F1 2016 Round.21 アブダビGP

    遂に2016年シーズンも最終戦を迎えました。

    最後までドライバーズチャンピオンが決まらなかったと言う事で、
    消化レースは一つもないと言う事になりました。

    今年は、
    シーズン最多の21戦が開催され、
    来年は、
    今の情報だと20戦になりそうなので、
    21回もレースを見られたのは、
    ファンとして良かったのか、
    悪かったのか。

    まぁ、トップ争いをしているチームとドライバーのファンなら楽しめたんでしょうね。

    アチキは、
    そのどちらのファンでもないですが、
    楽しめましたよ。

    さて、
    まずはドライバーズチャンピオンにニコ・ロズベルグが決定しました。

    最後の最後で、
    ルイス・ハミルトンが仕掛けた戦術にハラハラドキドキでしたが、
    2位でチェッカーを受けてチャンピオンになりました。

    親子二代でのワールドチャンピオン達成です。

    これで父親のケケ・ロズベルグにでかい顔をされずに済みそうですな。

    アチキ的には、
    今年も無理なんではないかと思っていたほどです。

    それにしてもルイス・ハミルトンの自分が負けている時のふてくされ感は、
    アンチを作りやすいですよね。

    話は変わりますが、
    スローペースで走っている時に、
    フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、
    ニコ・ロズベルグに対して一回しか仕掛けなかったのは、
    やはりニコ・ロズベルグをチャンピオンにしたかったんでしょうね。

    まぁ、自分のタイヤの状況と、
    ポイントランキングを見ての走行だとは思いますけど。

    アレで、
    2位にならないとランキングが上がらないとなれば、
    間違いなく攻めていたでしょうけど。

    その辺は大人なんでしょうね。

    まぁ、他にも色々と書きたいこともありますが、
    この辺にしときますか。

    来年は、
    マクラーレン・ホンダがどの位置を走ることになるのか、
    そこが一番の楽しみです。

    少なくとも表彰台争いが出来る程度には競争力があると、
    ファンとしてはうれしい限りです。





    スポンサーサイト

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    F1 2016 Round.20 ブラジルGP

    結局、ニコ・ロズベルグのドライバーズチャンピオンは、
    決まりませんでしたね。

    最終戦での決着待ちになりました。

    消化レースが、
    無いシーズンというのも珍しいかも。

    こうなると、
    本当にニコ・ロズベルグがチャンピオンになれるのか、
    疑問が大きくなっていく感じですよ。

    決勝レースは、雨。

    このところ雨のレースでのFIAの対応が、
    物議を醸し出していますが、
    今後どうなっていくのか、
    楽しみではありますね。

    そんなわけで、
    ニコ・ロズベルグが、
    雨という状況、
    マシンのセッティングも決まっていないような感じで、
    守りのレースをしたのは、
    分かるけど。

    その気持ちが最終戦でどう転ぶのか、
    興味津々です。

    雨とか関係なく、
    優勝してやるという気概がまったく感じられなかったからなぁ。

    さて、
    もう優勝するしか望みがないルイス・ハミルトンは、
    はじめてブラジルGPで優勝して歓喜の雄叫びを上げていましたね。

    チャンピオンシップに関係なく、
    ブラジルでの優勝を望んでいたんでしょうね。

    そして、
    雨のレースで抜群の走りを見せたマックス・フェルスタッペン。

    あの走りを見ると、
    本物だ、
    と思ったのは、
    あの走りを見たみんなでしょうね。

    戦略ミスがなければ、
    ルイス・ハミルトンの優勝もどうなっていたか。

    間違いなくニコ・ロズベルグは、
    やられていたでしょうし。

    レッドブルの戦略ミスで助けられたメルセデスといった感じでしたね。

    同じように、
    マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、
    素晴らしい走りでした。

    不運なのか、
    あのラインを走ってしまったミスなのか、
    どちらにしろ、
    あのスピンがなければ、
    もっと上の順位でフィニッシュしていたでしょうね。

    ちょっと残念ですが、
    これもレースです。

    さてさて、
    次戦最終戦では、
    どんな結果が待っているのか、
    非常に楽しみです。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    F1 2016 Round.19 メキシコGP

    メキシコGPですね。

    このコース、
    結構気に入っているんですよ。

    もちろん、
    走ったことがあるわけではないので、
    見ていて、
    と言う事ですよ。

    あのスタジアムの観客席があるところが、
    実に良いですな。

    さて、
    レースですが、
    ドライバーズチャンピオンシップに関しては、
    まだルイス・ハミルトンが踏ん張っているので、
    最後の最後まで分からない状況です。

    今週末は、
    最初からニコ・ロズベルグのタイムが思ったように上がらず、
    最近では珍しいくらい、
    ルイス・ハミルトンとの差が大きかったですね。

    なんとか、
    2位でフィニッシュできたので、
    結果オーライって感じでよ。

    やはり優勝目指して、
    もっとプッシュしないと、
    今年もワールドチャンピオンには、
    なれないと思ってしまったレースでした。

    さて、
    レースは結構見所があっておもしろかったのですが、
    レース後の混乱というか、
    順位の変動がちょっと残念でしたね。

    表彰式の直前にレッドブルのマックス・フェルスタッペンが、
    ペナルティを受けて、
    3位から4位へ。

    繰り上がりで、
    セバスチャン・ベッテルが、
    3位になるも、
    表彰式の後の審議でペナルティ。

    またまた降格で、
    3位にレッドブルのダニエル・リカルドが昇格。

    まさに混乱しているといった感じです。

    これの原因は、
    レース終盤での審議の結果が遅すぎると言う事ですね。

    セバスチャン・ベッテルとマックス・フェルスタッペンのペナルティが、
    もっと早く出ていれば、
    セバスチャン・ベッテルとダニエル・リカルドのペナルティもなかったかもしれないな、
    と。

    レース中だったら5秒ペナルティではなく、
    順位の入れ替えを行っていただろうしね。

    そうしたらもう少しすっきりとした形の表彰台を見られることになったと思うんですけど。

    トップ3に関わる審議の結果は、
    出来るだけ早く出して欲しいと思うのは、
    アチキだけではないと思うな。

    さて、
    次回はブラジルGPですか。

    そのレースでチャンピオンが決まるとも思えないですけど、
    決まる可能性もあるので、
    楽しみですね。

    ブラジルでニコ・ロズベルグが優勝できないと、
    最終戦で逆転される予感がするのは、
    アチキだけでしょうか。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    F1 2016 Round.18 アメリカGP

    地球の裏側のグランプリですね。

    これから裏側のレースが続くんですよねぇ。

    おかげで、
    タイムリーに見られなくてね。

    録画したのを見るわけですが、
    これが中々ストレスがたまるんですよ。

    結果を見ないようにニュースをシャットダウンしなくてはならなくて。

    さて、
    アメリカGPです。

    開催してから初めてのドライコンディションのレースウィークになりました。

    おかげで波乱もなく、
    メルセデスの二人のチャンピオンシップがどうなるのか、
    それだけって感じになるのかなぁ、
    と思って見ていました。

    そしたら、
    なんと、
    マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソが、
    楽しいレースをしてくれたじゃありませんか。

    トップチームのトラブルで、
    順位結果としては、
    棚からぼた餅でしたが、
    終盤のバトルは、
    ワクワクしましたよ。

    これがトップ争いとかならなぁ、
    と思ったのは、
    アチキだけではないでしょうね。

    何しろ鈴鹿でのレースが最悪でしたから、
    結果もそうですが、
    中身も楽しかったです。

    ドライバーズチャンピオンシップに関しては、
    ルイス・ハミルトンが優勝して、
    まだ望みを捨てていない状況で、
    頑張っています。

    まぁ、ニコ・ロズベルグが、
    残り全部表彰台に立っていれば、
    確実にチャンピオンになれるので、
    スタートとかでね
    極端に順位を落とさない限りは、
    焦ることもなく、
    チャンピオンになれるでしょうね。

    問題は、
    マシントラブルと、
    巻き込まれによるリタイヤくらいですか。

    こんな有利な状況でチャンピオンになれなかったら、
    もうニコ・ロズベルグは、
    本当に一生チャンピオンになれないかもしれませんな。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    F1 2016 Round.17 日本GP

    今年も無事鈴鹿で日本GPが開催されましたね。

    金土日とF1三昧です。

    と言ってもテレビで見ていただけですけど。

    楽しかったですねぇ。

    マクラーレン・ホンダは、
    ちょっと予想外の順位でしたけど。

    アチキ的には、
    10位前後には入れるかと思っていたんですけどね。

    中高速とストレートが駄目って、
    ほとんど全部駄目じゃないかというマシンですけど、
    きっとドラッグが凄いんでしょうね。

    そのドラッグをものともしないパワーが有れば、
    また違ったんでしょうけど。

    まぁ、来季に期待しましょ。

    さて、
    ドライバーズチャンピオンシップは、
    いよいよ大詰めです。

    二年連続でポールをとりながら優勝できなかったニコ・ロズベルグが、
    今年もポールを取って、
    決勝では、
    なんと優勝。

    スタートでルイス・ハミルトンが失敗したというのもあって、
    何のおもしろみもないトップ独走。

    こうなると、
    ちょっとくらいのトラブルも自分のペースで走れるので、何とかなってしまうもの。

    結局、
    いつものように2位以下のレースが見所になってしまいましたね。

    波乱のないレースで、
    全車完走。

    これまた滅多にないレースでしたね。

    それでもオーバーテイクがなかったわけではなく、
    鈴鹿の雰囲気もあって、
    面白かったです。

    そんなわけで、
    次はアメリカですか。

    今年のドライバーズチャンピオンシップは、
    次の結果でかなり確実的な見え方になるでしょうね。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    F1 2016 Round.16 マレーシアGP

    マレーシアGPは、
    録画して見たんですよね。

    日本GPの前には見なくては、
    といった感じで見ましたけど。

    何故見られなかったのか。

    近年の忙しさの原因でもある広島出張のおかけで、
    見られなかったというわけです。

    最近は、
    会社の後輩に、
    広島弁を話すようになっても許しますよ、
    と言うくらい広島に行っています。

    さて、
    F1関連のネタで、
    関連しないことを書く事はあまりないのですが、
    書きたくなるほど大変というわけですな。

    さて、
    マレーシアGPですが、
    おもしろかったですね。

    メルセデスファンやルイス・ハミルトンのファンには申し訳ないけど、
    エンジントラブルでリタイヤしてくれたことにより、
    盛り上がってしまいました。

    とは言え、
    2番手には、
    レッドブルのダニエル・リカルドと、
    3番手に何かと話題の多いレッドブルのマックス・フェルスタッペンですからね。

    こちらは、
    間違いなくチームオーダーが出ていたんでしょうね。

    最後までおとなしくマックス・フェルスタッペンが走っていましたから。

    ちなみに、
    メルセデスのもう一台、
    ニコ・ロズベルグは、
    スタート直後にクラッシュに巻き込まれて広報から必死の追い上げで、
    3番手でした。

    これでドライバーズチャンピオンシップももう少し楽しめそうです。

    ちなみに、
    表彰台での出来事に関しては、
    気持ち悪くなるのであえて書きません。

    今シーズン、
    もう一回くらい飲む機会があるんですかね、
    ダニエル・リカルドは。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    F1 2016 Round.15 シンガポールGP

    第15戦シンガポールGPは、
    唯一のナイトレースです。

    夕方から夜にかけてのレースもあるので、
    唯一というのは、
    ちょっとオーバーかもしれないけど。

    スタート時点が夜ですからね。

    それも街中の市街地コースなので、
    空撮が実にキレイ。

    コースが光のラインで浮き上がっていて、
    下世話な話、
    一体幾ら光熱費がかかっているんだと思ってしまう。

    さて、
    チャンピオンシップの行方もそろそろ気になり出し始めましたね。

    残りレースが少なくなってきたので、
    当然と言えば当然ですが。

    昨年は、
    王者メルセデスがまさかの惨敗と言っても良いレースをしたコース。

    まぁ、車の相性というより、
    荒れ野問題が響いていたい策できなかったという感じでだったけど、
    今年は、当然のように対策されているので、
    去年のようなことはないと思っていました。

    実際、ニコ・ロズベルグの方だけを見ているとそんな感じでしたね。

    ルイス・ハミルトンは、
    セットアップに苦慮している感じで、
    本来の走りは出来ていなかったかな。

    それでも十分早かったけど。

    期待値で言うと、
    マクラーレン・ホンダの期待は大きかったですが、
    フリー走行は、
    今までと変わらないというか、
    ちょっと後戻りしたんじゃないのと言う感じで、
    やばいって感じでした。

    それでも予選では、
    良い走りをフェルナンド・アロンソがしてくれて、
    決勝も良いところでフィニッシュできるかな。

    と思っていたら一時5位を走っていて、
    結果、7位。

    順当と言うより、
    フェルナンド・アロンソの力かな、と。

    さて、
    いつものならこの後、
    日本GPなのですが、
    今年は、
    マレーシアが間に入ります。

    チャンピオンシップの行方も気になりますが、
    マクラーレン・ホンダの状況も気になりますね。

    日本GPを見据えてパワーユニット投入してくれると楽しみが増えるんですけど。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    F1 2016 Round.14 イタリアGP

    歴史と伝統のグランプリというのが、
    実に様になるイタリアGP開催のモンツァサーキット。

    フェラーリの地元と言うことで、
    熱狂的なフェラーリファンに埋め尽くされるというのは、
    毎年の事なので、
    見慣れてはいますが、
    すごいですね。

    さて、
    もうこのGPは、
    メルセデスの独壇場かな、
    思っていたら、
    その通りで、
    でも思っていたよりは、
    フェラーリは頑張っているな、
    という感じです。

    あくまでも思っていたよりは、
    という感じですけど。

    そして、
    マクラーレン・ホンダについては、
    こちには、
    思っていたとおりの結果でしたね。

    前回が、
    思っていた以上のレースだったので、
    もしかしたらという淡い期待がなかったと言えば嘘になりますけど。

    さて、
    レースは、
    スタートでルイス・ハミルトンが出遅れたおかげで、
    トップに立ったニコ・ロズベルグ。

    トップ争いはなくなりましたが、
    ルイス・ハミルトンが沈んだおかけで、
    おもしろいレースになりましたね。

    驚いたのは、
    前回のベルギーGPでもマジで、
    と思ったのですが、
    まさか今回のイタリアGPでもとなると、
    ちょっとフロックとはいいがたい感じのマノーです。

    マノーのマシンと言うよりは、
    ドライバーの力量もすごいんでしょう。

    パスカル・ウェーレインというドライバーです。

    もしかしたらマックス・フェルスタッペンよりもすごいかも。

    あのマシンであれだけ走れるんですから。

    将来のメルセデスGPのドライバーになりそうですな。

    ニコ・ロズベルグの代わりとか。

    ルイス・ハミルトンが、
    フェラーリにでも移籍しない限りは、
    ニコ・ロズベルグの代わりって感じです。

    そんなわけで、
    レース以外の所で、
    フェリペ・マッサが今シーズン限りで引退することになりました。

    シーズン前にブラジルで会ったから今年は応援していたのに残念です。

    さて、
    次戦はシンガポールですか。

    ナイトレースですよ。

    楽しみです。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    F1 2016 Round.13 ベルギーGP

    夏休みが明けて、
    最初のグランプリになります。

    レース数での半分ではなく、
    期間的なイメージの話で、
    夏休み明けからF1グランプリは、
    後半戦という感じになります。

    後半戦初戦は、
    伝統のコース、
    スパフランコルシャン。

    ドライバー好きなコースで、
    見ているこちらも見ていて楽しいコース。

    そして、
    パワーが物を言うサーキットでもあるので、
    ここに新開発のエンジン(今はパワーユニットと言うけど)などを持ち込むことが多いです。

    ホンダも改良版を持ってきました。

    そして、
    他のエンジンメーカーも持ってきました。

    ついでに、
    メルセデスは、
    ルイス・ハミルトンの残り使用パワーユニットの数が足りないので、
    ここでペナルティ覚悟で二機の新規エンジンをぶっ込みました。

    ホンダは、
    フェルナンド・アロンソが、
    同じような理由と、
    トラブルなども発生して、
    3機もぶち込みました。

    おかけで、
    フェルナンド・アロンソとルイス・ハミルトンは、
    二人揃って最後尾です。

    レースは、
    ポールポジションをとったニコ・ロズベルグが、
    そのままレースの混乱にも巻き込まれずに安定した走りで優勝。

    と言うか、
    この条件で優勝できなかったらワールドチャンピオンなんかは目指さない方が良い。

    そして、
    2位には、
    レッドブルのダニエル・リカルド。

    3位には、
    まさかのルイス・ハミルトンです。

    まさかというのは、
    やはりフェラーリの2台とレッドブルのマックス・フェルスタッペンの件がなければ、
    表彰台には、
    届かなかったかもしれないと言うことですな。

    まぁ、その三台の件などもあって、
    マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、
    入賞できたと言っても良いでしょうね。

    それもパワーが自由ようなサーキットで。

    次戦は、
    イタリアで、
    こちらもパワーが必要なサーキットですから、
    入賞できるかどうか。

    ガチンコで入賞できるとは、
    アチキも思っていないので、
    特に車体のドラッグが大きいから、
    最高速はどうしても他のマシンに比べて見劣りしてしまうからねぇ。

    とは言え、
    進歩しているのは、
    見ていて実感出る感じなので、
    楽しみではあります。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    F1 2016 Round.12 ドイツGP

    夏休み前のグランプリになります。

    このレースが終わってから次のレースまで約1ヶ月あります。

    しばらく週末の楽しみがなくなるのは、
    寂しいですね。

    夏休み期間中は、
    強制的にチームは休まなければならず、
    チームのファクトリーは完全閉鎖。

    しかし、
    エンジンメーカーは関係ないので、
    ホンダをはじめエンジン部門のスタッフは、
    休み無しで働くのでしょうね。

    ご苦労様です。

    アチキも夏休みがいつ取れるのか、
    少々不安ですよ。

    広島遠征が不定期にあるからねぇ。

    さて、
    ドイツGPですが、
    やはりチームもドライバーも楽しい夏休みを迎えるために、
    少しでも良い成績でこのグランプリを終わらせたいと思っています。

    結果から言うと、
    ルイス・ハミルトンは、
    良い夏休みを過ごせそうで、
    ニコ・ロズベルグは、
    かなり悶々とした夏休みになりそうです。


    ドイツ人ドライバーは、
    かなりいるので、
    レースは盛り上がっていましたね。

    しかし、
    地元ドライバーは、
    あまり活躍できなくて、
    観客も多少不満に感じたのではないかな。

    ニコ・ロズベルグは、
    ポールポジションを取ったにもかかわらず、
    スタートで出遅れて、
    それが後々まで響いて結果は、
    表彰台にも上れず4位。

    優勝は、
    ルイス・ハミルトン。

    非の打ち所のないレースでした。

    そして、
    2位、3位には、
    レッドブルが独占。

    フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、
    レッドブルにも勝てず、
    5位。

    チームメイトのキミ・ライコネンも6位と、
    フェラーリは、
    レッドブルの次のチームになってしまいましたね。

    さて、
    マクラーレン・ホンダですが、
    予選は、
    パワー負けしていて、
    Q3にも進めませんでしたが、
    レースは、
    スタートで良いポジションを勝ち取り、
    良いペースでレースをすることが出来ましたね。

    決勝が週末を通して一番良かったのではないかな。

    ジェンソン・バトンは、
    最後にウィリアムズのボッタスを抜いて、
    8位フィニッシュ。

    フェルナンド・アロンソは、
    最後の方まで頑張ってポイント圏内の10位を走っていたのですが、
    フォースインディアのペレスに抜かれて、
    そのままずるずると12位で終えました。

    タイヤが持たなかったのかなぁ、
    という感じですけどね。

    気持ち的にはいまいちな終わり方ですが、
    夏休み明けには、
    ホンダもアップグレードしたエンジンを持ち込むような話もあるので、
    希望を胸に秘めて夏休みを過ごすのでしょう。

    アチキもホンダのパワーユニットがどの程度の力をはっきりするのか、
    今から楽しみにしています。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧









    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ












    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー