ルパン三世 【2014年製作:実写映画】

    「ルパン三世」の実写映画ですな。

    実写化としては、
    2作目になります。

    1作目は、
    キチンと観たことがないのですが、
    子供の頃にTVで放映しているのをなにげに観ていて、
    聞いたことがある登場人物の名前だなぁ、
    くらいにしか思っていなくて、
    後々になってから、
    あー、あのとき観たのが「ルパン三世」の実写映画だったのか、
    という感じでしたね。

    改めて機会があれば、
    1作目を観たいとは思っているんですけどね。

    さて、
    制作発表からキャスティングの発表と、
    公開前から色々と話題になっていた映画です。

    まっ、それだけ思い入れがある、
    ファンが多い作品だと言うことですな。

    そして、
    実写に対する不安というのもあって、
    どうなるのかなぁ、と。

    アチキとしては、
    アニメを意識せずに、
    コミカルはあまり前面に出さず、
    むしろシリアス一辺倒でも良いくらいで、
    スパイ映画みたいな感じにすれば、
    それほど違和感のない映画になるのではないかと公開前は思っていました。

    キャスティングについては、
    色々と皆さんのご意見もあると思いますが、
    峰不二子以外は、
    アチキ的には、
    それほど問題ではなかったですね。

    当初の沢尻エリカ案の方が、
    アチキ的にははまっていたような気もしますが、
    こればっかりは、
    どうしようもないですからね。

    さて、
    内容的には、
    シリアス路線でその部分は良かったと思いますよ。

    ただ、
    キャラクターの設定とか、
    キャラクターそれぞれの関係とか、
    アチキが思っている「ルパン三世」でなかったのが、
    非常に残念ですね。

    なんでアニメの設定を踏襲してこなかったのかなぁ、と。

    それこそ、
    変な設定入れずにそのまんま説明無しにキャラクター達が活躍していても良かったのではないかな、と。

    もしかして、
    権利元と設定について映画は映画でとか言われたのかな。

    キモの部分は使うのな、と。

    楽曲も許可しなかったくらいだからな。

    ある意味、
    権利元は「ルパン三世」が「ルパン三世」として成立している部分を本当の意味で良く理解しているのかも。

    もし、
    そういう製薬がなかったとしたら、
    映画を作った人たちがその部分を理解していなかったと言うことだな。

    もちろん、
    アチキの「ルパン三世」感に照らし合わせての話ですよ。

    そんなわけで、
    良い部分も悪い部分も色々ありましたが、
    全体としては、
    悪い部分の方がやはり目立ってしまったなぁ、と。

    まっ、アチキは「ルパン三世」ファンなので、
    そうでない人との意見とは違うと思いますけど。





    スポンサーサイト

    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪

    ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE 【アニメ:映画】

    TVスペシャルでコラボしたルパン三世と名探偵コナンが、
    今度は、
    映画になって登場。

    見終わった感じだと、
    TVスペシャルでも良かったかな、
    といった感じでしたけど。

    おもしろかったですよ。

    ちなみに、
    この映画だけを見るよりも、
    前回の「ルパン三世VS名探偵コナン」を見ていた方が、
    より楽しめると思います。

    物語的には、
    前作の事件の後の話になっています。

    まぁ、知らなくても楽しめるとは思いますけど。

    なんでルパン三世がこんな事をしているのか、
    と言う部分とかの動機付けが、
    前作を見ていた方がよりわかりやすいといった感じです。

    物語は、
    とある人気の外国のアーティストが日本に来日。

    しかし、
    そのアーティストが何者かに命を狙われるという脅迫状が。

    この事件にコナンたちが関わるのですが、
    そのアーティストの周りに、
    ルパン一味がチラホラしています。

    一方、
    ルパン三世は、
    峰不二子が何者かにとらわれてしまい、
    身柄を解放して欲しければ、
    ある物を盗めと脅迫されて、
    ある物を盗み出します。

    そこから事件が一つに結びついて、
    最後は、
    ルパンとコナンが共同で敵をやっつけるといった感じですか。

    犯人逮捕という感じではないですな。

    まぁ、映画ですから、
    推理よりも、
    スリルとアクションがメインになっています。

    そんなわけで、
    中々良かったので、
    きっとたぶん、
    機会があったらまた作られるんじゃないかな。

    「ルパン三世VS名探偵コナン」が。





    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 泥棒 犯罪 アクション 推理 探偵 栗田貫一 高山みなみ 小林清志 浪川大輔 沢城みゆき

    ルパン三世VS名探偵コナン 【アニメ】

    日本テレビ開局55周年と読売テレビ開局50周年の特別企画として製作されたTVスペシャル「ルパン三世VS名探偵コナン」です。

    ちなみに、
    日本テレビと読売テレビは系列局です。

    日本テレビは関東、
    読売テレビは関西、
    といった感じですね。

    で、日本テレビの看板アニメの一つが「ルパン三世」となり、
    読売テレビの看板アニメが「名探偵コナン」と言うことになります。

    えーと、
    細かい説明をこれ以上していくと、
    面倒なので、
    この辺で終了。

    さて、
    内容ですが、
    実に良くできていましたよ。

    キャラクターデザインの違いは、
    あまり気にならなかったかな。

    メイン以外のキャラクターに関しては、
    それぞれルパン三世側と名探偵コナン側に別れていましたしね。

    脚本も良くできていて、
    制約が多い「名探偵コナン」側に配慮した感じになっていました。

    「ルパン三世」は、
    制約なんて関係ないって感じの作品世界ですからね。

    逆に言うと、
    「ルパン三世」の作品世界の懐の大きさがあって初めて成立している感じの作品です。

    物語は、
    ヴェスパニア王国の王女が日本に来日。

    この王女が、
    毛利蘭にそっくりなことから、
    コナンたちは事件に巻き込まれます。

    で、
    ヴェスパニア王国には、
    世界でもここでしか採れないという鉱石を巡り、
    内政が不安定な状況。

    そこにルパンファミリーが絡むといった感じで、
    結果、コナンたちとも絡むといった流れになります。

    江戸川コナンが、
    江戸川コナンとして、
    初の海外遠征になる作品ですね。

    パスポートの問題などがどうなっているのかは、
    作品を見て確認してください。

    ちなみにルパン三世のキャスティングについては、
    旧レギュラー陣になります。

    ちょっとルパン三世のスペシャルTVアニメとの時系列が分からないのですが、
    ほぼ最後の出演になるんじゃないのかな。

    そう言うのも含めて、
    色々と見所がある作品です。

    まさか、
    この後、映画にまでなるとは思いませんでしけど。

    アチキ的には、
    どちらの作品も好きなので、
    どちらのファンの方にも楽しめる作品だと思っていますので、
    まだ何となく引っかかるものがあってみていない方は、
    是非ご覧になってくださいな。





    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 泥棒 犯罪 アクション 推理 探偵 栗田貫一 高山みなみ 小林清志 井上真樹夫 増山江威子

    警部銭形 砂の城編 【マンガ】

    実は、一つ買い忘れている巻がある「警部銭形」です。

    最新刊「警部銭形 砂の城編」です。

    一話読み切りの作品なので、
    途中が抜けていても大丈夫です。

    まっ、後で抜けた巻は買うけど。

    それにしてもこのマンガもマイナーなせいか、
    本屋で平積みになることがなくて、
    気をつけていないとこういうことが起きてしまうんですな。

    まっ、連載時に読んでいるので、
    コミックになって読み返すという感じです。

    さて、
    主人公はご存じルパン三世の宿敵でもある銭形警部。

    物語としては、
    刑事コロンボ」のように、
    殺人事件が起きる過程を見せて、
    その事件を銭形警部が解決するお話。

    とぼけているけど、
    実は頭が切れる敏腕警部なのです。

    原作マンガだと、
    とぼけている感じも少なくて、
    ハードボイルドな感じなんですけど、
    アニメのイメージで、
    コミカルな感じが強い銭形警部をうまくキャラだてしているなぁ、と。

    まさに刑事コロンボって感じです。

    今回もルパン三世を犯人に仕立て上げて殺人事件を起こす犯人たちを、
    足と頭脳と感で解決していく銭形警部。

    どこから読んでも楽しめるので、
    本屋で見かけたら是非手にとって読んでみてくださいな。

    おもしろいでっせ。




    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 犯罪 刑事 ミステリー

    警部銭形 10番街の殺人編 【マンガ】

    マンガ「警部銭形」の第2巻「10番街の殺人編」です。

    第2巻といっても話が続いているわけではなく、
    1話完結の読み切りが基本なので、
    前巻の「星屑のレクイエム編」を読んでいなくても大丈夫です。

    但し、銭形警部を知っているというのが前提にはなっていると思うけどね。

    まぁ、名前くらい知っている程度でも十分楽しめる作品ではあります。

    今回の「10番街の殺人編」に収録されている作品も、
    「ルパン三世オフィシャルマガジン」に掲載されていたものなので、
    全て読んだことがある作品ばっかりですが、
    とても面白く読ませていただきました。

    基本的には、
    刑事コロンボ」のスタイルで描かれたマンガです。

    はじめから犯人が登場して犯行が行われ、
    それが「ルパン三世」に絡めた殺人と言うことで、
    銭形警部が出張ってくるのですが、
    これはルパンの犯行ではなく、
    「この人」の犯行だと言うことを見抜いて、
    事件を解決していくというスタイル。

    今回は、バンド仲間の話と、
    弁護士仲間の話、
    それと、お医者さんの話があるのですが、
    どれも良く出来ています。

    アチキの好みで言えば、
    お医者さんのお話、弁護士のお話、バンドのお話、
    という順番かな。

    お医者さんのお話の宝石の隠し場所、
    そして、それを見つける過程。

    実に良い感じで、
    それこそ「刑事コロンボ」みたいって感じでした。

    弁護士のお話は、追い詰め方がイマイチではありましたが、
    その人間模様が良く出来ていましたね。

    女の友情の表と裏ってって感じで、
    そして犯人に対する銭形警部の非常さ。

    細かい話は、実際に読んでもらうまでのお楽しみと言うことで、
    本屋さんで見かけたら是非「警部銭形」を手にとって読んでみてください。

    おもしろいでっせ。




    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 犯罪 刑事 ミステリー

    LUPIN the Third ~峰不二子という女~ 第13話 峰不二子という女(後篇) 【アニメ】

    「LUPIN the Third ~峰不二子という女~」も遂に最終回です。

    今回も物語のネタバレしてしまうので、
    「LUPIN the Third ~峰不二子という女~」を楽しみにしている人は読まないように。

    一つ安心したのは、
    峰不二子は謎の女のままだったと言うこと。

    やっぱ、そうでないとね。

    本当にあのまま物語が進んで、
    峰不二子の過去が証されたと言うことになったら、
    アチキは、ちょっと怒っちゃったでしょうね。

    まぁ、結論から言うと、
    やっぱりそう言うことにしたのね、
    と言う安堵感ですね。

    さて、ルイス・勇・アルメイダ伯爵と対面した峰不二子。

    そこへ、ルパン三世登場。

    そこでルイス・勇・アルメイダ伯爵の謎があかされます。

    ここも、まぁ、そうだろうなぁ、
    と言った感じでした。

    そして、ルイス・勇・アルメイダ伯爵の使者として何度も登場した梟頭の人物が現れて、
    今回の一連の事件について全て証されます。

    ここでビックリなのは、
    この梟頭の男が実は女性だったと言うこと。

    今まで峰不二子の過去として登場していた少女の母親。

    それが、梟頭の正体。

    もちろん、過去に登場していた少女は峰不二子ではなく、
    第10話「死んだ街」に登場したDr.フリッツ・カイザーの娘アイシャ。

    峰不二子は、アイシャの過去を植え付けられていたというオチ。

    良かった、良かった。

    謎の女、峰不二子。

    やっぱそうじゃないとね。

    と言う事で、
    ファーストシーズンと言うのか、旧「ルパン三世」と言うのか、
    一番はじめの「ルパン三世」へとつながるようにキチンと作られている終わり方になりましたね。

    ルパン三世と次元大介はパートナーとなり、
    石川五ェ門とは、まだ出会うことなくお別れ。

    石川五ェ門と峰不二子の関係も、
    ガールフレンドと言う事で、
    女性へのトラウマは、旧「ルパン三世」でと言う事ですね。

    こうなると、
    オスカー警部補の存在が、、、いなくても良かったんじゃね。

    まぁ、女性が監督と言うことで、
    BL的な要素を出したかったのかなぁ。

    何はともあれ「LUPIN the Third ~峰不二子という女~」は、
    中々良かったですよ。

    アチキの場合、
    「ルパン三世」と言うだけで何でも許してしまうほど、
    大好きなんですけどね。



    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。








    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 泥棒 犯罪 アクション ちょいエロ 動画 栗田貫一 小林清志 浪川大輔 沢城みゆき 山寺宏一

    LUPIN the Third ~峰不二子という女~ 第12話 峰不二子という女(前篇) 【アニメ】

    「LUPIN the Third ~峰不二子という女~」第12話「峰不二子という女(前篇)」です。

    前篇です。

    第13話が後篇となり「LUPIN the Third ~峰不二子という女~」も終了と言うことですね。

    長いようで短かったですね。

    ルイス・勇・アルメイダ伯爵の元へ向かうルパン三世と次元大介。

    時を同じくして、
    銭形警部と峰不二子もルイス・勇・アルメイダ伯爵の所へ。

    アレ? 石川五ェ門は、、、、。

    なんと、ルイス・勇・アルメイダ伯爵の部下たちに捕らわれていました。

    前篇なので、
    なんか凄く中途半端な感じで終わります。

    何か新しい峰不二子に関する事実が明らかになるわけでもないし、
    新しいキャラクターが登場するわけでもありません。

    梟頭とルパン三世、次元大介との戦闘シーンが一番の山場って感じの話になっています。

    前回で死んでしまったかのようなオスカー警部補も登場するも、
    決着はつかないまま次回持ち越しです。

    最後にルイス・勇・アルメイダ伯爵と対面した峰不二子。

    さてさて、どうなってしまうのか。

    やっぱり、峰不二子が峰不二子らしくないと思ってしまう、
    オールドファンのアチキ。

    出来れば、謎の女のままにして欲しい気もしますが、
    どうなってしまうんでしょうか。

    今までの全て、うそっぴょ~ん、
    って事にはならないよなぁ。

    夢オチ、幻影、幻覚、何でも良いけど、
    そう言うオチでも今回は許してしまうな。

    謎の女、峰不二子という設定を守ってくれるならね。

    さぁ、どうなることやら。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。








    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 泥棒 犯罪 アクション ちょいエロ 動画 栗田貫一 小林清志 浪川大輔 沢城みゆき 山寺宏一

    LUPIN the Third ~峰不二子という女~ 第11話 愚か者の祭 【アニメ】

    さて今回の「LUPIN the Third ~峰不二子という女~」は、、、。

    峰不二子の事件が続発。

    派手な宝石を盗み出し、
    あまつさえルパン三世を気取ってか、
    犯行予告までする始末。

    あまりの酷さに、
    ルパン三世専任の地位を剥奪され、
    峰不二子担当に回された銭形警部。

    峰不二子が逮捕されるまでルパン三世捜査はできないいらだちの募る銭形警部。

    その思いを知ってオスカー警部補が動きます。

    と言った感じの内容は、
    表層部分のお話し。

    裏では、
    なにやら梟の影が。

    それを何となく感じてている銭形警部。

    きっとそうだろうと思っているルパン三世。

    そして、前回峰不二子を助けた石川五ェ門も不審に思い独自に行動。

    今回の主役は、オスカー警部補。

    まぁ、峰不二子を恨みに思う一人ですからね。

    オスカー警部補の過去もわかり、
    なぜ銭形警部を好きになったのかもわかります。

    肝心の峰不二子は、
    今回、ほとんど出番はありません。

    過去のトラウマに振り回されている惨めな女になっています。

    う~ん、こう言うのは、やっぱり峰不二子じゃないよなぁ。

    と思ってしまうオールドファンのアチキ。

    やっぱり峰不二子は謎の女のままが良かった。

    まぁ、それはそれとして、
    物語は、いよいよ良い感じになりそうな気配です。

    第11話「愚か者の祭」。

    いったい、誰が「愚か者」なんですかね。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。








    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 泥棒 犯罪 アクション ちょいエロ 動画 栗田貫一 小林清志 浪川大輔 沢城みゆき 山寺宏一

    LUPIN the Third ~峰不二子という女~ 第10話 死んだ街 【アニメ】

    いよいよ大詰めだなぁ、
    と言った感じの「LUPIN the Third ~峰不二子という女~」第10話「死んだ街」です。

    久しぶりルパン三世が主役です。

    アレ?

    今回の「LUPIN the Third ~峰不二子という女~」は、
    峰不二子が主役だよなぁ。

    と言う事で、
    今回の第10話「死んだ街」は、
    ルパン三世がはじめて主役として登場。

    ルパン三世と峰不二子がどうしてこう言うことになったのか、
    そして、峰不二子の幼き日のことが垣間見れるエピソードになっています。

    重要なのは、
    やはり陰の黒幕ルイス・ユ・アルメイド伯爵ですな。

    なんとルパン三世に仕事依頼しようとしている人物だったのです。

    人の依頼は受けないルパン三世。

    ただある部分では利害が一致している模様。

    そのある部分とは、
    峰不二子を奪うこと。

    峰不二子に対して以前予告状を出したルパン三世。

    それをはやく実行しろと迫る梟頭。

    大金を見せびらかすもポリシーに反するルパン三世は、
    なぜそこまでして峰不二子に固執するのか調べはじめます。

    そこに登場してきたのが、
    峰不二子の父親と名乗る存在Dr.フリッツ・カイザー。

    本当に父親なのか、過去にあった事件が祖ママ本当のことなのかは、
    分かりません。

    ただ過去のバイオハザードによって、
    一つの町を消し去ってしまったルイス・ユ・アルメイド伯爵。

    実行したのは、製薬会社だけど。

    第1話「大泥棒VS女怪盗」で登場したフロイライン・オイレ教団の話で登場した麻薬から製薬会社とルイス・ユ・アルメイド伯爵の関係を突き止め、
    それがルパン三世に繋がると睨んだ銭形警部も時を同じくして登場。

    いやー、さすが敏腕警部ですなぁ。

    はたして死の街でルパン三世が目撃したのは何か、
    う~ん、実に良い感じでしたよ。

    いよいよクライマックスに向けて、
    動き出したって感じてすなぁ。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。








    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 泥棒 犯罪 アクション ちょいエロ 動画 栗田貫一 小林清志 浪川大輔 沢城みゆき 山寺宏一

    LUPIN the Third ~峰不二子という女~ 第9話 湯けむり慕情 【アニメ】

    「湯けむり慕情」というタイトルを見ると、
    和風なので、やっぱり石川五ェ門が登場するエピソードなのかなぁ、
    なんて思って観ました。

    温泉町は、熱海がモデルなんでしょうか。

    昔の縁日ではおなじみの「蛇女」とかの見世物小屋に現れたルパン三世と次元大介。

    まだ二人は仲間というか、
    ルパン三世に仕事を誘われて一緒にいるという漢字の次元大介。

    腐れ縁的に仲間になっていくんでしょうね。

    さて、今回の獲物は、
    生きた芸術。

    女性の身体に刺青によるアートを施した女性がターゲット。

    その人生そのものが芸術であるという、
    芸術家のエゴによって作られた作品。

    それを観た峰不二子は、
    自らの過去を思い出し、
    その女性を手に入れようとします。

    だが、ルパンたちの方がちょっとばかり上手。

    ルパン三世と峰不二子の獲物争奪戦が始まります。

    その結果は、
    当然、観てからのお楽しみ。

    さて少しずつ明らかになっていく峰不二子の過去。

    どうやらルパン三世もなにやら峰不二子の過去を知っている様子。

    さすが狙った獲物についてはキチンと調べている感じ。

    そして、最後の最後に石川五ェ門登場。

    三度、峰不二子と出会った石川五ェ門とのお話は、
    次回と言うことかな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。








    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 泥棒 犯罪 アクション ちょいエロ 動画 栗田貫一 小林清志 浪川大輔 沢城みゆき 山寺宏一

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ














    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー