F1 2015 Round.19 アブダビGP

    遂に最終戦です。

    今年のF1グランプリも終わってしまいました。

    昔は、
    10月までだったのに、
    今は、11月までですよ。

    それもあと数日で12月になるという日程。

    年間19戦。

    見る方としては、
    数多くレースが見られるのを良しと考えることも出来ますが、
    チームとしては、
    もう限界なんでしょうな。

    特に資金繰りが苦しいチームは、
    大変だと思います。

    と言うわけで、
    最終戦ですが、
    シーズン唯一のトワイライトレースです。

    夕刻から夜にかけてのレース

    実に良い雰囲気です。

    さて、
    レースの方は相変わらずメルセデスの強さだけが目立つ内容でした。

    その中でもニコ・ロズベルグが、
    ポール・トゥ・ウィンを決めて、
    何度も書いていますが、
    なんでシーズン序盤からこの走りが出来なかったのかなぁ、と。

    来シーズンもこの調子のまま行くことが出来るのか、
    来年の第一戦を見るまでは何とも言えません。

    そして、
    チームメイトでワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンは、
    相変わらず不満たらたらでしたね。

    いつになったら大人になるのかな。

    それでも、
    昔に比べたら大人の対応はしていましたけど。

    わがままな子供という性格が、
    ある意味ルイス・ハミルトンのキャラクターだったのに、
    影を潜めて、
    良くも悪くもちょっと残念です。

    そして、
    キミ・ライコネンが、
    久々の表彰台ですよ。

    今年は、
    セバスチャン・ベッテルの影に隠れて、
    目立ちませんでしたが、
    マシンさえ良くなれば、
    後、ちょっとした運も必要ですが、
    セバスチャン・ベッテルとのチームメイト争いがまだまだ出来ると言うことです。

    F1にとってもあのキャラクターは、
    貴重ですからね。

    さて、
    最後にマクラーレン・ホンダですが、
    フェルナンド・アロンソの予選アタック中のパンクがなければ、
    決勝もジェンソン・バトンと同じ位置で走れていたかと思うと残念です。

    予選でコーナーを抜ける時、
    ケツを大胆にふって走っているのを見て、
    すげぇなぁ、そこまでしないと曲がらないのか、
    と思っていたら、
    その時にはパンクしていたんですね。

    びっくりです。

    決勝では、
    来年のために我慢して周回を重ねていましたが、
    来年は、
    同じ事はしないでしょうね。

    マクラーレン・ホンダとしては、
    やはり冬のテストでどうなるのか、
    それが楽しみでもあり、
    不安でもあります。

    そんなわけで、
    来年のシーズンが始まるのを今から楽しみにしています。





    スポンサーサイト

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    F1 2015 Round.18 ブラジルGP

    残すところ、
    このグランプリを入れて2戦になりました。

    1年があっという間でしたね。

    さて、
    ブラジルGPですが、
    今回もメルセデスは強かった。

    そして、
    ニコ・ロズベルグが元気だった。

    F1ファンみんなが思っていると思うけど、
    なんでこの調子を、
    前半戦とかに見せてくれなかったのかな、と。

    そうすれば、
    未だにドライバーズチャンピオンが決まっていなかったと思うのに。

    そうです。

    前戦につづき、
    今回もニコ・ロズベルグがポール・トゥ・ウィンを成し遂げました。

    2位には、
    チームメイトで、
    今年のワールドチャンピオン、
    ルイス・ハミルトンです。

    前戦からルイス・ハミルトンの強さをあまり感じられないレースがつづきますが、
    本人も自覚しているようですね。

    アチキは、
    てっきりチャンピオンになったから多少気が緩んでいるのかな、
    とも思ったりもしたモンです。

    大人になったなぁ、
    ルイス・ハミルトン。

    って感じで。

    以前なら、
    全てのレースで俺が勝つというぎらぎらした感じ前面に出していたのに。

    それがあまり見られなかったので。

    しかし、
    勝てないことに苛立ちと不満はあるようですね。

    でも、
    なんかアチキの印象だと、
    ルイス・ハミルトンのコメントは、
    ふてくされている感じを受けなくもないかな。

    俺はワールドチャンピオンなんだからNo1待遇にしろよ、と。

    俺を中心にレースを組み立てろ、と。

    でもチームとしては、
    来年もレースはあるので、
    来年のことを考えると、
    そういう対応は難しいと思うからね。

    さて、
    メルセデス以外で言うと、
    やはりフェラーリですか。

    セバスチャン・ベッテル頑張ってますね。

    マシンも良くなって、
    このままで行けば、
    来年は、
    頑張れば優勝も見えてきたかな。

    方やマクラーレン・ホンダですが、
    決勝までのフェルナンド・アロンソのトラブルを見ていると、
    来年のテストでも新スペックのエンジンの信頼性で泣かされて、
    思うようにテストが進まない、
    なんてことにもなりそうな雰囲気をヒシヒシと感じます。

    パワーと信頼性の相関関係をしっかり認識し、
    把握しないと、
    同じようなことが起きて、
    何も学んでいないことになってしまいますからね。

    いよいよ、
    次のアブダビGPで今年ラストレースになります。

    色んな意味で楽しみにしていますよ。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : レース GP

    F1 2015 Round.17 メキシコGP

    23年?ぶりの復活。

    メキシコGPです。

    懐かしいねぇ。

    でも、
    すっかり様が利したコースという印象を受けました。

    とは言え、
    それほど記憶がはっきりしているわけでもないので、
    何となくの印象ですけど。

    やはり、
    あのスタジアムの観客席を利用したところが、
    実に印象的で、
    またそこに表彰台を設置しての最後の表彰式は、
    すごく良かったですね。

    メインストレートに表彰台がある必要はないと言うことですな。

    しかし、
    メインストレートの席料て、
    結構高いから、
    表彰式が見られないことに対する不満とかはなかったのかな。

    まぁ、現場に行っていないアチキとしては、
    懇意の表彰式の盛り上がりは見ていて楽しかったですな。

    優勝者のニコ・ロズベルグへの「ニコ」コールも良かったし。

    それまでは、
    「チェコ」コールだったけど。

    観客たちの熱い声援が実に印象的なグランプリでしたね。

    さて、
    ドライバー&コンストラクターの両チャンピオンが決まってしまってのグランプリレースでしたが、
    まだ全ての順位が確定しているわけではないので、
    消化レースにはなっていません。

    今回のGPでは、
    フェラーリはついていなかった。

    セバスチャン・ベッテルもキミ・ライコネンもリタイヤしてしまうとは。

    マクラーレン・ホンダも1周目でフェルナンド・アロンソが早々にリタイヤ。

    エンジントラブルで、
    その後のニュースによると、
    本当ならスタートすることすらやめようと思っていたらしい。

    それでもせっかくお税の観客が来ているのだからと、
    1周でも多く走るつもりだったよう。

    それが1周もまともに走れないとはね。

    まっ、そんなこんなで、
    色々と見所のあるレースでした。

    次戦はブラジルです。

    日本の裏での開催がつづきます。

    おかけで録画して見ているので、
    翌日のニュースは出来るだけ見ないようにしているんですよね。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : レース GP

    F1 2015 Round.16 アメリカGP

    ハリケーンの影響で週末にかけて悪天候の中行われたアメリカGPです。

    今回は、
    ルイス・ハミルトンのドライバーズチャンピオンがかかっているレースで、
    色々と注目されていました。

    で、
    悪天候性で、
    予選が、決勝レース日の午前中に行われることになりました。

    それでも、
    雨は残っていて、
    かなり波乱の予選でしたね。

    困ったことに、
    日本とは反対側なので、
    時間の変更は、
    見る方の予定も大きく狂うわけですよ。

    思い出すのは、
    日本GPも台風の影響で、
    一日で予選と決勝を行ったレースがありまして、
    その時は、
    アチキも鈴鹿まで見に行っていたのですよ。

    東京から午前中の予選に間に合わせるのは大変なので、
    出来るだけ鈴鹿に近いところで宿泊して、
    見に行ったという感じでしたね。

    いつもは、
    鈴鹿から車で移動したキャンプ場で宿泊していたのですが、
    その時は、
    さすがに台風なのでやめたんですよ。

    と言った思いでもありますが、
    今回はアメリカGPです。

    結果から言うと、
    ルイス・ハミルトンが2015年シーズンのワールドチャンピオンに決定しました。

    もうシーズン序盤から今年は、
    ルイス・ハミルトンだよね、
    という感じでしたけどね。

    もう昨年のスパレースでけちが付いてから、
    チームメイトのニコ・ロズベルグは、
    ある意味セカンドドライバーになってしまいました。

    これは、
    もう精神的な問題なので、
    どこかで俺はヒールなんだと思うくらいの走りじゃないと、
    ルイス・ハミルトンには、
    同じマシンに乗っている限り駄目そうな感じです。

    この後、
    まだグランプリはあるし、
    ドライバーズランキング2位というポジションも狙わなければならないのかもしれませんが、
    そんなビリのトップになるために頑張るのなら、
    チームメイトにガツンとした走りを見せつけてやった方がいいと思ってしまいます。

    今回のようにルイス・ハミルトンに押し出されたなんて言うのではなく、
    押してきてもラインを譲らず、
    最悪自分だけがリタイヤに終わっても、
    自分のラインを守る走りを見せつけないと、
    お前なんか、
    ちょっと寄せてやれば、
    簡単によけてくれるだろ、
    と思われているんですから。

    昨年のスパ以降、
    そんなシーンを何度も見てきましたよ。

    それが変わらない限り、
    ルイス・ハミルトンには敵わないですよ。

    もっともそういう状況にならないくらい、
    ルイス・ハミルトンよりも速ければいいんですけど。

    それも今の状態だとないからなあ。

    と言うわけで、
    アメリカGPの話よりもニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンの話ばかりになってしまいましたが、
    それもこれもニコ・ロズベルグに頑張ってもらわないと、
    来年もルイス・ハミルトンがチャンピオンになってしまう気がしてならないからですね。

    まぁフェラーリが、
    とんでもなく良いマシンを作ってくれたら、
    楽しいレースになりそうですけど。

    アチキとしては、
    当然、マクラーレン・ホンダに頑張って欲しいのは欲しいんですけど、
    こればっかりは、
    オフのテスト状況を見ないと何とも言えないです。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : レース GP

    F1 2015 Round.15 ロシアGP

    今年で2回目のロシアGPです。

    今回のレースで、
    メルセデスのコンストラクターズチャンピオンが決まるか、
    というレースだったのですが、
    まさかのニコ・ロズベルグがリタイヤに終わり、
    2位につけているフェラーリの結果次第と言うことになりました。

    まぁ、レース結果だけなら決まらなかったのですが、
    レース後の審議でキミ・ライコネンがペナルティをくらって、
    コンストラクターズチャンピオンが決定しました。

    まぁ、この結果は、
    早いか遅いかですからね。

    さて、
    リタイヤしたニコ・ロズベルグは、
    崖っぷち状態が続いていて、
    よく言えば、
    崖っぷちなので、
    普通に考えると無理なのですが、
    ドライバーズチャンピオンに何とかしがみついていると。

    前戦の日本GPに引き続き、
    予選でポール・ポジションを取ったのですが、
    結果は、駄目でした。

    運にも見放されて入るなぁ、
    という感じですよ。

    方やフェラーリは、
    頑張っていますね。

    来年が楽しみな感じで、
    セバスチャン・ベッテルの加入で、
    名門復活なるか、
    という期待値は大きくなっています。

    当然、結果が伴っての期待値です。

    そして、
    久々にマクラーレン・ホンダの2台が入賞しました。

    とは言え、
    上位陣がリタイヤである意味、
    サバイバルレースのような感じになったのもありますが、
    それでも下にマノー以外の車があったのは、
    心強いですな。

    でも、
    10位のフェルナンド・アロンソが、
    レース後ペナルティで、
    10位から11位になったので、
    残念でした。

    それでも、
    結果が出るとうれしいものです。

    残りのレースも頑張って欲しいですな。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : レース GP

    F1 2015 Round.14 日本GP

    今年もやってきました日本GPです。

    鈴鹿での9月開催とは、
    珍しいと思っていましたが、
    初めてらしいじゃないですか。

    いつもは、
    10月の体育の日の当たりで行っていましたからね。

    人の入りも三連休とそうでないとでは違うからね。

    でも決勝の観客数はどの位だったのか知りませんが、
    土曜日までの入りは、
    前年よりも多かったようで、
    ちょっとびっくり。

    日本人ドライバーもいないし。

    ホンダも調子が悪いのに。

    でも増えた要因として考えられるのは、
    ホンダくらいしかないしね。

    そのホンダですが、
    アチキとしては、
    もっと悪い結果になるかと思ったけど、
    思っていた以上に良かった。

    予選も決勝も思っていた以上でした。

    どんだけ酷いと思っていたのかね。

    それでも国際映像にフェルナンド・アロンソの絶叫が流れた時は、
    あーあ、
    って感じでしたけど。

    それでも木曜日の夜から日曜日の夕方まで、
    TVで楽しませていただきました。

    シンガポールの不振が嘘のようなメルセデスの復活で、
    ちょっとおもしろくなくなってしまいましたが、
    それ以外のチームのバトルは、
    楽しかったですよ。

    フェラーリももう少しやれると思ったんだけどな。

    それでもセバスチャン・ベッテルが3位表彰台ですか。

    現状ベストな結果でしたね。

    ワールドチャンピオンの行方に関しては、
    せっかくポールポジションを取ったニコ・ロズベルグが、
    スタートから2コーナーまでにルイス・ハミルトンに負けてしまい、
    なんかつまらなくなってしまいした。

    まだ残りのレースでがんばれるとは思うけど、
    ルイス・ハミルトンが強いからねぇ。

    ちょっとがんばるだけでは、
    届かないだろうな。

    ルイス・ハミルトンが、
    リタイヤでもしてノーポイントになるようなレースを期待しないといけない感じですからね。

    さて、
    次はロシアGPですね。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : レース GP

    F1 2015 Round.13 シンガポールGP

    F1グランプリで唯一のナイトレースです。

    夕方からスタートして、
    夜になるレースはあるけど、
    夜になってからスタートするレースは、
    このシンガポールGPだけ。

    空撮によるサーキットの美しさは、
    金かかってるなぁ、
    と思わせます。

    さて、
    イタリアGPで、
    地元のファンを沸かせたフェラーリが、
    まさかこのシンガポールでも素晴らしい走りをするとは、
    思ってもみませんでした。

    と言うか、
    メルセデスがまさかの不振。

    原因が何だったのかよく分かっていないという事ですが、
    前回から変わった事と言えば、
    よりタイヤの空気圧が厳しくチェックされる事になった事かな。

    今までは、
    規定値を上手く誤魔化していたって事になるのかな。

    とは言え、
    スーパーソフトのタイヤは、
    作動領域が凄く狭かったらしいからフェラーリ以外は上手くタイヤを昨日させる事が出来なかったようですが。

    しかし、
    ソフトタイヤでもそれほどの速さを見せられなかったメルセデスですからね、
    どうなんでしょうね。

    まぁ、今後のレースでは改善してくるとは思いますが、
    次回、今週行われる日本GPに間に合うかどうか。

    それはそれで楽しみですな。

    まぁ、日本GPの話で有れば、
    メルセデスよりフェラーリが優勝した方が盛り上がりそうですけど。

    さて、
    そんなわけで、
    シンガポールGPは、
    予選でポールを取ったのがフェラーリのセバスチャン・ベッテル。

    2位には、
    なんとレッドブルのダニエル・リカルド。

    3位には、
    これまたフェラーリのキミ・ライコネン。

    あらら、
    盤石の速さを持っていたメルセデスの名前がありません。

    なんと決勝でも優勝は、
    フェラーリのセバスチャン・ベッテルで、
    2位には、レッドブルのリカルド。

    そして、
    3位には、フェラーリのキミ・ライコネン。

    ここにもメルセデスのドライバーの名前はありません。

    ルイス・ハミルトンに関しては、
    トラブルでリタイヤまでしていますからね。

    開幕当初は、
    全部勝ってしまうのではないかと思われたメルセデスですけど、
    今回で三つ目の星を落としています。

    さて、
    今シーズン最大の結果を残せるグランプリであったマクラーレン・ホンダですが、
    いい走りをしてはいましたが、
    まさかのギアボックストラブルで、
    2台ともリタイヤ。

    次の日本GPは、
    ホンダのホームレースにもなりますが、
    いくらフェルナンド・アロンソでも入賞は無理でしょうね。

    後ろか数えた方が良いのは目に見えています。

    以前だったら、
    日本GPの後には、
    オーストラリアとか、
    ブラジルとかしかなくて、
    もうシーズンも終わりって感じでしたけど、
    まだまだレースは一杯あるんですよね。

    こうなると、
    まだクーポンを使っていないのなら、
    日本GPで投入しても良かったんではないかな。

    グリッドダウンしても大して影響ないんだし。

    日本GPを入れて残り6戦。

    ちょうど良い感じなんだけどね。

    と言うわけで、
    今週末は日本GPです。

    マクラーレン・ホンダには正直期待できませんが、
    楽しみなレースですので、
    週末は色々と堪能しようと思っています。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : レース GP

    F1 2015 Round.12 イタリアGP

    まさかね、
    フェラーリがここまで頑張れとは思いませんでしたよ。

    いくら地元GPだからといって、
    ベルギーGPの内容を見ているとね。

    予選では、
    メルセデスのニコ・ロズベルグが新スペックのエンジンを使用できなかったので、
    もしルイス・ハミルトンと同じエンジンを使っていたら、
    フェラーリに負けていなかったかもしれない。

    しかし、
    どうもニコ・ロズベルグは、
    去年よりも駄目になった気がするなぁ。

    ルイス・ハミルトンがレベルアップしたから、
    余計差が開いた感じを受けてしまう。

    と言うわけで、
    予選では、
    久々にフェラーリのキミ・ライコネンが2番手につける快挙。

    快挙と書いてしまうところが、
    最近のキミ・ライコネンの状況を表しているよな。

    3番手には、
    同じくフェラーリのセバスチャン・ベッテル。

    となると、
    ポールポジションは、
    メルセデスのルイス・ハミルトンと言うことですな。

    決勝ではフェラーリが、
    どんなレースをしてくれるのか楽しみでしたが、
    まさかキミ・ライコネンが、
    スタートで失敗するとは。

    それでほぼ最下位にまで落ちましたからね。

    おかけでせっかくのポジションを生かすことなく、
    それでも頑張って最後は5位ですから、
    ホント、スタートを決めていたらどうなったことか。

    優勝は、ルイス・ハミルトン。

    強かったねぇ。

    最後の最後にタイヤの内圧違反でごたごたしていましたが、
    これを書いている時点では、
    まだ結論が出ていません。

    とは言え、
    失格にでもならない限り、
    ルイス・ハミルトンのドライバーズチャンピオンシップは、
    大きく前進ですよ。

    何しろ使い古したエンジンで走っていたニコ・ロズベルグがリタイヤしてノーポイントですからね。

    さて、
    我らがホンダですが、
    何かイタリアGPがスタートしてからネガティブな話がいっぱい出ていましたね。

    まぁ、ベルギーのレースの結果と、
    レースウィークが進む度に、
    ダメダメなのが、
    あからさまになっていきましたからね。

    フリー走行を見ていた時なんか、
    トップと3秒落ちですよ。

    これは、
    あまりにも酷い。

    これじゃ更迭話で盛り上がるのも仕方ないね。

    車体の性能なんか関係なくエンジンのパワーで勝つんだという意気込みが開発スピードも含めて見えてこないからね。

    往年のホンダファンにしたらがっかりだろうね。

    と言うわけで、
    次戦では、
    あまりエンジンパワーユニットの差が出にくいサーキットなので、
    少しは見せ場を作ってくれるかもしれません。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : レース GP

    F1 2015 Round.11 ベルギーGP

    さて、
    夏休みが明けて、
    少しは各チームの勢力が変わるのかなぁ、
    と思っている人もいたのではないかな。

    特に、マクラーレン・ホンダに関しては。

    ホンダのリップサービスに一喜一憂しているファンが多いからね。

    まっ、アチキも少しは、
    期待していたりもするんですけど。

    と言うわけで、
    相変わらずリップサービスにしか感じられない結果でしたね。

    で、
    レースの方はと言うと、
    やっぱりメルセデスは速い。

    異次元の速さです。

    スタートで出遅れても関係なく、
    1、2フィニッシュ。

    今年もワールドチャンピオンシップは、
    ルイス・ハミルトンでほぼ確定って感じですな。

    あまりにもニコ・ロズベルグがふがいない。

    去年と今年で、
    こんなにも差がつくとはね。

    正直びっくり。

    そして、
    今回の目玉は、
    ピレリタイヤかな。

    フリー走行でニコ・ロズベルグがタイヤバースト。

    決勝では、
    フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、
    あとちょっとで3位表彰台というところで、
    タイヤバースト。

    もうこれは、
    明らかにタイヤに問題があると言うことですよ。

    今後、改善されたりするのかな。

    なんか、
    使い方が制限されるような気がしてならないな。

    そして、
    レースウィークになって、
    ピット裏で大変な事態になっていたロータスですが、
    そのロータスのロマン・グロジャンが、
    3位になり、
    とても喜んでいましたね。

    セバスチャン・ベッテルのタイヤがいかれていなかったらどうなっていたか分からないけど、
    それでもタイヤのライフが厳しかったセバスチャン・ベッテルですから、
    タイヤがバーストしてなくてもロマン・グロジャンが3位になっていたかもしれない走りでした。

    チーム状況が決して良くないロータスですから、
    この表彰台は、
    チームみんなにとってもうれしいでしょうね。

    そうそう、
    もう一つ書いておかなければ。

    フェラーリのキミ・ライコネンが、
    来期もフェラーリで走ることが決まりましたね。

    いやー、良かった良かった。

    アチキ、キミ・ライコネン好きなんですよね。

    キミ・ライコネンがらみといえば、
    ウィリアムズのバルテリ・ボッタスですが、
    決勝レース中に、
    タイヤセットを付け間違えるということがありました。

    ソフトタイヤのはずが、
    右リアだけミディアムタイヤという、
    なんともお粗末なことが。

    昔、中嶋一貴の時にもタイヤ付け間違えていたことがあったけど、
    その時は、見た目では分からない間違いでしたが、
    今回は、
    見た目でも分かる間違いですからね。

    こんなことでは、
    名門復活にはまだまだってことになってしまいますな。

    好きなチームなだけに、
    こんなとんでもない凡ミスはなくして欲しいです。

    さて、
    次は、
    イタリアGPですか。

    次も名うての高速サーキットです。

    マクラーレン・ホンダにとっては、
    またまた厳しいGPになりますが、
    今回のレースから少しでも改善されているのを確認したいですな。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : レース GP

    F1 2015 Round.10 ハンガリーGP

    いやー、
    今回のグランプリは、
    実に楽しかったです。

    予選までは、
    またいつものようにメルセデスの独壇場で、
    ニコ・ロズベルグが頑張ってくれないと、
    盛り上がらないなぁ、
    と思っていました。

    なのにニコ・ロズベルグの走りがイマイチで、
    これは、
    ルイス・ハミルトンの独走か、
    と思っていたんですよね。

    そしたらなんと、
    スタートで、
    フェラーリの2台がトップと2番手になったじゃありませんか。

    そして、
    3番手には、
    メルセデスのニコ・ロズベルグ。

    これは、
    いいところまで行けるのではないかと。

    トップのセバスチャン・ベッテルもい走りをしていて、
    どんどん差を広げていくし、
    2番手走行のキミ・ライコネンもこれまたいい感じでラップを重ねて行っている。

    これは、
    もしかしてもしかするぞ、
    と思っていたら、
    終盤、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグが、
    走行中フロントウイングを脱落させて、
    コースアウト。

    これの処理のためにセーフティーカーが入って、
    せっかく気づきあげたメルセデスとのギャップが一気に縮まり、
    これは、
    ルイス・ハミルトンにしてやられるかと思いましたよ。

    残念ながらニコ・ロズベルグの優勝はないだろうと思っていましたから。

    そしたら、
    ここからが、
    もうある意味めちゃくちゃなレース展開。

    あっちこっちでぶつけ合い、
    ペナルティと併せて、
    順位が変動しまくり。

    セーフティーカーでタイム差が少なくなっていたからなおさらですね。

    結局、優勝はフェラーリのセバスチャン・ベッテル。

    今期2度目です。

    2番手を走っていたキミ・ライコネンは、
    マシントラブルでリタイア。

    残念でした。

    それさえなかったらフェラーリの1、2だったのに。

    2番手、3番手には、
    レッドブルのダニール・クビアトとダニエル・リカルドでした。

    これまた久々の表彰台ですな。

    ちなみに、
    この混乱したレースをしっかり走りきり、
    5位フィニッシュしたのは、
    マクラーレン・ホンダりフェルナンド・アロンソ。

    ジェンソン・バトンも9位に入り、
    ダブル入賞。

    予選でトラブったので、
    完走できるのか心配でしたが、
    走りきった上、
    ポイントゲットです。

    他がつぶれての順位ですが、
    完走したことと、
    それなりの戦闘力を見せてくれたのは、
    楽しかったですな。

    さて、
    F1は、
    これから夏休み。

    しばらくレースはありません。

    次はベルギーGP

    8/23ですな。

    ホンダとしては、
    そこで改良したパワーユニットを導入してくるかもしれないと言うことで、
    ちょっとだけ楽しみです。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : レース GP

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧









    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ












    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー