2005年を振り返り2006年を夢見る。

    ホント2005年はホンダにとって最悪の年だったねぇ。

    CSフジで2005年Formula1総集編を観た。
    (年末見忘れていたからちょー嬉しかったです。CSフジに契約してよかったぁ)

    と、言うことでホント2005年は、ホンダ佐藤琢磨選手にとっては、
    試練の一年でしたねぇ。

    レギュレーション違反が一番いたかったねぇ。
    アレさえなければ、って今見ても思えるほどのポイントだったねぇ。

    どんな形でもレースに出ていられなかったというのは、
    マシン開発にとってもドライバーにとっても大きい。
    それも2GPも出られなかったんだから。

    アメリカGPでもレースが出来なかったし。

    ホンダが、こんなにグランプリに出られなかったことは、
    今までなかったからねぇ。

    V10エンジンラストの年でもあったし。
    エンジンとしては、まさにホンダパワーがベストワンの年だっただけに、
    表彰台の一番上に載って欲しかった。

    佐藤琢磨選手は、やることなすこと全て裏目、
    ってくらい散々でしたねぇ。

    プライベートでは、ハッピーな事件が一杯だったのに。
    全ての運をプライベートに持って行かれてしまったんじゃないの?
    って思えるほどです。

    来年は、新しい日本のチームで、
    きっと活躍してくれるでしょう。

    スーパーアグリF1チーム

    ホンダパワーで、中堅チーム入りは確実。
    後は、どこまで上にあがれるかだけ。

    全てのチームがV8エンジンパッケージのニューマシンになるので、
    トップチームでも何があるか分からない。

    佐藤琢磨選手には漁夫の利でも良いから表彰台を獲得して欲しい。
    そして、またHONDA Formula1 Racing TEAMに戻ってきて欲しい。

    今年も鈴鹿に応援に行きますから!

    あぁ、早くシーズン始まらないかなぁ。





    スポンサーサイト

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : ホンダ F1

    F1 2005 Round.13 ハンガリーGP

    連ちゃんでしたね。

    二週連続と言うことですよ。

    毎週あるのは、
    嬉しいけどそろそろ体力的にやばくなってきた、かも。

    まぁ、それはそれとして、いやー、楽しかったですよ。

    今回も。

    いきなりどかんどかんとマシンがつぶれていきましたからね。

    久々にマシンが一回転したし。

    落ちたフロントウイングを踏みつけてコースアウトしたのもいたし。

    アクシデントの連続でしたね。

    しかし、後半は堅実な走りでタクティクス勝負って感じでこれはこれでおもしろいのだが、
    はじめてF1を見る人にはつまらないだろうなぁ。

    やっぱりマクラーレンのライコネンは速い。

    ポイントリーダーは、ルノーのアロンソだけど、
    今年一番速いのは誰と言われたら誰もがキミ・ライコネンだと答えるでしょう。

    素晴らしいねぇ。

    特に、中盤以降のフェラーリ・シューマッハとの戦いは素晴らしかった。

    アロンソは、自滅してノーポイントで終わったから、
    前戦の分をチャラにした感じ。

    確実にポイントを取っていけばチャンピオンになれるアロンソと、
    ポイント差を縮めなければならないライコネン。

    条件的には、ルノー有利。

    しかし、どんなモノにでも絶対はない。

    やってみなければ分からない。

    じりじりとシューマッハをポイントを詰めてきているし。

    マクラーレンの暴れん坊、
    モントーヤも確実に上がってきている。

    今シーズンは、久々にチャンピオン争いがおもしろい。

    しかし、いやいや、それにしてもと言った方がいいか。

    琢磨は、どうしたんだろうねぇ。

    精彩なかったねぇ。

    もしかしていじめられた?

    ポイント取るまでは、ガマンしろって。

    バトンからあんなに遅れるなんて、
    よっぽどセッティングがうまくいかなかったのか、
    単純に遅だけなのか。

    まぁ、とりあえず1ポイントとれたから、
    次からは、
    いつもの琢磨に戻ってくれると信じているよ。

    次回はトルコGPだしね。

    初開催だよ。

    どんなサーキットなのか今から楽しみ。

    きっとおもしろいレースをしてくれることでしょう。


    FORMULA 1™ Magyar Nagydij 2005

    Pos_No_______Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    19Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes701:37:25.552410
    21Michael SchumacherFerrari70+35.5 secs18
    317Ralf SchumacherToyota70+36.1 secs56
    416Jarno TrulliToyota70+54.2 secs35
    53Jenson ButtonBAR-Honda70+58.8 secs84
    68Nick HeidfeldWilliams-BMW70+68.3 secs123
    77Mark WebberWilliams-BMW69+1 Lap162
    84Takuma SatoBAR-Honda69+1 Lap101
    96Giancarlo FisichellaRenault69+1 Lap9
    102Rubens BarrichelloFerrari69+1 Lap7
    115Fernando AlonsoRenault69+1 Lap6
    1219Narain KarthikeyanJordan-Toyota67+3 Laps18
    1318Tiago MonteiroJordan-Toyota66+4 Laps20
    1412Felipe MassaSauber-Petronas63+7 Laps14
    NC21Christijan AlbersMinardi-Cosworth59+11 Laps17
    Ret11Jacques VilleneuveSauber-Petronas56Fire damage15
    Ret10Juan Pablo MontoyaMcLaren-Mercedes41Driveshaft2
    Ret20Robert DoornbosMinardi-Cosworth26Hydraulics19
    Ret14David CoulthardRBR-Cosworth0Accident13
    Ret15Christian KlienRBR-Cosworth0Accident11











    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2005 Round.12 ドイツGP

    またやってしまった感じのある佐藤琢磨。

    イカンなぁ。

    気持ちだけ焦っても。

    まぁ、早くポイントを取りたい気持ちも分かるけどね。

    普通に走っていれば絶対入賞できるマシンなんだから焦らずいって欲しいね。

    と、言うことで見ていない人にはさっぱり分からないことですが、
    琢磨君しっかりおかま掘ってました。

    いやー、それにしてもホント、
    マクラーレンのライコネンは運がないねぇ。

    川崎大師にでも行って来た方がいいんじゃないのかな。

    快調にトップを走っていて、
    もうこのグランプリももらったなぁ、
    って感じだったのに突然ストップ。

    エンジンらしいけど、いやー、ホントかわいそう。

    チームメイトのモントーヤは、
    ほぼ最後尾からのスタートだったにもかかわらず、
    結果は二位。

    スピードは問題ない。

    キミ・ライコネンに必要なのは、信頼性と運だけ。

    モントーヤには、
    リタイヤにつながるトラブルが出なかっただけに、
    悔やまれるよね。

    これで、ポイントリーダーのルノー・アロンソが、
    また一歩ワールドチャンピオンに近づいたわけです。

    で、なんと今回はBARホンダ、今期初の表彰台。

    三位ゲット。

    ライコネンが抜けての三位だけど、
    フェラーリシューマッハを自力で抜いての三位だから意味あるよね。

    これから後半に期待できます。

    ホント、後は琢磨だけだなぁ。

    みんなが待っていると思うんだよね。

    まずは一ポイントを取ること。

    それからだね。

    今週末は、ハンガリーだし。

    いけると思うんだけどなぁ。


    FORMULA 1™ Grosser Mobil 1 Preis von Deutschland 2005

    Pos_No_______Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    15Fernando AlonsoRenault671:26:28.599310
    210Juan Pablo MontoyaMcLaren-Mercedes67+22.5 secs208
    33Jenson ButtonBAR-Honda67+24.4 secs26
    46Giancarlo FisichellaRenault67+50.5 secs45
    51Michael SchumacherFerrari67+51.6 secs54
    617Ralf SchumacherToyota67+52.2 secs123
    714David CoulthardRBR-Cosworth67+52.7 secs112
    812Felipe MassaSauber-Petronas67+56.5 secs131
    915Christian KlienRBR-Cosworth67+69.8 secs10
    102Rubens BarrichelloFerrari66+1 Lap15
    118Nick HeidfeldWilliams-BMW66+1 Lap7
    124Takuma SatoBAR-Honda66+1 Lap8
    1321Christijan AlbersMinardi-Cosworth65+2 Laps16
    1416Jarno TrulliToyota64+3 Laps9
    1511Jacques VilleneuveSauber-Petronas64+3 Laps14
    1619Narain KarthikeyanJordan-Toyota64+3 Laps19
    1718Tiago MonteiroJordan-Toyota64+3 Laps18
    1820Robert DoornbosMinardi-Cosworth63+4 Laps17
    NC7Mark WebberWilliams-BMW55+12 Laps6
    Ret9Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes35Hydraulics1











    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2005 Round.11 イギリスGP

    BARホンダとしては、
    色々な意味で重要なグランプリでした。

    イギリス人ドライバーがいるし。

    佐藤琢磨は、イギリスでレース活動をしていたし。

    そろそろ表彰台も取らなきゃダメだし。

    イギリスでテロはあったし。

    と、重要といっても各チームとも毎回重要なんだけど。

    まぁ、理由はどうであれ、
    モチベーションを上げられることがあるなら何でもやってしまわないと、
    ダメってことですね。

    で、やっぱりなんと言っても佐藤琢磨でしょう。

    フォーメーションラップで、
    グリッドにつこうとしたとき、
    いきなりストップ。

    それも、詳しくはまだ分かっていませんが、
    伝え聞くところによると、自分のミス。

    スタート手順を間違えてしまったのが原因らしい。

    今のF1は、
    ドライバーがマシンに指示出せる部分がおおくて、
    スタートの時もスタートの時に一番いい状態にするための操作が必要で、
    その手順を間違えたためにエンジンストールしてしまったらしい。

    いやー、悲劇というか喜劇というか。

    ドライバーがボタンを押し間違えてレースをミスすることは、
    意外と多いと思うんだよね。

    ただ、目に見えて失敗が分かるのが少ないだけだと思うんだよね。

    今までで一番その典型だったのが、
    ナイジェル・マンセルがウィリアムズで走っていたとき、
    ファイナルラップで間違って燃料給油ストップのスイッチを押してしまって優勝を逃したことかな。

    まぁ、それもマンセルは否定していたけどね。

    アレは、観ていて驚いたもんなぁ。

    まぁ、それに比べれば琢磨のはスタート前だからかわいいもんだけど。

    スタッフとしては、やりきれないだろうねぇ。

    で、レースは現状の実力通りの結果になりましたね。

    唯一違うのは、優勝したのが、
    マクラーレンのライコネンではなくて、
    モントーヤということくらい。

    ライコネンは、前回同様エンジン交換ペナルティで、
    12位からスタート。

    それが、終わってみれば三位。

    やっぱり今一番速いドライバーだね。

    二位は、現在ポイントランキングトップのルノーのアロンソ。

    いいところまでいったんだけど、
    ほんと微妙なところでトップになれなかったね。

    まぁ、観ている方としては、
    モントーヤが勝ってくれて、
    これからのレースがまたおもしろくなったのでよいけど。

    アロンソもライコネンもモントーヤも好きなドライバーだから、
    アチキとしては観ていておもしろかったです。

    BARもバトンが五位に入ったし。

    ほんと、チームの実力がそのまま反映された感じだね。

    とりあえず、今一番速いマシンは、マクラーレン。

    次が、ルノー。

    そして、その次が我らがBARホンダ。

    その後に、フェラーリ、トヨタとつづきそうだね。

    次回は、ドイツGP

    シューマッハ兄弟の母国GP

    そして、次こそは佐藤琢磨もポイントをとれるでしょう。

    何しろ、佐藤琢磨だけだからね、ノーポイントのドライバーは。

    悲しいかな、ジョーダンとミナルディーのドライバーは、
    きっちりとポイントとれているからね。

    がんばってちょうだいよ、琢磨くん。


    2005 FORMULA 1™ Foster's British Grand Prix

    Pos_No_______Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    110Juan Pablo MontoyaMcLaren-Mercedes601:24:29.588310
    25Fernando AlonsoRenault60+2.7 secs18
    39Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes60+14.4 secs126
    46Giancarlo FisichellaRenault60+17.9 secs65
    53Jenson ButtonBAR-Honda60+40.2 secs24
    61Michael SchumacherFerrari60+75.3 secs93
    72Rubens BarrichelloFerrari60+76.5 secs52
    817Ralf SchumacherToyota60+79.2 secs81
    916Jarno TrulliToyota60+80.8 secs4
    1012Felipe MassaSauber-Petronas59+1 Lap16
    117Mark WebberWilliams-BMW59+1 Lap11
    128Nick HeidfeldWilliams-BMW59+1 Lap14
    1314David CoulthardRBR-Cosworth59+1 Lap13
    1411Jacques VilleneuveSauber-Petronas59+1 Lap10
    1515Christian KlienRBR-Cosworth59+1 Lap15
    164Takuma SatoBAR-Honda58+2 Laps7
    1718Tiago MonteiroJordan-Toyota58+2 Laps20
    1821Christijan AlbersMinardi-Cosworth57+3 Laps18
    1920Patrick FriesacherMinardi-Cosworth56+4 Laps19
    Ret19Narain KarthikeyanJordan-Toyota10Electrical17











    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2005 Round.10 フランスGP

    前戦の波乱から、
    一転したかどうか分かりませんが、
    ボイコットに対してのペナルティは保留となり、
    表面上は普通のグランプリになっていました。

    さて。

    前戦で棚からぼた餅のフェラーリは、がんばっておりました。

    まぁ、実際上り調子だし。

    予選も決勝も順当と言うべき感じでしたね。

    で、絶好調のマクラーレン、キミ・ライコネンは、
    これが、また、アンラッキーにもフリー走行でエンジントラブル。

    このため、エンジン交換ペナルティーで、十グリッド降格。

    だから予選は、ポールポジション狙いにくると思ったんですが、
    決勝を見据えての走りになっていました。

    それでも、あのスピードですから、やっぱり後半楽しみです。

    そして、現在ランキングトップのルノー、アロンソ。

    ルノーチームとしては、地元なのでがんばりどころ。

    結果、キミ・ライコネンが脱落してくれたので余裕のレース

    ポールから逃げ切っての優勝。

    こりゃ、いよいよ最年少ワールドチャンピオンの誕生か?とおもわせる走りでした。

    まぁ、ダークホースのキミ・ライコネンがいるから、
    いっさい手を抜けない状況だけどね。

    まぁ、今年は、このまま行けばルノーのアロンソか、
    マクラーレンのキミ・ライコネンで決まり。

    フェラーリのシューマッハは、普通に行けばちと難しい状況です。

    前戦のペナルティーで、
    ミシュランユーザーに対してポイント剥奪の処置がない限りは、
    フェラーリのチャンピオンはないな。

    ポイントが接近していて逆転がねらえそうなら、
    ポイント剥奪のペナルティーになるかも。

    まぁ、どうなるのかねぇ。

    普通に考えれば、それはないけど。フ

    ェラーリとFIAは現在いい関係だからなぁ。

    で、我らが日本期待の佐藤琢磨。

    トゥルーリとのバトルでコースアウト。

    アレがなければ、もっといいポジションでフィニッシュできたけど、
    あれで抜きに入らなければ琢磨らしくないし。

    結果が悪かったから、アレはガマンすべきだ、
    と言えるわけで、
    結果が良ければみんな万々歳。

    だから、アレはやっぱり評価すべきだよ。

    アレを批判したら、二度と琢磨のパッシングはみられなくなるね。

    それじゃぁ、つまらないよ。

    確かに、状況判断が必要かもしれないけど、
    今はアレでいいじゃない。

    守って取るポイントよりも、
    攻めてとったポイントの方が評価できるよ。

    結果、ノーポイントでもね。

    今年は、もう今までいろいろあったから、
    ガンガン走って欲しいね。

    失うものないんだからさ。

    ガンガン攻めて、ポイントを取ったときには、
    また良い方向に流れが変わるって。

    守ってポイントをとっても流れは変わらないような気がするから。

    よって、みなさんも攻める琢磨を応援しようよ。

    さて、今週末はイギリスGPです。

    きっと、琢磨はやってくれるでしょう。

    楽しみです。

    FORMULA 1™ Grand Prix de France 2005

    Pos_No_______Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    15Fernando AlonsoRenault701:31:22.233110
    29Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes70+11.8 secs138
    31Michael SchumacherFerrari70+81.9 secs36
    43Jenson ButtonBAR-Honda69+1 Lap75
    516Jarno TrulliToyota69+1 Lap24
    66Giancarlo FisichellaRenault69+1 Lap63
    717Ralf SchumacherToyota69+1 Lap112
    811Jacques VilleneuveSauber-Petronas69+1 Lap101
    92Rubens BarrichelloFerrari69+1 Lap5
    1014David CoulthardRBR-Cosworth69+1 Lap15
    114Takuma SatoBAR-Honda69+1 Lap4
    127Mark WebberWilliams-BMW68+2 Laps12
    1318Tiago MonteiroJordan-Toyota67+3 Laps19
    148Nick HeidfeldWilliams-BMW66+4 Laps14
    1519Narain KarthikeyanJordan-Toyota66+4 Laps17
    Ret10Juan Pablo MontoyaMcLaren-Mercedes46Hydraulics8
    Ret21Christijan AlbersMinardi-Cosworth37Accident20
    Ret20Patrick FriesacherMinardi-Cosworth33Tyre deflation18
    Ret12Felipe MassaSauber-Petronas30Hydraulics9
    Ret15Christian KlienRBR-Cosworth1Fuel pressure16










    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー