F1 2017 Round.11 ハンガリーGP

    夏休み前、最後のGPです。

    過去オールホンダで優勝したことがあるGPですね。

    今回も、
    パワーが余り必要としないサーキットで、
    3強の次にこれるはずだと言っていたグランプリです。

    ここは、
    壁のないモナコと言われるサーキットで、
    パワーの比重がすくない。

    それもあって、
    レッドブルなどは、
    優勝狙えるといき込んでいたのですが、
    予選も失敗し、
    決勝ではチームメイト同士で接触し、
    リカルドがリタイヤしてしまいました。

    さすがにフェルスタッペンも、
    チームメイトに当てては、
    言い訳できないですからね。

    いつかやってしまうと思っていましたよ。

    で、
    優勝はフェラーリのセバスチャン・ベッテルですね。

    キミ・ライコネンのおかげで、
    優勝できた感じでしたが、
    キミも相手がチームメイトなので、
    尚且つ、抜きにくいサーキットで、
    無理はせずに文句言いながらも2位でフィニッシュしましたね。

    フェラーリもチームオーダーが出ていましたが、
    メルセデスもチームオーダーが出ましたね。

    ルイス・ハミルトンにフェラーリをアタックさせる権利を与え、
    結局、抜けなかったので、
    ボッタスに順位を戻すという、
    まぁ、ボッタスを格下だと思っているので、
    懐の大きいところを見せたつもりなんでしょうけどね。

    ボッタスも一戦でも早く、
    ルイスが脅威と感じるドライバーにならないと、
    ダメでしょうね。

    さて、
    F1も長い夏休みに入ります。

    次のGP決勝は、
    8/27です。





    スポンサーサイト

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    F1 2017 Round.10 イギリスGP

    区切りの第10戦ですね。

    最近は、
    ホンダの来期がどうなるのか、
    って話題で持ちきりですね。

    本当にどうなるんでしょうかね。

    まぁ、
    夏休み明けには、
    何かしらはっきりとするんでしょうけど。

    さて、
    イギリスGPですね。

    開催前のロンドンでのイベントで、
    ルイス・ハミルトンだけが、
    ドライバーで欠席したと言うコトで、
    かなりパッシングを受けていましたね。

    さすがに母国でのイベントで、
    それも一人だけって、
    目立ってしまいますよね。

    そんなパッシングにもめげずに、
    ポール・トゥ・ウィンを決めてしまうのは、
    やはり並の神経ではないのでしょう。

    さすがに、
    ワールドチャンピオンになった男ですよ。

    ここに来て、
    メルセデスも強さを見せ始めてきたので、
    今年も、
    やはりメルセデスが、
    それもルイス・ハミルトンがチャンピオンになるのかな。

    フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、
    どこまでがんばれるのか、
    それも楽しみですね。

    今回は、
    突然のタイヤトラブルで、
    とれるポイントを少なからず落としてしまいましたけど、
    スタートでのポジションダウンも痛かったですね。

    次戦ハンガリーGPでは、
    どうなるのか。

    そこで、
    フェラーリががんばれないと、
    いよいよもってメルセデスがって事になりそうですな。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    F1 2017 Round.9 オーストリアGP

    レッドブルリンクという名前がついているサーキットでのグランプリです。

    昔はA1リンクと呼ばれていましたね。

    それを、
    レッドブルが買って、
    改修して、
    F1開催していると言うコトです。

    なので、
    当然、レッドブルは力が入っていますが、
    マクラーレン・ホンダ同様、
    レッドブルのパワーユニットであるルノーも、
    メルセデスに比べたら、
    ダメなわけで、
    幾ら車体が良くてもね、
    という感じです。

    で、
    予選では、
    メルセデスのボッタスが、
    ポールポジションですよ。

    ルイス・ハミルトンは、
    最後でまとめきれませんでしたね。

    ギアボックス交換のペナルティが決まっていたので、
    ポールはとりたかったでしょう。

    決勝は、
    スタート直後にアクシデントがあって、
    それにレッドブルのフェルスタッペンと、
    マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソが巻き込まれてリタイヤ。

    それ以外は、
    途中でハースのマグヌッセンがリタイヤしただけで、
    ある意味、波乱がなかったレースです。

    雨の予報もあったのですが、
    結局、レース中は降りませんでした。

    なので、
    ある意味、
    退屈なレースでしたね。

    でも、
    最後の最後で、
    ちょっとおもしろくなりましたが、
    結果は変わらず。

    優勝は、
    メルセデスのボッタス。

    2位にフェラーリのセバスチャン・ベッテル。

    3位に、
    レッドブルのリカルドが入って、
    ちゃんちゃんでした。

    次回は、
    イギリスGPです。

    ここは、色々と注目すべき所があるので楽しみです。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    F1 2017 Round.8 アゼルバイジャンGP

    今年で2回目を迎えるアゼルバイジャンGPです。

    市街地のレースになります。

    町並みは、
    世界遺産にもなっているほどで、
    実に画になるレースです。

    ある意味、
    モナコも含めて、
    市街地コースとしては、
    一番画になっているかもしれません。

    昨年は、
    予想に反して、
    あまり波乱の起きないレースでしたが、
    今年は、
    波乱に満ちたサバイバルレースになりました。

    近年では珍しいですよ、
    サバイバルレースは。

    何しろ、
    上位陣が、
    どんどん脱落していきましたからね。

    サバイバルレースでは、
    比較的、
    中断グループで脱落者が多くなる印象ですが、
    まさか、
    ここまで上位陣が脱落するとは思いませんでした。

    とは言え、
    上位陣でリタイヤしているのは、
    ごくわずか。

    ペナルティやトラブルで、
    順位が落ちていってという感じです。

    優勝は、
    まさかのレッドブルのリカルドだし、
    ゴール直前で2位になったのは、
    メルセデスのボッタスですが、
    一時は周回遅れになっていましたからね。

    そして、
    ゴール直前にボッタスに抜かれたのは、
    ウィリアムズの新人ストロールです。

    アチキは、
    画面で見ていて、
    もしかして気を許してアクセル踏み込んでいなかったのではないかと思ってしまうほど、
    ギリギリで抜かれましたからね。

    アレが、
    同じメルセデスのパワーユニットなら何となく分かるのですけど。

    まぁ、テレメトリーを見られるわけでもないし、
    アチキの勝手な憶測です。

    ラインも違っていたのでね。

    と言うわけで、
    マクラーレン・ホンダもまさかの入賞ですよ。

    アロンソだけですが、
    この高速サーキットで、
    パワーが劣っているマシンで入賞ですから、
    いかにサバイバルだったかというわけですな。

    さて、
    次回は、
    オーストリアGPです。

    どんなレースになるのか、
    楽しみですね。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    F1 2017 Round.7 カナダGP

    なんと言っても予選のポールポジションをルイス・ハミルトンが取ったことで、
    アイルトン・セナのポールポジション回数に並んだことで、
    アイルトン・セナが使用していたヘルメットをプレゼントされたことには、
    驚きましたね。

    今後、
    瀬名の記録に並んだドライバー全員に送ることになるんでしょうかね。

    在庫に限りがあるし。

    まぁ、
    ヘルメットばかりとは限らないと思いますけど。

    と言うコトで、
    色々と節目になっているカナダGPでしたが、
    決勝は、
    いつものように荒れ模様で、
    見ていて楽しかったですね。

    まず、
    好調フェラーリが、
    スタートでつまずいて、
    セバスチャン・ベッテルが後方からの追い上げといった感じで、
    先頭集団以外での攻防が楽しかったです。

    トップは、
    ルイス・ハミルトンの独走で、
    ほとんどテレビに映りませんでしたけど。

    フォースインディアのセルジオ・ペレスが、
    チームオーダーを無視して走り続けたところとか、
    おもしろかったですね。

    ドライバーは、
    あれくらい我が儘でないとダメだよね。

    とは言え、
    チームとしてはおもしろくないですしね。

    良いこちゃんぶって素直に譲って良いのは、
    新人の時までですよ。

    ペレスくらいのキャリアになったら、
    そりゃ、譲らないですよ。

    よほどマシンに問題を抱えていて、
    走るのがやっとという状況でもあれば別ですけどね。

    そんなわけで、
    他にも色々と見所はありましたが、
    前戦をお休みしたフェルナンド・アロンソが、
    復帰してレースをしたのですが、
    まぁ、
    今回もエンジントラブルでリタイヤですか。

    色々な噂が飛び交っていますが、
    F1に噂はつきもの。

    その部分に関しては、
    結論が出るまでは、
    噂の真偽を考えることなく、
    噂自体を楽しんでいますよ。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー