかったところは、
    良かったんじゃないかな。

    ですが、
    所詮は、
    B級映画。

    ポイントを絞っても、
    しょぼさは変わらないわけです。

    そんなわけで、
    一般の人には、
    あまりお勧めはしませんが、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 災害 動画

    ホワイトアウト 【2009年製作:映画】

    やっとこ、
    TSUTAYA DISCUSで、
    通常レンタルしている作品をネタにすることが出来るね。

    アニメネタを吹っ飛ばして、
    映画ネタだけにしているのも、
    リストがどんどんたまっていって、
    消化しきれないから。

    なのに、
    最近は、
    マンガネタと動画配信の作品が多くなってしまって、
    せっかく、
    リストの消化が順調で、
    レンタルして見てから一年を切ったところまでリストを消化できてきたのに、
    また一年と二ヶ月も前にレンタルした作品をネタにすることになってしまいました。

    さて、
    映画の内容ですが、
    アメリカの南極基地が舞台です。

    冬ごもりのために、
    基地の隊員達が本国に帰る準備をしている時に、
    殺人事件が発生。

    基地を離れる前までに、
    事件は解決することは、
    難しいという状況の中で、
    なんとか犯人を見つけ出そうとする話。

    基地に接近する低気圧のせいで、
    猛吹雪になり、
    移動手段の飛行機とかが使えなくなる前に基地を離れなければならないという状況で、
    緊迫感のある展開になっていきます。

    はたして、
    犯人を見つけ出して、
    捕まえることが出来るのか。

    といった感じですな。

    結構おもしろかったですよ。

    興味があったらレンタルして見てくださいな。

    一般の方にも薦められる作品ですよ。

    そう。

    B級映画ではないと言う事です。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 アクション 動画 ケイト・ベッキンセール

    暴走車 ランナウェイ・カー 【2015年製作:映画】

    これは、
    タイトルでそんをしているような気がする映画ですね。

    またパッケージが、
    「トランスポーター」に似せているので、
    タイトルとあわせて、
    くだらないB級映画の臭いを漂わせています。

    それのおかげで、
    手に取らない人がかなりいるのではないでしょうか。

    さて、
    映画の内容ですが、
    ビックリするほどお金をかけているようには感じませんが、
    お金をけちって撮影されている感じもしません。

    さて、
    映画の内容ですが、
    とある銀行の支店長が主人公です。

    夫婦仲は、
    はっきり言って離婚寸前のような感じ。

    しかし、
    娘と息子には、
    両親とも当然のように深い愛情があります。

    で、
    ある朝、
    子供二人を学校に届けるという事で、
    主人公の旦那が来るまで子供達と出かけるのですが、
    そのには爆弾が仕掛けられていて、
    席を立つと爆発する仕組みになっています。

    そして、
    犯人から電話があって、
    銀行が不良債権を騙して売って損した金額を全部払えと脅迫してきます。

    陣だけならまだしも子供達も巻き添えになると言う事で、
    犯人の要求に出来るだけ応えようと奮闘する父親。

    実に緊迫した展開で、
    最後まで楽しく見ることが出来ます。

    これは、
    一般の方でも十分楽しめる映画だと思うので、
    興味がありましたら是非レンタルしてご覧になってくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 動画

    ポルターガイスト 【2015年製作:映画】

    スティーヴン・スピルバーグ制作総指揮、
    トビー・フーパー監督の「ポルターガイスト」をリメイク。

    今回のリメイクには、
    二人の名前はありませんが、
    サム・ライミが制作に関わっていたりします。

    どのくらい関わっているのかは、
    まったく知りませんけどね。

    さて、
    リメイクにあたって、
    元の作品よりもまず間違いなく進歩しているのは、
    特撮、CGの部分であることは、
    見る前から想像できます。

    しかし、
    ことホラー映画に関しては、
    CGがすごくなって恩恵を受ける所って、
    色々とあるとは思うのですが、
    アチキ的には、
    グロイ部分がリアルになることかな、と。

    恐怖演出で良くなる部分って言うのは、
    どの程度あるのか、
    今のところあまり感じていません。

    スティーヴン・スピルバーグが「ジョーズ」があれだけのヒットになったのは、
    特撮部分の様々なトラブルのおかげで、
    今の技術で作っていたらあれほどの作品にはならなかったといっています。

    確かに、
    と言うのがアチキの感想。

    見えない恐怖というのは、
    人間の根幹にある物だと思うので、
    見えすぎると怖くないというのも道理。

    さて、
    リメイクされた「ポルターガイスト」は、
    元々見えない恐怖の部分はあまりないから、
    その点でのダウンはないだろうな、と。

    どちらかというと、
    物語として、
    現代におけるポルターガイスト現象をどのように扱うのかな、と。

    そんなところを注視して見ましたね。

    で、
    見終わった感想は、
    「インシディアス」だな、と。

    そんなわけで、
    元の作品とどちらの方が怖いかというのは、
    ちょっと比べることがナンセンスといってしまっていいのかどうかは分かりませんが、
    それぞれの作品としてのおもしろさはあったかな。

    そんなわけで、
    まだどちらの作品も見ていないという方は、
    どちらの作品を先に見るかでも印象が変わるような気もするけど。

    アチキは、
    間違いなくファーストインパクトがあったせいで、
    前作の方が好きですが、
    この作品も悪くはないです。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー オカルト 動画

    ポルターガイスト 【1982年製作:映画】

    懐かしいですな。

    てっきりネタにしていると思ったのですが、
    まだしていませんでしたね。

    何故、このタイミングかというと、
    リメイクを見たので、
    過去何を書いたか確認しようとしたら書いていないことが発覚。

    と言うわけで、
    書きましょうかね。

    スティーヴン・スピルバーグが制作総指揮と言うことで、
    話題にもなっていたので、
    初見は劇場で見ました。

    その後、
    何度も見ていますが、
    おもしろいですな。

    監督はトビー・フーパーで、
    スティーヴン・スピルバーグがどうしてもトビー・フーパーに監督をさせたいと起用したのですが、
    これがどうも趣味が合わなかったらしく、
    監督は、
    あまりこの作品の出来が気にくわないような話をチラホラと。

    トビー・フーパーのこれでもかこれでもか、
    という展開がスティーヴン・スピルバーグは、
    あまりお気に召さなかったらしく、
    それでもアチキ的には、
    クライマックスは、
    監督らしい部分が色濃く出ていて良かったと思うんですけど。


    そういう意味では、
    トビー・フーパーらしくない家族の描写のシーンとかでは、
    スティーヴン・スピルバーグらしい感じで演出されていて、
    誰が監督なのか分からない感じでしたね。

    そういう意味では、
    スティーヴン・スピルバーグ監督作品と言われても違和感がないほど。

    当時は、
    これでもかこれでもか、
    という展開がそれほどメジャーでなかったので、
    おもしろかったですね。

    内容も良かったし。

    なのに、
    シリーズとして続編があるのですが、
    未だに見ていない。

    こういう機会に見てみようとは思うんですけどねぇ。










    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 動画 スティーヴン・スピルバーグ トビー・フーパー

    ポンペイ 【2014年製作:映画】

    「ポンペイ」と言う名前は、
    聞いたことがある。

    昔、火山の爆発で全滅した町らしい。

    と言うくらいの知識で、
    この映画を見ました。

    実は、
    この映画を見た後に、
    ディスカバリーだったかナショジオだったかヒストリーだったか忘れたけど、
    ポンペイの発掘から当時の民衆の性文化の番組がやっていて、
    キチンと見ていないのですが、
    実に奔放な世界だったようです。

    まっ、余談だけどね。

    映画も関係ないけどね。

    映画は、
    ポンペイがヴェスヴィオ火山の噴火により都市が壊滅するまでの話になります。

    とは言え、
    物語は一人のグラディエイターを中心に語られます。

    奴隷になって、
    剣闘士になって、
    好きな女が出来て、
    だけど報われない、
    そんなストーリーです。

    その主人公が、
    たまたまポンペイにいました、
    という感じで、
    ポンペイがなくなるのがメインの話ではないです。

    とは言え、
    クライマックスは、
    火山が噴火してからになりますので、
    CG出来も良くて、
    実に迫力はあります。

    実際は、パニック映画的なネタなのですが、
    逃げ惑う群衆の恐怖よりも、
    その状況の中でアイする女性のために戦う主人公の話になりますので、
    パニック映画ぽくはないです。

    ラストもどうなるのかなぁ、
    と思って見ていましたが、
    なるほどね、
    そういう感じにしましたか、と。

    まぁ、ある意味予想の範囲内でした。

    あまり期待していなかったので、
    余計楽しめましたね。

    なので、
    興味があったらレンタルしてご覧になってくださいな。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 恋愛 時代劇 動画 キャリー=アン・モス キーファー・サザーランド

    ザ・ホスト 美しき侵略者 【2013年製作:映画】

    SF映画ですな。

    宇宙人に侵略された地球のお話しです。

    侵略したのは、
    醜いモンスターのようなエイリアンではなく、
    寄生虫のような宇宙人。

    それもキラキラとしたキレイな感じです。

    SFではよくある進んだ文明による地球人の管理的な侵略ネタになります。

    主人公の女性もとある事故によって、
    宇宙人を体内に宿らされることに。

    普通は、
    その宇宙人に身も心も支配されてしまうのですが、
    自分の意識を持ったまま寄生されてしまいます。

    これにより、
    寄生主とのコミュニケーションが生まれ、
    宇宙人の侵略をよしとしないグループと共に活動することに。

    原作は小説らしいです。

    それもシリーズ作品らしいです。

    と言うことは、
    この後も物語としては、
    存在しているのですかね。

    その辺のことは、
    よく分かりません。

    映画は、
    中々楽しませてくれましたので、
    もし続編が作られたら見るでしょうね。

    でも、
    そうなると、
    全く違う主人公とかになりそうだな。

    っていうか、
    原作は終わっているのか分からんし。

    まぁ、ええ。

    なので、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。










    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション エイリアン 動画

    ホワイトハウス・ダウン 【2013年製作:映画】

    「エンド・オブ・ホワイトハウス」とそっくりな映画「ホワイトハウス・ダウン」です。

    どちらが先かは、
    正確には知りません。

    アチキは、
    見た順番で書いています。

    どの位似ているかというと、
    「アルマゲドン」と「ディープインパクト」くらいよく似ています。

    いや、もっと似ているかな。

    さて、
    「エンド・オブ・ホワイトハウス」を見た方ならそう書けば内容の説明がいらないくらいですが、
    一応、簡単に説明すると、
    ホワイトハウスがテロリストによって襲撃されて、
    大統領が大変な目にあって、
    主人公がテロリストをやっつけて大統領を救うというお話しです。

    アクション映画なので、
    内容はあってないような物。

    緊迫感という意味で言えば、
    「エンド・オブ・ホワイトハウス」の方が、
    あったかな?

    しかし、
    こちらは主人公の娘が巻き込まれていて、
    そこら辺の流れは、
    こちらの方が良かったかな。

    ちなみに「エンド・オブ・ホワイトハウス」は、
    大統領の息子が巻き込まれますが、
    途中で助かってしまいます。

    緊迫感が薄く感じたのは、
    単にコメディ的なやりとりがあったからかな。

    ウィットに富んだ台詞のやりとりといえば、
    良い感じに捉えられるかもしれないけど。

    でも、クスッと笑わせてはくれたかな。

    そんなわけで、
    アクション主体とは良いながら、
    結構、ドラマ部分にも力を入れている「ホワイトハウス・ダウン」です。

    どちらが好みかといえば、
    五十歩百歩と言うところかな。

    どちらも決して悪くはないですよ。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 動画 ローランド・エメリッヒ

    ザ・ボディガード 【2002年製作:映画】

    シルベスター・スタローン主演の映画「ザ・ボディガード」です。

    「ボディガード」というタイトルだと、
    ケビン・コスナー主演の方が有名なような気がしますが、
    アチキ、ケビン・コスナーの方はまだ見ていないんですよねぇ。

    まっ、いずれ観るとは思いますけど。

    さて、
    シルベスター・スタローン主演の方は、
    邦題タイトルに「ザ」がついています。

    同じタイトルは、
    つけられませんからね。

    と言うわけで、
    映画の中身の話でも。

    シルベスター・スタローンは、
    マフィアのボディガード役です。

    日本的にいうと、
    用心棒って感じなのかな。

    ちょっと違う気もするけど。

    世話になったマフィアのボスの娘を守るために身体を張る映画です。

    ちょっと抜けた感じの役で、
    こういう役は、
    うまいですね。

    もしかして自なのかな。

    なんて、思ったりもして。

    守られている女性が、
    はじめはボディガードに嫌悪感を抱いていて、
    それから信頼関係が気づかれ、、、。

    という定番の展開なので、
    ある意味、安心して見ていられます。

    シルベスター・スタローンの映画としては、
    アクションの派手さはありませんが、
    普通に楽しめる作品かな、と。

    興味があったらレンタルして見ても良いかも。










    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪 恋愛 動画 シルベスター・スタローン

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧









    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ












    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー