レンタヒーローNO.1 【ドリームキャスト版】

    メガドライブで発売された名作?迷作?「レンタヒーロー」のリメイク作品です。

    アチキは、残念ながらメガドライブを持っていなかったので、
    「レンタヒーロー」は、このドリームキャスト版がはじめてのプレイ。

    何処がどう変わったかは、
    見た目が変わったとか、
    タイトルに「NO.1」がついたとかくらいしか分かりません。

    と言うわけで、
    キャッチコピーが超B級だったか、超一流のB級だっか忘れましたが、
    B級映画ファンとしては、
    押さえておかなくてはと、
    前々から思っていた作品。

    物語は、
    とある高校生が、
    ヒーロースーツを着て悪と戦うというお話し。

    なので、全体として、
    ヒーローモノのパロディが至るところにあります。

    そして、プレイヤーである主人公は、
    ヒーロースーツがレンタルと言うことで、
    レンタル代を稼ぐためにアルバイトをしたり、
    ヒーロースーツが電池で動くので、
    電池を買うためにバイトしたりと、
    正義の為だけではない活動をしなければなりません。

    とは言え、
    アルバイトも立派な社会への奉仕ということで、
    しっかり働けばヒーローとしての評価は上がります。

    何て感じで物語は結構面白くて、
    アルバイトもそこそこにストーリーを進めていったらあっという間に終わってしまいました。

    しかし、難点がないわけではないです。

    カメラ視点が任意のため、
    とある場所でジャンプを繰り返して進まなければならないところがあり、
    この任意のカメラ視点のために非常に苦労しました。

    どの位苦労したかというと、
    もう途中でその先に行くのをあきらめてしまったほど。

    後、バイトしないと駄目なようなことを書きましたが、
    はじめてのアルバイトの依頼以外、アルバイトはほとんどしなくてもお金に困ることはなかったです。

    街の中の移動も電池を消費するので変身しないで走り回ったりしていたので、
    雑魚敵との戦闘もほとんどしなかったし。

    敵との戦いは、
    アクションゲームのような感じですが、
    アチキのようなヘボゲーマーでも難なくラスボスまで倒せます。

    そんなわけで、
    壮大なストーリーを望まなければ、
    とても楽しく遊べるゲームです。

    なので、このゲームをプレイできる環境をもっている方で、
    まだ未プレイの人は是非プレイしてみてください。

    面白いですよ。





    スポンサーサイト

    テーマ : RPG
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG ACG セガ 犯罪 高校生 コメディ パロディ

    ジェット セット ラジオ 【ドリームキャスト版】

    ドリームキャストで発売されたアクションゲーム「ジェット セット ラジオ」です。

    今でこそ、一般的になったトゥーンレンダリング技術を使用して、
    独特の世界観を構築し、
    成功した作品、
    って感じですか。

    セガではマンガディメンションと呼んでいたっけかなぁ。

    表現的なビジュアルインパクもあって、
    結構、売れたと思うんですけどね。

    いまだに現行ハードで発売されたりしているし。

    と言う事で、
    「サイレントスコープ」をプレイし終わった後、
    そのままの流れでドリームキャストの名作アクションゲームでも、
    と言うわけでプレイしたのが「ジェット セット ラジオ」です。

    いやー、面白かったですよ。

    人気が出るのも分かる気がしましたね。

    街中を走り回るだけでも楽しいです。

    架空都市のトーキョーを舞台に、
    ライバルチームと戦うのが基本です。

    その戦いも街中のグラフィックを書き換えたり、
    指定の場所にグラフィックを画くことで勝敗が決まるというのが基本。

    一応、ストーリーはありますが、
    まぁ、物語がどうのこうのと言うほどのものではないです。

    グラフィックを画く行為も小さいものは、
    ボタン一つでできあがり、
    大きくなると、アナログスティックを使用して、
    コマンド入力。

    それも、一回で画ききれなければ、
    書き上がるまでトライ出来て、
    尚かつ途中から画くことが出来るので、
    完成までのステップは、変わらないという親切設計。

    色んなトリックをすることで、
    ポイントを獲得したり、
    単純に攻略だけしていく遊びではないのがまた楽しいです。

    とは言え、
    難点がないわけでもないです。

    まず、一番嫌だったのが、
    ストーリーモードを進める段階で、
    ステージクリアをすると次のステージを選べるようになるのですが、
    その時、ライバル対決というのがあって、
    このライバルに勝つとプレイヤーキャラとして使えるのは良いのですが、
    中々勝てなかったりするのもいるんですよ。

    特に、アチキのようなヘボゲーマーだと。

    で、無視してストーリーモードを進めようとしても、
    ストーリーモードでゲームオーバーになと、
    またライバル対決モードへ強制的に飛ばされて、
    キャンセルして、ストーリーモードという面倒な事をしなければならないんですね。

    これが、ヘボゲーマーなアチキには、
    とってもストレスがたまりましたよ。

    ステージクリアもそんなに簡単ではないです。

    敵は出て邪魔はするし、
    指定されたグラフィックの位置を全て探さないとダメだし、
    グラフィックを画く位置も簡単な場所になかったり、
    と苦労することが多く、
    当然、ゲームオーバーも多くなるんですよねぇ。

    せめてライバル対決のモードへの移動は、任意にして欲しかった。

    ホント、何で強制なのかいまだに理解できません。

    新しい「ジェット セット ラジオ」シリーズは、
    そう言う、無駄なストレスがかかる仕様はなくなっているんだろうなぁ。

    と言うわけで、
    なんだかんだと面白かったので、
    いずれ他のハードで発売された「ジェット セット ラジオ」シリーズも遊ぶ予定ですので、
    その時には、ハッキリするでしょう。

    「ジェット セット ラジオ」は、結構お薦めですよ。










    テーマ : ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : ACG セガ 警察 動画

    Silent Scope (サイレントスコープ) 【ドリームキャスト版】

    ドリームキャストで発売されたコナミのシューティングゲーム「Silent Scope (サイレントスコープ)」です。

    元はアーケードゲームで、
    コントローラーがライフルになっている筐体で、
    スナイパー気分が味わえるゲームでしたが、
    家庭用になって、ガンコントローラーにすら対応していない、
    普通のシューティングゲームになってしまいました。

    まぁ、スコープを覗いてのゲームですから、
    ハンドガンタイプのコントローラーでは、
    興醒めになってしまうのも分かるので、
    これは致し方ないな、と。

    さて、最近RPGばかりプレイしていたからストレス発散の意味も含めて、
    「Silent Scope (サイレントスコープ)」をプレイしたのですが、
    いやー、ストーリーモードはそれほど爽快感を味わえなかったなぁ。

    アチキがへたっぴというのも大きな理由ではあるんだけどね。

    爽快感というところで言えば、
    ストーリーモード以外のモードの方があったかな。

    実際、ストーリーモードよりも他のモードの方がプレイしていた時間が長かったですよ。

    基本的にデフォルトでスコープを覗いている状態で画面を見るのですが、
    その状態だとスコープの移動速度が遅いので、
    スコープを話して移動させ、スコープを覗いてピンポイントシュートするのですが、
    アチキとしては、
    デフォルトは覗いていない方が良かったですね。

    ちなみにリロードはオートなので、
    ストーリーモードなんかは特にですが、
    ガンガン撃ちまくって敵を倒すという感じになりがちでした。

    スナイパー気分を味わえる展開もあるにはあるのですが、
    すべの場面でそれを味わえるようになるには、
    アチキのへっぽこの腕では無理だと思いましたね。

    とは言え、値段分は楽しませて頂きました。

    「Silent Scope (サイレントスコープ)」は、
    プレイステーション2では、シリーズ三作品が遊べるので、
    今からプレイしたいと思う方は、
    プレイステーション2版をお薦めします。










    テーマ : ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : STG 警察 犯罪 コナミ 動画

    バイオハザード3 LAST ESCAPE(ラストエスケープ) 【ドリームキャスト版】

    「バイオハザード」シリーズの三作目。

    元はプレイステーションで発売されたのを、
    ドリームキャストへと移植。

    基本、一緒です。

    違う所と言えば、
    初めから「THE MERCENARIES」が遊べることかな。

    と言う事は、
    初めから頑張れば弾無制限の強力な武器が使用できる状態でゲームが遊べてしまうと言うことです。

    さて、
    内容は、一応知らない人のために書いておくと、
    「バイオハザード2」で舞台になったラクーンシティから逃げ出す物語です。

    主人公は、ジル・バレンタインです。

    ゲーム「バイオハザード」1作目の主人公の一人ですね。

    基本的に、ジル・バレンタインでプレイします。

    途中で、カルロス・オリヴェイラという傭兵部隊の伍長でプレイすることになりますが、
    全体から見れば、ほんの少しです。

    で、ゲームとしては、
    街からの脱出に主眼を置いていますが、
    それ以上に、
    「すたぁぁぁずぅぅぅ」と良いながら追いかけてくるモンスターからも逃げることになります。

    初めの頃の貧弱な武器しかない頃は、
    一応、追跡を振り切るためにやっつけることが出来るのですが、
    そんなことすら出来ない状態で、
    必死に逃げ回っていましたね。

    二週目に、弾無制限のロケットランチャーを購入してプレイしてみたのですが、
    いやー、最初の頃の緊張が全くなくなってしまいました。

    あっちゅうまにやっつけられるんだもんね。

    初めのプレイの緊張が懐かしくなるのと同時に、
    この殺戮パターンも実に痛快で楽しかったですね。

    ボリューム的には、
    あっという間という感じでしたね。

    あぁ!、ドリームキャスト版は、
    主人公ジル・バレンタインの衣装が最初っから選べます。

    でも、ムービーシーンには、反映されないので、
    違う衣装でプレイすると、
    ムービーシーンで、ちょっと興醒めしちゃったりするんだよね。

    それと、基本的にプレイステーションのモデリングデータなので、
    テクスチャーとかの表示はキレイですが、
    モデリングは、ドリームキャストらしくない出来になっています。

    とはいえ、これほど、
    「バイオハザード」のプレイヤーキャラクターを操作するのに苦労したのははじめてですね。

    今までは、必死になって逃げ回ったりとかしたことないから、
    多少上手く操作できなくても気にならなかったんだけど、
    今回は、上手くできないとやられてしまうから、
    ちょっときつかったです。

    でも十分楽しめる作品ですよ。

    まだプレイしたことがない人は、
    是非プレイしてくださいな。

    今プレイしても十分いけてますから。

    アチキもつい最近プレイしたばっかりですからね。










    テーマ : ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : ACG ホラー ゾンビ ミリタリー 動画 カプコン

    バイオハザード2 Value Plus 【ドリームキャスト版】

    さて、つい最近プレイし終わったばかりです。

    バイオハザードシリーズの中でも評判の良い「バイオハザード2」です。

    相変わらず、
    アチキは天の邪鬼なのか、
    プレイステーション版ではなくドリームキャスト版でプレイしました。

    基本的なモデリングなどはプレイステーション版と変わりませんが、
    表示能力の差で、プレイステーション版よりも綺麗でしたね。

    きっとプレイステーション版の移植と言うよりもWindows版の移植なのでしょう。

    と言う事で、
    ドリームキャスト版「バイオハザード2 Value Plus」ですが、
    面白かったです。

    ゲームの内容は、レオン・S・ケネディを主人公にしたストーリーと、
    クレア・レッドフィールドを主人公にしたストーリーの二つがあります。

    基本的には、大きな違いはありません。

    レオン・S・ケネディでプレイすると、
    その裏でクレア・レッドフィールドがどういうふうに行動したのかをプレイするといった感じで、
    表面、裏面という構成になっており、
    これが二人分用意されていて、
    全部で4ストーリーある感じです。

    謎解きとかは、若干違いがあるものの基本的には同じなので、
    二人目の主人公をプレイするときは、
    ちょっと緊張感に欠けるのは否めないですね。

    そして、ドリームキャスト版の良いところは、
    はじめからアレンジモードでビギナー向けのモードあるのがいいですね。

    表裏、表裏とプレイした後、
    ビギナーモードをちょっとプレイしてみたのですが、
    はじめから強力な武器が弾無制限で使用できるので、
    こいつは、アクションゲームとか苦手な人とかビギナーには良い感じですね。

    ノーマルでプレイした後なので余計に感じるのか、
    アチキにはちょっと緊張感なさ過ぎで味気なく感じましたけど、
    物語なんかを楽しみたい人にはいい感じではないでしょうか。

    そんな感じで、
    評価が高いのはわかりますね。

    ゲーム的にも物語的にも十分楽しめました。

    この「バイオハザード2」もビジュアル等を今の技術でアップしたリメイクを作って欲しいなぁ、
    と思いましたね。

    まだプレイしたことがない人は、
    どのハードの「バイオハザード2」でも構わないので、
    是非一度プレイしてみてください。

    これは面白いですよ。










    テーマ : バイオハザードシリーズ
    ジャンル : ゲーム

    tag : ACG AVG ホラー ゾンビ カプコン 動画

    どきどきアイドルスターシーカーRemix(リミックス) 【ドリームキャスト版】

    元は、アーケード用で、
    なんと脱衣ゲームだったらしい。

    いやー、近年アーケードに足を運んでいないので、
    まったく知りませんでした。

    近年と言ってもドリームキャストで発売されたゲームですから、
    相当昔まで近年になってしまいますなぁ。

    と言う事で、
    家庭用ですから脱衣はありません。

    アチキ、アーケードではよく脱衣麻雀プレイするんだけどねぇ。

    残念です。

    これがセガサターンの初期なら間違いなくアーケードそのままの脱衣ゲームになっていたでしょうねぇ。

    日本は、アメリカなどと違って、
    売る側(小売店)や買う側の規制が緩いので、
    レーティングが浸透しないんだよねぇ。

    だから弱者である表現者を規制するんだよ。

    本当は、表現の自由は守られていて、
    表現されたモノが誰に対して公開していいのかをキチンと決めてそれを守らせることが大切だと思うんだけどね。

    と言う事で、
    難しい話は「帰ってきたひとりよがり」らしくないので、
    ゲームの話を。

    さて、脱衣ゲームと言うことは分かっていただいた「どきどきアイドルスターシーカーRemix(リミックス)」ですが、
    何のゲームかはまだ説明していません。

    麻雀ではありません。

    でも有名なゲームシステムです。

    みなさんよくパソコンや携帯ゲームなんかで遊んでいる「マインスイーパ」が元になっています。

    なので、捜査方法さえ分かれば、
    だけでも比較的簡単に遊ぶことが出来ます。

    ゲームモードはストーリーモードと、
    パズルだけを遊ぶモードが用意されています。

    いやー、ホント、パズルゲームって中毒性高いよねぇ。

    気がつくとずぅぅとプレイしているんだよ。

    特に連鎖を決めたときの快感は溜まりませんなぁ。

    そうなんですよ、
    通常の「マインスイーパ」とはちょっと違っていてアレンジが加えられています。

    その中の一つが連鎖システム。

    慣れてくると、この連鎖を狙うようになるのですが、
    アチキはご存知のようにヘボゲーマーなので、
    タイムに余裕がある序盤でしか狙えません。

    それでも楽しいんだけどね。

    そんなわけで、
    今更ドリームキャスト本体を買ってまでこのゲームをプレイしろとは言いませんが、
    まだドリームキャストが稼働状況の方には、
    是非プレイして欲しいですね。

    見た目の「萌え」キャラから想像できないおもしろさですよ。





    テーマ : ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : PZG

    シェンムーII 【ドリームキャスト版】

    どのジャンルにも未完の大作という作品が存在する。

    作者が死んでしまったりするケースや、
    商売として成り立たなくなった場合など、
    未完である理由は様々である。

    で、セガの未完の大作として超有名な「シェンムー」ですが、
    これは明らかに商売として成り立たなかったからです。

    実際、「シェンムー 一章 横須賀」をプレイしたときは、
    何となく売れなかった理由がよく分かった気がしたけど、
    「シェンムーII」をプレイし終わった今、これは未完のママではいかんな、と。

    もうドリームキャストというハードの問題とかもあったかもしれないが、
    「シェンムー 一章 横須賀」を発売したことが間違っている。

    少なくとも「シェンムーII」の内容までを一作目として発売していたらもう少し違ったユーザーの反応も見れたのではないかな。

    それほど「シェンムーII」は良くできていました。

    まぁ、多少の不満は存在しますが、
    そんなことは些細なことと割り切れるし、
    それよりも続きが観たくなりますよ。

    実際、「シェンムー 一章 横須賀」では60万本売れていたわけで、
    それが「シェンムーII」では15万本ですよ。

    これは、明らかに「シェンムー 一章 横須賀」をプレイした人が、続きはもう勘弁と思ったことの表れです。

    でも、「シェンムー 一章 横須賀」がなくて、「シェンムーII」までの内容が一作目として発売されたならもっと売れたでしょうし、
    続編の待望論はもっと多くなったことでしょう。

    なので、是非アチキとしては、
    もう一度「シェンムー」を作って欲しいです。

    続きを作るのではなくて、
    次の家庭用ハードで一章からもう一回作って欲しいです。

    物語は出来ているわけだし、
    システム的な改良も必要だろうし、
    抜けた二章も楽しみたいのです。

    そうなのです。

    「シェンムーII」は、三章からスタートします。

    横須賀から船で香港に旅発った主人公芭月涼(はづきりょう)が香港に着いてからゲームはスタートします。

    このときに船から下りた親子に話しかけると、
    船で世話になったお礼を言われたりするのだが、
    当然、そんなことは知らないわけで、
    やっぱり船でのエピソードもプレイしたかったなぁ、と。

    そして、香港でまた色んな人たちと出会い、
    次に九龍に行って、そこから桂林へと旅立つことになります。

    「シェンムー」は全11章らしく、この「シェンムーII」までで6章ということです。

    と、言うことはまだ半分くらいしか物語は進んでいません。

    父親を殺された復讐のために藍帝(らんてい)を追いかける旅はまだまだ続くのです。

    そして、遂に物語の一番の目玉である「謎」が実にファンタジーな展開で花開きます。

    是非、これはプレイして欲しいですね。

    ドリームキャスト本体を買ってでもプレイして欲しいです。

    ゲームは、アクション・アドベンチャーゲームって感じです。

    アクションゲームの部分も格闘ゲーム的な部分があり、
    苦手な方にはちょっと手こずるかもしれませんが、
    クリアできないほどの難易度ではありません。

    プレイすればきっと続きがプレイしたくなるはずです。

    いつか必ず「シェンムー」が完全版となって世に出ることを楽しみに待ちましょう。

    その時には色々とプレイしやすいように改良して欲しいですけどね。










    テーマ : ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : AVG ACG 格闘 動画

    シェンムー 一章 横須賀 【ドリームキャスト版】

    ドリームキャストの色んな意味での問題作「シェンムー 一章 横須賀」です。

    ついこの間プレイしたんです。

    今、「シェンムーII」をプレイ中。

    いやー、世間的には色々と言われていますが、
    アチキがプレイした感じでは、
    そんなに酷いとは思えなかったなぁ。

    確かに、構想では全11章が存在して、
    そのうちの「一章 横須賀」のみを単体で発売するにあたって、
    予定していた内容を3倍ほどボリュームアップしたと言うことで、
    その部分の弊害はありましたね。

    何しろ物語のテンポが悪い。

    自由度の高さが売りになっていて、
    手間暇がかかっているのは分かる。

    しかし、結局はフラグを立てる作業になっていて、
    時間経過もあって、
    ヘタをすると何もしない、又は何かしても同じリアクションしかないプレイが多くなり、
    実に単調になります。

    アチキなんか、次のタイミングまでぼけーと煙草すって待っていることも多かった。

    これは、間違いなく間延びさせた弊害だよなぁ。

    それと、街の住民がただ突っ立ている訳ではなく、
    それぞれが生活しているのを演出させるためにシステムを構築して行動させているのですが、
    良く出来ている分、
    変なところが目立ってしまう結果になっていたのが残念でした。

    雨の日に家の前を掃除していたりするのよ。

    ちなみに、
    雨が降っていると街を歩く人はサンタクロースでさえ傘を差して歩いています。

    それでも当時としては、
    よくぞここまで作り込んだなぁ、
    ってかんじです。

    今では「グランド・セフト・オート」とか「The Elder Scrolls IV:オブリビオン」とか「Fallout 3」とか、
    最近では「レッド・デッド・リデンプション」とかのいわゆるオープンワールドのゲームが多く存在しますが、
    ドリームキャストで「シェンムー 一章 横須賀」が発売された頃は、
    これほどのゲームはアチキの知る限り存在しなかったです。

    何しろモブキャラの街の住民全てがフルボイスですからね。

    すごいなぁ。

    伊達に金かけていないです。

    さて、物語ですが、
    主人公芭月涼(はづきりょう)の父親が藍帝に殺されて、
    復讐するという実にシンプルな内容です。

    「シェンムー 一章 横須賀」でやることは、
    とりあえず藍帝の情報を集めて、
    次に藍帝を追いかけるため香港へ行くまでの展開です。

    その間に、ちょっとした恋バナがあり、
    バイトしたり、喧嘩したり。

    基本的には、走り回っている操作しかしないのですが、
    たまに格闘アクションがあります。

    これがまた、忘れた頃に起きるので、
    たまにやられてしまうのよね。

    それでも、直前からのやり直しなのでそんなにストレスにはなりません。

    その他にもQTE(クイック・タイマー・イベント)というのがあって、
    イベントシーンなんかに画面に表示されたボタンと同じボタンを押すというシステムがあります。

    最近では、海外のゲームでボス戦とかによく利用されていたりするのと一緒ですね。

    まぁ、昔からよくある手法です。

    といった感じで、ゲームとしてはアドベンチャーゲームで、
    ちょっとアクションゲームが入っている感じです。

    そんなわけで、今となっては目新しいところは少ないのですが、
    それでも十分楽しめました。

    残念なのは、先にも書いたように間延びしてしまっているところですね。

    そして、最大の問題はゲームが完結していないこと。

    まぁ、その部分については「シェンムーII」をプレイし終わって、
    ここで「シェンムーII」について書く時にでも語りましょうか。

    とりあえず「シェンムー 一章 横須賀」については、
    アチキの評価は高いです。

    ドリームキャストを持っていてまだプレイしたことがない方は是非プレイすることをお薦めしますね。





    テーマ : ドリームキャスト
    ジャンル : ゲーム

    tag : AVG ACG セガ 格闘

    サクラ大戦3 ~巴里は燃えているか~ 【ドリームキャスト版】

    「サクラ大戦」シリーズ第三弾「サクラ大戦3 ~巴里は燃えているか~」です。

    シリーズの中で一番評価が高い作品です。

    と言うことでプレイしました。

    「サクラ大戦」「サクラ大戦2 ~君、死にたもうことなかれ~」と続いた物語から、
    舞台と登場人物が変更になりました。

    舞台は帝都東京から華の都巴里へ。

    主人公の大神一郎は変わらず、
    大神一郎が率いる華撃団が、帝国華撃団・花組から巴里華撃団・花組へとなりました。

    大神一郎は新設された巴里華撃団・花組の隊長として戦うことに。

    ゲストで帝国華撃団・花組のメンバーも登場しますが、
    ど~んと全員が巴里に来るのではなくて、
    三回に分けてそれぞれ登場。

    一気に登場すると散漫になるから分割したと思いますが、
    なんかイマイチ盛り上がりに欠けますなぁ。

    アチキの印象としては、
    巴里華撃団・花組のメンバーは個性的ではありますが、
    帝国華撃団・花組ほどではないので、
    実に普通のキャラクターに感じました。

    イヤミがない個性って感じですか。

    だから帝国華撃団のメンバーよりも感情移入はしやすかったかな。

    ゲームはシリーズを通して細かいところで進歩はしていますが、
    基本的ベースは同じなのでシリーズを一回でもプレイしたことがあれば戸惑うことはないでしょう。

    アドベンチャーパートで物語を楽しみ、
    シミュレーションパートで戦闘を楽しむ。

    この二つで1話となり、
    全部で12話の構成になります。

    まぁ、全体的な話で言えば、
    シリーズの中で一番良い出来だというのは分かる気がします。
    (4と5はまだ未プレイのため本当に一番良い出来なのかはわかりません)

    でも、一つ不満があります。

    「サクラ大戦」「サクラ大戦2 ~君、死にたもうことなかれ~」で使用していた主題歌がインパクトありすぎで、
    「サクラ大戦3 ~巴里は燃えているか~」の主題歌が霞んでしまっていること。

    ほとんど印象に残っていません。

    これは非常に残念です。

    「サクラ大戦3 ~巴里は燃えているか~」でも印象的な主題歌があったらもっと良かったのにと思います。

    まだアチキは一人しか攻略していないので、
    他のメンバーもいずれ攻略しようと思います。

    それがいつになるのかは分かりませんけど。

    今まで「サクラ大戦」をプレイしたことがない人は、
    シリーズの一作目か、この「サクラ大戦3 ~巴里は燃えているか~」のどちらからはじめても良いかと思います。

    出来れば一作目からの方が良いのかもしれませんが、
    「サクラ大戦3 ~巴里は燃えているか~」からはじめても十分に楽しめると思います。

    ドリームキャスト版とプレイステーション2版とWindows版があるので、
    比較的だけでも遊ぶことが出来るでしょう。










    テーマ : ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : セガ AVG SLG 動画 日高のり子 島津冴子 小桜エツ子 井上喜久子 鷹森淑乃 高山みなみ

    サイキックフォース2012 【ドリームキャスト版】

    ドリームキャストの対戦格闘ゲームです。

    アーケードやプレイステーションでも発売された「サイキックフォース」の続編なります。

    とは言っても「サイキックフォース」をプレイしたことがないので、
    ストーリー的な流れはまったくわかりません。

    でも対戦格闘ゲームですからそれほど物語の重要性というのはないと思うのできにしていません。

    キャラクターのバックボーンを知っているとより楽しめるとは思いますが、
    基本は格闘ゲームとして面白いかどうかということであり、
    そこがきちんとしていないとやっぱりだめでしょう。

    「サイキックフォース2012」では、
    ストーリーモードもあり、どちらかというとキャラクターゲーム的なノリです。

    キャラクターを前面に出しているゲームの特性としては、
    プレイステーションの格闘ゲーム「闘神伝」に似ている感じですね。

    超能力バトルということで、
    基本空中戦です。

    地面はありません。

    常に浮いている状態で戦うことになります。

    攻撃もパンチ、キックといった格闘ゲームの基本的な攻撃ではなく、
    超能力による飛び道具がメインになります。

    これが中々たのしいです。

    慣れるのにちょっと時間が必要ですが、
    慣れてしまえばそんなに難しくありません。

    全キャラクターのストーリーモードを攻略できるほどですから。

    ドリームキャストのハード性能が「サイキックフォース2012」のアーケード基盤よりも性能がよかったため完全移植されているそうですが、
    アーケードでプレイしたことのないアチキにはまったくその違いとか分かりませんでした。

    アニメ調のキャラクターに違和感を感じなければ誰でも楽しめるゲームです。

    たまには違った格闘ゲームをプレイしたいとか、
    キャラクターが気に入った方とかは是非プレイしてみてください。

    ドリームキャストもまだまだ現役で遊べますよ。










    テーマ : 格闘ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : ACG 格闘 SF 超能力 動画 緑川光 氷上恭子 高山みなみ

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧









    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ












    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー