ルパン三世 【2014年製作:実写映画】

    「ルパン三世」の実写映画ですな。

    実写化としては、
    2作目になります。

    1作目は、
    キチンと観たことがないのですが、
    子供の頃にTVで放映しているのをなにげに観ていて、
    聞いたことがある登場人物の名前だなぁ、
    くらいにしか思っていなくて、
    後々になってから、
    あー、あのとき観たのが「ルパン三世」の実写映画だったのか、
    という感じでしたね。

    改めて機会があれば、
    1作目を観たいとは思っているんですけどね。

    さて、
    制作発表からキャスティングの発表と、
    公開前から色々と話題になっていた映画です。

    まっ、それだけ思い入れがある、
    ファンが多い作品だと言うことですな。

    そして、
    実写に対する不安というのもあって、
    どうなるのかなぁ、と。

    アチキとしては、
    アニメを意識せずに、
    コミカルはあまり前面に出さず、
    むしろシリアス一辺倒でも良いくらいで、
    スパイ映画みたいな感じにすれば、
    それほど違和感のない映画になるのではないかと公開前は思っていました。

    キャスティングについては、
    色々と皆さんのご意見もあると思いますが、
    峰不二子以外は、
    アチキ的には、
    それほど問題ではなかったですね。

    当初の沢尻エリカ案の方が、
    アチキ的にははまっていたような気もしますが、
    こればっかりは、
    どうしようもないですからね。

    さて、
    内容的には、
    シリアス路線でその部分は良かったと思いますよ。

    ただ、
    キャラクターの設定とか、
    キャラクターそれぞれの関係とか、
    アチキが思っている「ルパン三世」でなかったのが、
    非常に残念ですね。

    なんでアニメの設定を踏襲してこなかったのかなぁ、と。

    それこそ、
    変な設定入れずにそのまんま説明無しにキャラクター達が活躍していても良かったのではないかな、と。

    もしかして、
    権利元と設定について映画は映画でとか言われたのかな。

    キモの部分は使うのな、と。

    楽曲も許可しなかったくらいだからな。

    ある意味、
    権利元は「ルパン三世」が「ルパン三世」として成立している部分を本当の意味で良く理解しているのかも。

    もし、
    そういう製薬がなかったとしたら、
    映画を作った人たちがその部分を理解していなかったと言うことだな。

    もちろん、
    アチキの「ルパン三世」感に照らし合わせての話ですよ。

    そんなわけで、
    良い部分も悪い部分も色々ありましたが、
    全体としては、
    悪い部分の方がやはり目立ってしまったなぁ、と。

    まっ、アチキは「ルパン三世」ファンなので、
    そうでない人との意見とは違うと思いますけど。





    スポンサーサイト

    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪

    ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE 【アニメ:映画】

    TVスペシャルでコラボしたルパン三世と名探偵コナンが、
    今度は、
    映画になって登場。

    見終わった感じだと、
    TVスペシャルでも良かったかな、
    といった感じでしたけど。

    おもしろかったですよ。

    ちなみに、
    この映画だけを見るよりも、
    前回の「ルパン三世VS名探偵コナン」を見ていた方が、
    より楽しめると思います。

    物語的には、
    前作の事件の後の話になっています。

    まぁ、知らなくても楽しめるとは思いますけど。

    なんでルパン三世がこんな事をしているのか、
    と言う部分とかの動機付けが、
    前作を見ていた方がよりわかりやすいといった感じです。

    物語は、
    とある人気の外国のアーティストが日本に来日。

    しかし、
    そのアーティストが何者かに命を狙われるという脅迫状が。

    この事件にコナンたちが関わるのですが、
    そのアーティストの周りに、
    ルパン一味がチラホラしています。

    一方、
    ルパン三世は、
    峰不二子が何者かにとらわれてしまい、
    身柄を解放して欲しければ、
    ある物を盗めと脅迫されて、
    ある物を盗み出します。

    そこから事件が一つに結びついて、
    最後は、
    ルパンとコナンが共同で敵をやっつけるといった感じですか。

    犯人逮捕という感じではないですな。

    まぁ、映画ですから、
    推理よりも、
    スリルとアクションがメインになっています。

    そんなわけで、
    中々良かったので、
    きっとたぶん、
    機会があったらまた作られるんじゃないかな。

    「ルパン三世VS名探偵コナン」が。





    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 泥棒 犯罪 アクション 推理 探偵 栗田貫一 高山みなみ 小林清志 浪川大輔 沢城みゆき

    ルパン三世VS名探偵コナン 【アニメ】

    日本テレビ開局55周年と読売テレビ開局50周年の特別企画として製作されたTVスペシャル「ルパン三世VS名探偵コナン」です。

    ちなみに、
    日本テレビと読売テレビは系列局です。

    日本テレビは関東、
    読売テレビは関西、
    といった感じですね。

    で、日本テレビの看板アニメの一つが「ルパン三世」となり、
    読売テレビの看板アニメが「名探偵コナン」と言うことになります。

    えーと、
    細かい説明をこれ以上していくと、
    面倒なので、
    この辺で終了。

    さて、
    内容ですが、
    実に良くできていましたよ。

    キャラクターデザインの違いは、
    あまり気にならなかったかな。

    メイン以外のキャラクターに関しては、
    それぞれルパン三世側と名探偵コナン側に別れていましたしね。

    脚本も良くできていて、
    制約が多い「名探偵コナン」側に配慮した感じになっていました。

    「ルパン三世」は、
    制約なんて関係ないって感じの作品世界ですからね。

    逆に言うと、
    「ルパン三世」の作品世界の懐の大きさがあって初めて成立している感じの作品です。

    物語は、
    ヴェスパニア王国の王女が日本に来日。

    この王女が、
    毛利蘭にそっくりなことから、
    コナンたちは事件に巻き込まれます。

    で、
    ヴェスパニア王国には、
    世界でもここでしか採れないという鉱石を巡り、
    内政が不安定な状況。

    そこにルパンファミリーが絡むといった感じで、
    結果、コナンたちとも絡むといった流れになります。

    江戸川コナンが、
    江戸川コナンとして、
    初の海外遠征になる作品ですね。

    パスポートの問題などがどうなっているのかは、
    作品を見て確認してください。

    ちなみにルパン三世のキャスティングについては、
    旧レギュラー陣になります。

    ちょっとルパン三世のスペシャルTVアニメとの時系列が分からないのですが、
    ほぼ最後の出演になるんじゃないのかな。

    そう言うのも含めて、
    色々と見所がある作品です。

    まさか、
    この後、映画にまでなるとは思いませんでしけど。

    アチキ的には、
    どちらの作品も好きなので、
    どちらのファンの方にも楽しめる作品だと思っていますので、
    まだ何となく引っかかるものがあってみていない方は、
    是非ご覧になってくださいな。





    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 泥棒 犯罪 アクション 推理 探偵 栗田貫一 高山みなみ 小林清志 井上真樹夫 増山江威子

    警部銭形 砂の城編 【マンガ】

    実は、一つ買い忘れている巻がある「警部銭形」です。

    最新刊「警部銭形 砂の城編」です。

    一話読み切りの作品なので、
    途中が抜けていても大丈夫です。

    まっ、後で抜けた巻は買うけど。

    それにしてもこのマンガもマイナーなせいか、
    本屋で平積みになることがなくて、
    気をつけていないとこういうことが起きてしまうんですな。

    まっ、連載時に読んでいるので、
    コミックになって読み返すという感じです。

    さて、
    主人公はご存じルパン三世の宿敵でもある銭形警部。

    物語としては、
    刑事コロンボ」のように、
    殺人事件が起きる過程を見せて、
    その事件を銭形警部が解決するお話。

    とぼけているけど、
    実は頭が切れる敏腕警部なのです。

    原作マンガだと、
    とぼけている感じも少なくて、
    ハードボイルドな感じなんですけど、
    アニメのイメージで、
    コミカルな感じが強い銭形警部をうまくキャラだてしているなぁ、と。

    まさに刑事コロンボって感じです。

    今回もルパン三世を犯人に仕立て上げて殺人事件を起こす犯人たちを、
    足と頭脳と感で解決していく銭形警部。

    どこから読んでも楽しめるので、
    本屋で見かけたら是非手にとって読んでみてくださいな。

    おもしろいでっせ。




    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 犯罪 刑事 ミステリー

    警部銭形 10番街の殺人編 【マンガ】

    マンガ「警部銭形」の第2巻「10番街の殺人編」です。

    第2巻といっても話が続いているわけではなく、
    1話完結の読み切りが基本なので、
    前巻の「星屑のレクイエム編」を読んでいなくても大丈夫です。

    但し、銭形警部を知っているというのが前提にはなっていると思うけどね。

    まぁ、名前くらい知っている程度でも十分楽しめる作品ではあります。

    今回の「10番街の殺人編」に収録されている作品も、
    「ルパン三世オフィシャルマガジン」に掲載されていたものなので、
    全て読んだことがある作品ばっかりですが、
    とても面白く読ませていただきました。

    基本的には、
    刑事コロンボ」のスタイルで描かれたマンガです。

    はじめから犯人が登場して犯行が行われ、
    それが「ルパン三世」に絡めた殺人と言うことで、
    銭形警部が出張ってくるのですが、
    これはルパンの犯行ではなく、
    「この人」の犯行だと言うことを見抜いて、
    事件を解決していくというスタイル。

    今回は、バンド仲間の話と、
    弁護士仲間の話、
    それと、お医者さんの話があるのですが、
    どれも良く出来ています。

    アチキの好みで言えば、
    お医者さんのお話、弁護士のお話、バンドのお話、
    という順番かな。

    お医者さんのお話の宝石の隠し場所、
    そして、それを見つける過程。

    実に良い感じで、
    それこそ「刑事コロンボ」みたいって感じでした。

    弁護士のお話は、追い詰め方がイマイチではありましたが、
    その人間模様が良く出来ていましたね。

    女の友情の表と裏ってって感じで、
    そして犯人に対する銭形警部の非常さ。

    細かい話は、実際に読んでもらうまでのお楽しみと言うことで、
    本屋さんで見かけたら是非「警部銭形」を手にとって読んでみてください。

    おもしろいでっせ。




    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 犯罪 刑事 ミステリー

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー