F1 2017 Round.5 スペインGP

    いよいよヨーロッパラウンドの開幕です。

    ここからが、
    ある意味本番って感じですね。

    フェルナンド・アロンソの母国でもあるので、
    マクラーレン・ホンダとしては、
    相当のプレッシャーがあったはず。

    特にホンダには。

    ビックリしたのは、
    フリー走行1回目で、
    いきなりエンジンぶっ壊れましたからね。

    決勝はまともに走れるのか、
    って感じでしたが、
    まさかの予選7番手。

    レッドブルの次に速いポジションですよ。

    でも、
    トップとは、1.8秒差ですからね。

    力の差は歴然。

    ポイント圏内でフィニッシュ出来るのか不安でしたが、
    マッサにヒットされたり、
    展開に見放されたりと、
    結果は12番手。

    まぁ、ある意味予想通りって感じでした。

    それ以上に今シーズンは、
    メルセデス1強ではなく、
    フェラーリが肩を並べてきたので、
    決勝は、とてもおもしろかったですね。

    マシンが速くなってね
    ドライバーの体力的にもきつくなっており、
    優勝したルイス・ハミルトンは、
    呼吸を見だしていましたからね。

    2位になったフェラーリのセバスチャン・ベッテルは、
    余裕の感じでしたけど。

    これから夏になって、
    接戦になっていくとドライバーの負担は大きくなって、
    ミスとかも増えてくるかもしれませんな。

    でもそうならないように、
    今回のレースできつかったドライバーは、
    よりハードなトレーニングをしていく事になるんでしょうけどね。

    さて、
    次戦は伝統のモナコGPです。

    トラブル続きで、遅いマシンに見切りを付けたフェルナンド・アロンソは、
    インディ500に出場するため欠席。

    久々のジェンソン・バトンが登場と、
    色んな意味で話題があるマクラーレン・ホンダが楽しみです。





    スポンサーサイト

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    F1 2017 Round.4 ロシアGP

    今シーズンは、
    全20戦と言う事で、
    ロシアGPで全体の1/5ですか。

    早いですね。

    さて、
    今回のロシアGPでは、
    また新しいウィナーが誕生しました。

    今までのレースを見ていたら、
    今シーズンは、
    チームメイトがトラブルでも起きない限り、
    優勝はないだろうなぁ、
    と思っていたのですが、
    優勝しましたねぇ。

    メルセデスAMGのバルテリ・ボッタス。

    チームメイトのルイス・ハミルトンは、
    予選からパッとしませんでしたね。

    決勝も全然ペースが悪くて、
    セッティングミスなのか、
    どうなのか、
    ちょっと分かりませんけど。

    なんと、
    結果は4位ですからね。

    表彰台にも上れなかったという、
    ちょっと予想外でしたね。

    アチキとしては、
    チャンピオンシップがおもしろくなるので、
    良いのですけど。

    2位は、フェラーリのセバスチャン・ベッテル。

    3位は、久々の表彰台のフェラーリのキミ・ライコネン。

    これは、
    もうメルセデスとフェラーリの2強って感じになってきましたね。

    方や、我らがホンダですが、
    信頼性すらまともに改善できていない状況。

    まっ、原因が分かっていなければ、
    改善なんか出来なくて、
    あくまで想定しての改善だからね。

    そりゃ厳しい状況にもなるさね。

    ホンダの事ではないけど、
    確か元マクラーレンのドライバーであったケビン・マグヌッセンが、
    チームが移ってからマクラーレンは、
    車体にトラブルが起きた時の原因究明に時間がかかるチームだと言っていた、

    分かってからの解決作業は早いと。

    打ったチームは、
    原因究明が早いらしかったけどね。

    そのチームは、
    ルノーなんだけど、
    ルノーは、
    シャシーもだけど、
    パワーユニットも一気にレベルを上げてきたからねぇ。

    ホンダさんも見習わないとね。

    さて、
    次はスペインGPです。

    フェルナンド・アロンソの地元ですからね。

    最低限トラブルだけは、
    無しにしたいとダメですね。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    F1 2017 Round.3 バーレーンGP

    もう第三戦なんですね。

    暑い国のナイトレースです。

    ここに来て、
    メルセデスGPの強さが、盤石ではない感じになってきました。

    でもまだシーズンは始まったばかり。

    優勝は、
    フェラーリのセバスチャン・ベッテル。

    アチキとしては、
    メルセデスGPのボッタスに勝たせてあげたかったなぁ、と。

    ポールポジションを取って、
    トップでリードラップを重ねていた前半は、
    順調だったんですけどね。

    温度の高い路面に、
    メルセデス勢は、
    ちょっと苦労している感じでした。

    ハミルトンがトップだったらレースペースをコントロールして、
    タイヤのマネジメントもしっかりやって、
    優勝していたかもしれませんけど。

    まぁ、
    シーズンのチャンピオン争いを考えると、
    フェラーリが優勝で良かったのかも。

    それよりも深刻なのは、
    マクラーレン・ホンダですね。

    フェルナンド・アロンソが、
    伝統あるモナコGPを欠席してまで、
    インディ500に参戦すると言う事が発表されて、
    事態の深刻さが鮮明になりました。

    予選、決勝とトラブルに見舞われ、
    完走すら出来ない。

    バンドーンに到っては、
    決勝グリッドに並ぶことなくリタイヤ。

    次の開催までに問題を解決できないと、
    ダメダメですね。

    とは言え、
    次のグランプリまで2週間。

    実質、1週間ちょっとしかないわけで、
    今のホンダには、
    この短期間で問題解決できるとは思えない状況です。

    とは言え、
    まったく期待していないかというと、
    そうではないので、
    次のグランプリを楽しみ待ちたいと思います。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    F1 2017 Round.2 中国GP

    さて第2戦ですね。

    今シーズン初のパーマネントサーキットになります。

    いわゆる特設サーキットではなく、
    定常的に存在するサーキットですね。

    一般的にみんながイメージしているサーキットと言う事です。

    ここで、
    また一つ、今年のマシンの力が見えてくると言う事ですね。

    レース前は、
    メルセデスとフェラーリの力の差がどの位なのかに注目され、
    この差は、
    ほとんど無いと言っても良い感じでしたね。

    まぁ、わずかにメルセデスが上かな、
    と言ったところでしょうか。

    何となく引き出しが多そうだし。

    チームの総合力も上のような気がするし。

    予選でもそのちょっとの差が、
    ポールを決めたと言ったところでしょうね。

    決勝は、
    雨予報でしたが、
    決勝前に雨は上がり、
    レースは、
    ドライコンディションに近い状況でスタート。

    まだ所々ぬれているところがあって、
    それのせいもあって、
    クラッシュしたマシンもあったりして、
    前半は、
    ドタバタな感じでしたね。

    そんな中、
    マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、
    一時、6位を走っていたりして、
    ちょっと驚きでしたね。

    結局、マシントラブルでリタイヤしましたが、
    完走していれば、
    9位や10位でフィニッシュ出来たかもしれない走りでした。

    優勝は、
    メルセデスGPのルイス・ハミルトン。

    2位には、
    フェラーリのセバスチャン・ベッテル。

    3位には、
    復活とは言えませんが、
    レッドブルのマックス・フェルスタッペンが入りました。

    次は、
    暑いバーレーンGPです。

    楽しみですね。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    F1 2017 Round.1 オーストラリアGP

    遂に2017年シーズンの開幕です。

    マシンのレギュレーションが大幅に変わりました。

    今までは、
    安全という名の元に、
    スピードを抑制させる変更ばかりでしたが、
    今回は、
    F1がF1である為にスピードを上げる為の変更になっています。

    そして、
    昨年のワールドチャンピオンがいないシーズンでもあります。

    ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグが引退して、
    おかげでシーズン終了後にドライバー移籍が色々と動きました。

    それこそ、
    引退を表明していたフェリペ・マッサが、
    引退撤回でウィリアムズに復帰。

    バルテリ・ボッタスがメルセデスに行った穴を埋めることに。

    新人ドライバーも増えて、
    まだまだ名前をキチンと覚えていません。

    他にも去年と違う所があります。

    マノーが潰れて、
    1チーム少なくなりました。

    さて、
    オフシーズンのテストの状況を見る限り、
    メルセデスの強さは盤石で、
    その後にフェラーリ、レッドブルって感じに見えました。

    そして、
    我らがホンダはというと、
    散々でしたね。

    信頼性が駄目で、
    パワーも駄目で、
    いい所が一つもないって感じです。

    さて、予選は、
    メルセデスのルイス・ハミルトンがポール。

    今シーズンも勝ちまくる予感。

    2番手には、
    なんとフェラーリのセバスチャン・ベッテル。

    さすがに、
    マシンの出来がいいのか、
    ボッタスが駄目なのか。

    ボッタスは、
    ルイスに大体コンマ3秒は常に遅れていましたね。

    マクラーレン・ホンダは、
    今年もQ3進出が一つのハードルになりそうですね。

    この後、
    どの位のスピードで開発が進むのか。

    それが問題ですな。

    それでも決勝では、
    ポイント圏内を走っていて、
    ちょっとビックリです。

    まぁ、他のチームも開幕で、
    色々と信頼性に問題を抱えていましたからね。

    それにしても、
    マシンのカラーリングがかわって、
    ハースがマクラーレンに見えたりして、
    困った感じになりました。

    早くなれないとね。

    フォース・インディアのように、
    変わった手も他にないピンク色みたいな物になってくれれば、
    見間違えることはないんだけどね。

    マクラーレン・ホンダは、
    オレンジ色になって、
    パッと見、黄色のルノーとも間違ってしまうし。

    そんなわけで、
    決勝は、
    波乱に富んだ感じでした。

    何と言っても優勝は、
    フェラーリですからね。

    今シーズンは、
    面白くなりそうです。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー