クトゥルフの呼び声 【マンガ】

    ハワード・フィリップス・ラヴクラフト原作の「クトゥルフの呼び声」が、
    コミカライズされて登場。

    コズミックホラーというジャンルを確立し、
    後にクトゥルー神話として体系化されたホラー小説の元祖。

    アチキもクトゥルー神話という名称の響きに誘われて小説を読んだ口。

    いやー、大変ショッキングでしたよ。

    H・P・ラヴクラフトの数ある小説から代表的な作品がマンガになったと言うのは、
    実に画期的かなぁ。

    マンガの出来はさておき、
    H・P・ラヴクラフトの小説を知るいい機会にはなると思うんですよね。

    活字だと敷居が高かったりしますし、
    興味はあるけど、ちょっとね、と思っていた人も気軽に手が出せるし、
    全くの初心者にもお勧めしやすいかな。

    ただマンガでは表現し切れていないのも確かだと思います。

    だからこんな感じの物語なんだというイメージというか、
    雰囲気を味わって欲しいいです。

    そして、
    興味を持ったら是非小説を読んで欲しい。

    クトゥルー神話として数々の作家が書いた小説をまとめた本も良いですが、
    アチキとしては、
    H・P・ラヴクラフトの小説から読んで欲しいですね。

    そして、クトゥルー神話というものに興味がむいたらクトゥルー神話としてまとめられたモノを読んでください。

    あらら、なんかマンガの話ではなくなってしまいましたね。

    と言う事で、
    「クトゥルフの呼び声」ですが、
    マンガだけでなく、
    作者やクトゥルー神話について等ちょっとした解説が掲載されているので、
    ホント、初心者にはちょうど良いかと。

    驚いたことに、
    この後、他の短編小説もコミカライズされているんですよね。

    アチキの手元には、
    「クトゥルフの呼び声」の他に後一冊しかないですが、
    他の作品も手に入れようと思っています。

    クトゥルー神話とはなんぞやと思っている方は是非ご購入してください。

    クトゥルー神話のファンの方には、
    まぁ、自分の目で見て欲しいと思ったら買ってくださいな。





    スポンサーサイト

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ホラー クトゥルー H・P・ラヴクラフト

    黒猫の三角 Delta in the Darkness 【マンガ】

    森博嗣氏のVシリーズ(瀬在丸紅子が主人公のシリーズ)の第一巻「黒猫の三角 Delta in the Darkness」のコミックかです。

    コミックには短編で小鳥遊練無(たかなし ねりな)が主役になっている「気さくなお人形、19歳」もマンガになって収録されています。

    それが一番はじめに収録されているので、
    小説を読んだことがない人はちょっと戸惑うかもしれませんなぁ。

    皇なつきが画を描いているのですが、
    原作のイメージを壊していないのでアチキは気に入っております。

    なので、結論から言ってしまうと、
    小説を読むのは面倒だなぁ、
    と思っている人には最適なマンガかと思います。

    内容については、
    アチキも細かいところまで憶えていないので何とも言えませんが、
    憶えている範囲で言えば、
    小説と同じです。

    表現方法が違うからと変なアレンジはされていません。

    さて、物語ですが、
    小説を読んだことがある人には不要かもしれませんが、
    読んだことがない人のために少しだけ書いときます。

    主人公は瀬在丸紅子という女性で、
    超天才です。

    そして、「へっくん」と呼ばれている息子が一人います。

    この「へっくん」も大人になると天才になります。

    「へっくん」が大人になって活躍する小説とそれをマンガにしたのが存在していますので、
    このマンガを呼んで興味をもったらそちらも呼んでください。

    とても面白いです。

    で、話がそれましたが、
    その他に「阿漕荘」に住む住人たち保呂草潤平、小鳥遊練無、香具山紫子が中心になって物語は進んでいきます。

    特に保呂草潤平に関しては、
    何でも屋的な探偵稼業をしており、
    Vシリーズの語り部としても活躍?しております。

    他にもレギュラー人物はいるのですが、
    あえて割愛しときます。

    「黒猫の三角 Delta in the Darkness」は、
    瀬在丸紅子の最初の事件と言うことになります。

    日付と被害者の年齢がぞろ目という規則性のある連続殺人事件が起きており、
    その犯人を捕まえるのが今回のお話。

    そして、森博嗣氏お得意の密室殺人事件でもあります。

    密室殺人事件に遭遇した瀬在丸紅子と「阿漕荘」の住人たち。

    この殺人事件が連続殺人事件だと知り捜査開始。

    はじめは探偵ごっこのような遊び半分的な推理大会から始まり、
    遂に事件の真相にたどり着くのです。

    このマンガは、
    ホントに原作のイメージを崩すことなく描かれているので、
    せっかくだからVシリーズを全部マンガにしても良い気がするんですけど、
    他の作品は観たことないなぁ。

    と、言うわけで、
    はじめにも書きましたが小説を読むのが面倒な方にはとっても良い作品ですので、
    是非ご一読を。

    小説を読んだことがある人もまた違った感じで読めると思うのでオススメです。

    これを読んで面白いと思ったら是非小説の方も読んで観てください。

    面白いですよー。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 探偵 ミステリー 犯罪 森博嗣

    クロスゲーム 17巻 【マンガ】

    遂に完結ですか。

    寂しいねぇ。

    また一つ楽しみにしていた漫画が終わってしまいました。

    ラブコメの帝王あだち充氏のコミックは、
    清涼飲料水のようにすっきりとした気分にさせてくれます。

    高校野球、夏。

    甲子園への切符を求めた最後の戦い。

    延長12回の熱く長い戦い。

    そして、恋の行方は。

    ……また甲子園の戦いが描かれることなく終わってしまいました。

    まぁ、野球マンガを画きたいんじゃなくて、
    頑張る若人たちを画きたいんだろうけど、
    たまには甲子園での戦いを、
    それも優勝までを画いて欲しいなぁ。

    結果なんかどうでも良くて、
    少しでも長く漫画を読んでいたいという思いの方が強い気もしますが。

    次はいつ週刊サンデーであだち充氏のマンガが読めるんですかね。

    他の雑誌でも連載しているしなぁ。

    休載ばかりの連載も勘弁して欲しいし。

    ラストもいい感じでした。

    アチキ的には「ラフ」のラストがお気に入りなんですけど、
    「クロスゲーム」のラストも良かったですよ。

    どんなラストはキチンとコミックを本屋で買って読んでください。

    野球の次は、
    違うスポーツを持ってくるあだち充氏なので、
    どんなスポーツなのか楽しみだなぁ。

    マイナーなスポーツがいいなぁ。

    今まで扱ったことがないスポーツでお願いしたいです。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : あだち充 高校生 野球 学園 日常 青春 恋愛 ハートフル コメディ スポーツ

    クロスゲーム 16巻 【マンガ】

    ちっとも連載は進んでいないのに、
    コミックだけは出ている感じなんだよねぇ。

    連載しては休載、連載しては休載。

    困ったもんです。

    毎週楽しみ「クロスゲーム」だけを立ち読みしているのに。

    今回は若葉ちゃんにそっくりな滝川あかねちゃんのシリアスな展開に決着が付きます。

    何処まで行ってもラブコメなあだち充作品ですが、
    今回もそのスタンスを崩していませんね。

    作者もいい年なのですが、
    手を抜くことなく作品を書き続けています。

    忙しくなると休載し、
    作品に飽きると終わらせて、
    好き勝手にあだちワールドを展開しているのは、
    さすが大御所って感じです。

    週刊少年サンデーもあだち充と高橋留美子の二大巨匠がいるから良いですよねぇ。

    この二人に続く作家は、誰になるんでしょうね。

    まぁ、そんなことは編集が悩めばいいので、
    アチキは一読者ですから、
    おもしろい作品が読めれば良いのですよ。

    あかねちゃんのシリアスな展開から、
    久々に野球のシリアスな展開が始まりました。

    「タッチ」が終わってから、
    野球のシリアスな展開を描く事が少なくなって、
    アチキはちょっと物足りなかったので、
    今回はきっちりと画いて欲しいですね。

    出来れば、甲子園まで画いて欲しいです。

    でも、きっと、たぶん、
    画いたとしてもまともに画かないんだろうなぁ。

    ふぅ。

    まぁ、それがあだち充氏と言ってしまえば、
    それまでなんだけど。

    ゲツサンの連載もあるからそうそうと「クロスゲーム」を終わらせるような気もするし。

    おやつのように気軽に楽しめる数少ない漫画(あだち充作品)だからなぁ。

    なが~く続けて欲しいです。





    テーマ : マンガ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : あだち充 高校生 野球 学園 日常 青春 恋愛 ハートフル コメディ スポーツ

    クロスゲーム 15巻 【マンガ】

    最近は、全く週刊サンデーに掲載されていない「クロスゲーム」です。

    ゲッサンに新規連載するなら、
    「クロスゲーム」もキチンと連載しろよ、
    と言いたくなるくらい、
    全然掲載されていません。

    困ったチャンですねぇ。

    本業以外のところで、
    忙しいのは分かるけどね。

    「クロスゲーム」もアニメになってしまったし。

    で、15巻ですが、
    基本的に暗いお話しですね。

    明るくノー天気な作風のあだち充氏なので、
    この手のモノは、
    余計暗く感じてしまいます。

    コメディとしての立ち位置から、
    少し外れてはいるのですが、
    人生何があるか分かりません。

    「タッチ」しかり。

    「クロスゲーム」もはじめの方から、
    いきなり幼なじみで恋人の若葉が死んでしまうし。

    あだち充氏も年取ったのかなぁ。

    15巻では、まだ死んでいないし。

    アチキが読み飛ばしていなければ、
    連載の方でも死んでいないと思うんですけど。

    青秀学園が、
    着実に甲子園を目指しているその裏で、
    人生の戦いが繰り広げられているわけです。

    みんながハッピーになれる作品には、
    ならなかったなぁ。

    まぁ、まだどんな展開になるのか分からないけどさ。

    出来ることならみんながハッピーになれる作品もたまには画いても良いのではないでしょうか。

    短編とかでは、ハッピーな話が多いんだけどね。

    コウと青葉の行方もどうなる事やら。




    テーマ : マンガ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : あだち充 高校生 野球 学園 日常 青春 恋愛 ハートフル コメディ スポーツ

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー