うぽって!! 【OVA】

    「うぽって!!」のオリジナルビデオアニメです。

    たぶん、
    コミックについていた作品ではないかな、と。

    ちょっと詳しくないので、
    間違っていたらごめんなさい。

    と言う事で、
    いわゆる良くあるファンサービス的な作品かな、と。

    実際、夏休みの一日という感じでの作品です。

    ですが、
    全編サービスシーンのオンパレード、
    と言うわけではないです。

    いつもの四人が、
    川にキャンプに来て、
    そのキャンプで過ごす一日がメインです。

    水着シーンはあります。

    ついでに、
    野天湯があって、
    入浴シーンもあります。

    まぁ、サービス的なのはそんなもんかな。

    四人以外のキャラも出てきます。
    1シーンずつですが、
    その頃、このキャラクターは、
    といった感じで登場。

    TVアニメを見てきた人にとっては、
    十分楽しめる内容かと思います。

    とは言え、
    何かすんごいエピソードがあるわけではないので、
    よくもわるくもファンの人向け。

    ファンの方なら是非ご覧くださいな。





    スポンサーサイト

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : アクション ミリタリー 中学生 井口裕香 伊瀬茉莉也 大原さやか 浅川悠 遠藤綾 渡辺明乃

    うぽって!! 【アニメ】

    マンガが原作のアニメです。

    これがまた、
    なんともマニアックなアニメでしたね。

    銃が擬人化した人がいる世界の話で、
    その銃の人たちが通う学校が舞台。

    初等部は、サブマシンガンで、
    中等部が、アサルトライフルで、
    高等部が、バトルライフルの学生がいるという設定。

    過去にも船や飛行機が擬人化された作品はありましたが、
    銃の擬人化は、
    外見は人間とまったく同じで、
    変な飾りは一切ありません。

    しかし、
    どこからともなくいきなり銃は現れます。

    主人公は、中等部のベルギー製アサルトライフルのFNC。

    その他、三人の友人たちが中心になって物語が進みます。

    そんな特殊な人と学校に、
    人間の先生が赴任するところから始まり、
    まぁ、ここで人ではないよ、
    と言う説明的な部分があります。

    そして、
    各キャラクターの銃の説明が、
    実にマニアックで、
    アチキなんて、
    フンフンとしっかり勉強してしまいました。

    それにしても主人公が、
    ベルギー製のアサルトライフルとは、
    実にマニアック。

    アチキなんて、
    その銃の存在知りませんでしたからね。

    きっと作者が好きなんでしょう。

    と言うか、
    この作品に出てくるほとんどの銃をアチキは知りませんでした。

    ガンマニアは、
    とても楽しめるのではないかな。

    そんなわけで、
    全10話ですが、
    楽しく最後まで見ましたよ。

    銃が好きな人は、
    是非見て欲しいですな。

    アチキは、
    マンガの方もちょっと読んで見ようかなぁ、
    なんて思っています。

    いつになるか分かりませんけど。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : アクション ミリタリー 中学生 井口裕香 伊瀬茉莉也 大原さやか 浅川悠 遠藤綾 渡辺明乃

    ウィザード・バリスターズ 弁護士セシル 【アニメ】

    原案・監督・キャラクターデザイン・シリーズ構成が梅津泰臣という、
    まさに梅津泰臣作品と言うべき「ウィザード・バリスターズ 弁護士セシル」です。

    最近、
    梅津泰臣の過去の作品「A KITE(ア カイト)」が、
    ハリウッドで映画化されて話題になっていましたね。

    当然、実写版「A KITE(ア カイト)」も見ますので、
    その時は、
    またネタにします。

    さて、
    「ウィザード・バリスターズ 弁護士セシル」です。

    物語は、
    魔法が使える人間が一緒に生活している近未来の東京が舞台。

    たぶん近未来。

    もしかしたらパラレルワールド。

    まぁ、
    そんな細かい設定とか状況は堂でも良くて、
    魔法使いがいる世界と言うことです。

    超能力者と言った方が、
    良いのかもしれませんが、
    まぁ、超能力というと、
    PKとか投資とか、テレパスとか、
    なんか能力が限定されるイメージがあって、
    駄目なんでしょうね。

    そうなると、
    魔法というのは、
    何でもありのイメージがあって良いのかもしれません。

    魔法も超能力も一緒だと思うんだけどね。

    さて、
    そんな世界で、
    主人公の須藤セシルは、
    弁護士として働くために、
    バタフライ法律事務所へ初出勤、
    の途中で事件に巻き込まれます。

    さすがに第一話は、
    力が入っているのか、
    すばらしいクオリティでしたね。

    電車のシーンは、
    ホント、頑張ってます。

    さて、
    物語は、
    セシルがなんで弁護士になろうと思ったのか、
    と言うところから始まって、
    切っ掛けになった事件と、
    セシル本人に何かしら秘密があるといった感じで展開していきます。

    全12話ですが、
    良くまとまっています。

    ただまとまりすぎていて、
    ちょっと物足りないなぁ、
    と感じる部分もチラホラ。

    売れたら続けられるようなネタはあるので、
    もしかしたら続編ができるかもしれませんが、
    まぁ、
    そうなることはないでしょうなぁ。

    どちらにしても、
    メジャー感が薄いから。

    アチキとしては、
    この続編を作るくらいなら、
    「A KITE(ア カイト)」のような18禁で、
    制限の薄いところで新作を作ってほしいです。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : アクション 弁護士 魔法 梅津泰臣 竹達彩奈 恒松あゆみ 井上麻里奈 高木渉 小野大輔 小山力也

    ウォーリー 【2008年製作:3DCGアニメ:映画】

    どうしても「ウォーリー」と聞くと、
    「ウォーリーをさがせ」を思い出してしまうアチキ。

    さて、
    映画は評判になってていたので、
    知っていました。

    後は、
    いつ見るかという感じの映画でした。

    で、
    やっとこ見たわけですな。

    アチキは、
    ゴミだらけの地球だけで物語が進むと思っていたのですが、
    違いましたね。

    ある意味、
    冒険活劇的な展開です。

    ゴミの整理分類、処理もしていたのかな、
    まぁ、そんな感じで黙々と働くロボットのウォーリー。

    そこへ、
    宇宙からとってもすばらしい宇宙船がやってきて、
    中からとってもビューティフルなロボットが登場。

    ある意味、
    一目惚れ。

    仲間もいず、
    友達と呼べるのは、
    ゴミから拾ってきたおもちゃたちといった感じのウォーリーの元に、
    動いてコミュニケーションがとれるロボットの登場は、
    とてもうれしいのですが、
    相手には、
    拒否られます。

    とは言え、
    そこから友情、恋へと発展するわけです。

    なんて書くと、
    単なるロボットのラブストーリーに見えてしまいますが、
    はじめに書いたように、
    冒険活劇の要素が入っています。

    なので、
    最後まで楽しく見られますよ。

    SF映画のパロディというか、
    オマージュなんかもそこかしこにあって、
    SF映画ファンならもっと楽しめるし、
    ある程度一般的な作品がネタになっているのもあるので、
    大人なら楽しめたりします。

    さすが、
    ウォルト・ディズニー作品といった感じですか。

    子供向けだけど、
    大人の干渉にも耐えられるという。

    親子で映画を見に行って親が退屈することはないという作りです。

    興味があったら是非ご覧くださいな。

    ディズニー作品らしい作品です。










    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF アクション ロボット 恋愛 動画 シガニー・ウィーバー

    宇宙戦艦ヤマト2199 【アニメ】

    TVアニメ「宇宙戦艦ヤマト」のリメイク作品です。

    小さい頃、
    宇宙戦艦ヤマト」を見て、
    ヤマトの画を描いたり、
    プラモデル作ったり、
    もうヤマト一色の時期がありましたよ。

    その後、
    シリーズ作品、
    劇場作品とアチキの記憶の範囲では、
    ほぼ全て見ています。

    その「宇宙戦艦ヤマト」がリメイクされると知って、
    最初は、
    どんな感じになるのかなぁ、
    変に今風になったらやだなぁ、
    とかネガティブ先行でしたね。

    だって、
    今の時代仕方がないとは言え、
    無駄に女性キャラクターが増えていたし。

    と言ったわけで、
    そんな気持ちで一話を見て、
    いやー、
    びっくりするくらい良かったですよ。

    基本的な物語は、
    変更せず、
    過去のシリーズを踏襲して、
    続編が作られても破綻しないように、
    色々と設定を変更しているのですが、
    それが実に良かった。

    設定のリアリティも今風だしね。

    ここまで良くできていると、
    やはり続編を期待しちゃうよね。

    それだけじゃないな。

    リメイク作品としてのお手本と言っても良いくらいだな。

    こういう感じでリメイクしてほしい作品って、
    何かあるかなぁ、
    と思ってちょっと考えたけど、
    すぐに思いつかないな。

    そんなわけで、
    宇宙戦艦ヤマト」を知っている人も、
    知らない人も、
    是非「宇宙戦艦ヤマト2199」をご覧になってくださいな。

    いや、知らない人よりは、
    知っていて見たことがある人で、
    まだ見ていない人の方が良いな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF 宇宙 ミリタリー 小野大輔 桑島法子 千葉繁 久川綾 田中理恵 佐藤利奈 山寺宏一

    有頂天家族 【アニメ】

    バンダイチャンネルで、
    見られたので、
    タイトルにつられてみてしまった作品。

    なので、
    まさか狸が主人公だとは知りませんでした。

    ついでに、
    アニメオリジナルかと思ったら原作小説があったとは。

    さて、
    物語の舞台は京都。

    この作品を見て京都に行きたくなったので、
    ある意味、
    その部分は成功かと。

    京都に住む狸たち。

    実は、
    人間に化けて生活していたりします。

    そして、
    狸社会の頭領を決める集まりが近々あり、
    主人公の父親は、
    前回の頭領だったのですが、
    狸鍋にされて死んでしまいました。

    その次の頭領は、
    いったい誰が、
    と言うのがメインのお話し。

    ですが、
    それは最後の方になるまで、
    それほどメインではなく、
    京都に住む狸たちの話がほとんどです。

    はじめは、
    何だかなぁ、
    と思いながら見ていたのですが、
    途中からは、
    とても楽しく見られましたね。

    話が良かったこともあって、
    京都に行きたいと思ったのも確かかな。

    まっ、
    この作品を見なくても京都は好きなので、
    機会があれば、
    また行きたいとはいつも思っているのですけど。

    そんなわけで、
    興味があったら是非ご覧になってくださいな。

    思っていた以上に良かったですよ。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : ハートフル コメディ ファンタジー 櫻井孝宏 中原麻衣 能登麻美子 井上喜久子 飛田展男

    ウィッチハンターロビン 【アニメ】

    さて「ウィッチハンターロビン」です。

    内容は、
    タイトル通り、
    ウィッチを狩るロビンのお話しです。

    と言っても、
    ウィッチを狩るのは、
    前半だけ。

    後半は、
    ウィッチとして駆られる立場になったりします。

    全26話ですが、
    前半、後半と明確に物語が変化します。

    ウィッチと言っても魔女ではないです。

    まぁ、魔女のような力を持った者という意味くらいはあるのかもしれませんけど。

    人の力とは異なる力を持つ者がいて、
    それが反社会的であったりするので、
    そいつらを狩る組織ソロモンが世界中にあります。

    主人公であるロビンは、
    第1話で、ソロモン本部から日本に派遣されて来て、
    そうそうに事件に巻き込まれていきます。

    ソロモンに所属する人間は、
    普通の人間で、
    オルボという薬を使ってウィッチの能力を打ち消し、
    その薬が効いている間に捕獲とかするというお仕事。

    そして、ロビンは、
    ウィッチのような能力を持っていて、
    オルボを使わなくてもウィッチ対等に戦えるという人間。

    まっ、これが、
    後半になって立場が逆転する展開になるわけですね。

    物語的には、特に目を引くところとか、
    凄く良いところと買ってあまり感じなかったのですが、
    世界観とか、雰囲気は良い作品でしたね。

    結構、アチキ的には気に入っています。

    ただ、何かもう一つ足りないって感じで。

    それがなんなのかは、
    ピンときていませんが、
    その何かがあれば、
    もっと面白くなっていたことでしょう。

    興味があったら見ても良い作品だと思いますよ。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。








    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF アクション 動画 渡辺明乃 氷上恭子

    ウィッチブレイド 【アニメ】

    原作がアメコミの日本のアニメ「ウィッチブレイド」です。

    原作のアメコミは、
    二冊ほど読んだことがあるのですが、
    アニメ「ウィッチブレイド」を観ていて、
    読んだことがあるアメコミの「ウィッチブレイド」が原作だとは分かりませんでした。

    後になって、
    一応アメコミが原作なのだと知ったって感じです。

    武器というか、生体アーマーとでもいうべきか、
    その設定だけ原作からお借りして新たに作り上げたアニメが「ウィッチブレイド」です。

    東京が崩壊して、
    それも昔のこととして人々が生活している世界。

    その東京へ一組の親子がやってきます。

    天羽雅音と天羽梨穂子の母娘です。

    そして、母親である天羽雅音には、
    ウィッチブレイドが装着されているのですが、
    はじめはそれが何か分からない状況で発動します。

    そのウィッチブレイドを巡って、
    色んな人や事件が起きていくといった展開。

    天羽雅音と天羽梨穂子の母娘が実に良いのですが、
    あまりにも良い関係なので、
    ラストがハッピーエンドでないのが実に残念です。

    もうホント、この物語で最大の不満ですよ。

    なんでハッピーエンドにしなかったのかなぁ。

    それまでにも色々とあるのですが、
    最後がハッピーなら全て報われる感じだったのに。

    といった感じで、
    ウィッチブレイドの戦闘シーンとか、
    見所もいっぱいあって良かったのですが、
    親子の絆もしっかりと描かれていたのですが、、、、う~ん、
    ハッピーエンドはチープだとでも思ったのかなぁ。

    とは言え、
    ラストまでの盛り上がりも良くてね、
    どうなるんだぁ、
    なんて思いながら観ていたのですが、、、、う~ん、
    寂しい終わり方でした。

    出来過ぎでも予定調和でも凡策といわれようと、
    ハッピーエンドというのは、
    一番素素晴らしい終わり方なんですよ。

    といったわけで、
    今度は是非、
    アメコミの「ウィッチブレイド」をアニメ化して欲しいですねぇ。

    そっちは親子の絆とか関係ないから別にハッピーエンドじゃなくても良いですよ。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。








    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF アクション ちょいエロ 動画 能登麻美子 神田朱未 小山力也 水樹奈々 玉川紗己子 園崎未恵

    宇宙ショーへようこそ 【アニメ:映画】

    タイトルとイメージビジュアルだけは知っていて、
    中身がどんな内容なのかは、
    さっぱり分からないで見た「宇宙ショーへようこそ」です。

    まぁ、いつもB級映画とか、
    B級映画にも限らないけど、
    レンタルして見るほとんどの映画作品はそんな感じなので、
    あまり気にならないけどね。

    何の予備知識とか、
    先入観とかない方が、
    楽しく見られることが多いからね。

    と言う事で「宇宙ショーへようこそ」です。

    アチキの観る前のイメージは、
    「時をかける少女」とか「サマーウォーズ」みたいな感じなんだろう、な、と。

    で、観終わってみると、
    それほどそのイメージとずれてはいなかったかな、と。

    残念ながら「時をかける少女」「サマーウォーズ」のようなおもしろさとか感動はなかったけど、
    結構、面白かったです。

    物語は、
    田舎の小学生五人組が、
    夏休みの子供だけの合宿と言うことで、
    小学校に泊まる所から始まります。

    そこで、
    姿形が犬の宇宙人ポチと出会い、
    助けてもらったお礼にポチが、
    宇宙旅行として、
    月まで連れて行ってくれます。

    その月ですが、
    地球からは見えない月の裏側が、
    宇宙人たちの街になってい、
    色んな宇宙人たちが生活していたのです。

    ちょっとだけ宇宙を見学に来たつもりのポチと五人の小学生ですが、
    あることにより月と地球の交通が遮断されてしまいます。

    合宿が終わるまでに地球に帰らないと大変なことになるので、
    何とかして地球に変える方法を模索するポチと五人の小学生

    その結果、急がば回れ、
    と言う事で、
    他の星の地球直行便なら問題ないと言うことで、
    ポチの生まれ故郷に行くことに。

    でも旅費が足らずに月の街でバイトをする五人。

    なんとかポチの星に辿り着くも、、、、、。

    はたして五人の小学生たちは無事に地球に帰れるのか。

    といった感じで、
    宇宙を冒険する小学生五人の物語というわけです。

    ちなみに「宇宙ショー」というイベントがあって、
    それが重要な役割になっています。

    五人の小学生のそれぞれの思いが、
    異国の地で悩み解決されていく様子が丁寧に描かれています。

    もちろん、アクションシーンも満載。

    犬型宇宙人のポチが、
    大学の教授で、
    インディ・ジョーンズのような人物なんですよ。

    ちょっとぼけてますが。

    らすとも良い感じで終わっているしね。

    ファミリーで観て楽しめる映画ですよ。

    宇宙でSFチックな感じですけど、
    SF色よりは、
    ファンタジー色の方が強いかな。

    宇宙人のデザインとかもどちらかというとファンシーだし。

    アチキとしては、もう少しハードなSF的要素が欲しかったけど、
    これはこれで良いか、と。

    基本は、五人の小学生の成長と友情、今なら絆って言う方が良いのかな、
    その中には、宇宙人の人たちも入るけど、
    そんな感じのドラマです。










    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF 宇宙 小学生 アクション 友情 動画 日高のり子 銀河万丈 雪野五月 伊藤美紀

    宇宙戦艦ヤマト 復活篇 【アニメ:映画】

    宇宙戦艦ヤマト 復活篇」ですね。

    実は、キムタクの実写版「宇宙戦艦ヤマト」と混同していて、
    宇宙戦艦ヤマト 復活篇」を知ったのは、
    実写版「宇宙戦艦ヤマト」が公開される頃なんですよ。

    何度もアニメ化の話があって、
    その都度、頓挫していたから実写になってやっと作品として作られることになったのか、
    と思っていたんですよね。

    実際、アチキの周りでも「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」の存在を知っている人はほとんど、
    いやいや、全くいませんでした。

    なので、いつ公開されたのかも知らない、
    なんて言うのは当たり前。

    と言うことで、
    レンタルして観ましたよ。

    物語は「宇宙戦艦ヤマト 完結編」のつづきとなっていましたね。

    まぁ、時代的には、
    主人公の古代進と森雪が結婚して、子供がいて、
    その子供もそれなりに大きくなっている時代です。

    そして、何度目かの地球の危機が訪れます。

    今度は、ブラックホールに飲み込まれてしまうと言う危機です。

    なので、何度目かの移民計画が行われ、
    今度は、本当に移民を開始します。

    しかし、移民船団が何者かによって襲撃され、
    その艦隊に古代雪(森雪)がいて、
    生死不明に。

    移民船団を守る最後の切り札としてヤマト登場と言うことになります。

    はなしによると、
    結末は二種類用意されていた模様です。

    アチキも観ていて、
    いよいよ地球はお終いか、この位のことはやってもらわないとなぁ、
    なんて思っていたら、
    結局、生き残ってしまいましたね。

    もう一つのエンディングでは、ブラックホールに飲み込まれて、
    三部作の最後に地球が登場という設定があったらしいです。

    そうなのです。

    この映画、第一部完なんですよね。

    興行成績も悪かったし、話題にもならなかったので、
    続編が作られるとは思えないのですが、
    出来れば、最後まで物語を作って欲しいなぁ、と。

    後、作品を観ていて思ったのが、
    最近の劇場作品なのに、
    懐かしい感じがするクオリティなんだよね。

    良くも悪くも、古くさい感じ。

    CGとかいっぱい使っているようですが、
    物語とか、戦闘シーンとか、頑張っているのでしょうけど、
    なんか、ヤマトクオリティって感じで、
    ヤマトの王道をいっている安心感はあるけど、
    新しいファンは増えないだろうなぁ、と。

    そういうことで、
    もう少し、頭の固いおじさんたちは裏方に徹して、
    若い人の「宇宙戦艦ヤマト」と言うのを観てみたいなぁ、と。

    と、言うことで、
    今度は、実写版の「宇宙戦艦ヤマト」を観ないとなぁ。










    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF 宇宙 動画 山寺宏一 茶風林 古谷徹 柚木涼香 田中敦子 伊武雅刀 山口勝平

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧









    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ












    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー