スターラスター(STAR LUSTER) 【ファミコン版】

    「スターラスター」ですよ、「スターラスター」。

    ファミコンゲームの中で、
    アチキが一番好きなタイトルかもしれません。

    そう、「ドラゴンクエスト」シリーズ以上に遊んだゲームであることは間違いないです。

    アチキは、映画が好きで、
    特に「スターウォーズ」は大好きで、
    ゲームセンターでアタリのワイヤーフレームの「スターウォーズ」ゲームが大好きで、
    そんなゲームが家でも遊べるようになればなぁ、
    と思っているときに出会ったゲームですよ。

    中古で数百円で売っているのかって帰ったんですよねぇ。

    ゲーム情報雑誌なんて読んでいなかったし、
    「スターラスター」がどんなゲームなんか知らなかったし、
    まぁ、ナムコだからパッケージがちょっと素敵だったから、
    そして、一番の理由は安かったから。

    まぁ、出会いなんてそんなもんですよ。

    劇的でロマンチックなことなんか、そうそう無いです。

    しかし、中身は実に衝撃的でした。

    パイロット視点で、
    宇宙空間で敵を撃墜する。

    疑似3Dではありましたが、
    雰囲気ばっちし。

    味方からの救援メッセージ、
    基地で修理と補給。

    敵をやっつけた後に出るメッセージ。

    はじめはレーダーの見方が分からなく、
    敵を補足することも大変だっけど、
    理解してしまえばこれほど素晴らしい3Dレーダー未だに存在しません。

    そして、長い試練の後に登場するボス。

    暗黒惑星を発見したときの驚きと喜び。

    「スターラスター」は間違いなく、
    スペースオペラとして完成されたゲームだった。

    グラフィックや演出がもっと優れたゲームは昨今いっぱいあるが、
    ファミコンでここまで作られたゲームは他にはなかったです。

    シンプルだし、
    凝った演出なんかそれこそ無い。

    それでもプレイヤーは、
    敵対勢力バッツーラの本拠地を探しだし、
    たたきつぶすため戦闘機ガイアをかって戦うパイロットになりきる事が出来る素晴らしいゲーム。

    アチキとしては、
    やはりファミコンでプレイして欲しいけど、
    コントローラ2のマイクでスターノイドが呼び出せるし。

    とはいっても本体を今でも稼働させている人はすごーく少ないし、
    オススメはプレイステーションで発売された「ナムコアンソロジー1」かな。

    グラフィックなどを強化したリメイク版もありますが、
    やはり怖じるなるが一番です。

    とは、いってもプレイステーションもちょっと手元にはないし、
    今更中古を買いたくない人は、
    ゲームキューブの「スターフォックス アサルト」に収録されているのを見つけ出して遊んで欲しいです。

    ゲームキューブのゲームならWiiでも動くしね。

    とは言っても「スターフォックス アサルト」はやりたくないし、
    その為にわざわざ「スターフォックス アサルト」を買うのはなぁ、
    と思っている方は、
    wiiのバーチャルコンソールで購入してください。

    Wiiのバーチャルコンソールで遊べるなら最初からそう書けばいいのに、
    と思っている方、
    そりゃー違いまっせ。










    スポンサーサイト

    テーマ : レトロゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : バンダイナムコ STG SF スペースオペラ 宇宙 動画

    プロ野球ファミリースタジアム

    ファミコンのゲームで所有していた数少ないゲームの一つ。

    実際、「プロ野球ファミリースタジアム」通称「ファミスタ」だけはシリーズで買っていたなぁ。

    野球ゲームイコール「ファミスタ」と言っても過言でないほど愛着もありましたねぇ。

    「燃えろ!!プロ野球」も「究極ハリキリスタジアム」も友達家では遊んだけど、
    買う気にはなれなかったなぁ。

    少ないお小遣いで買うゲームは、
    やはりお気に入りのゲームだけでしたねぇ。

    と、言うことで「ファミスタ」は実に素晴らしいゲームでした。

    プレイステーションでナムコが発売したのは、
    「ワールドスタジアムEX」通称「ワースタ」で、
    「ファミスタ」はNINTENDO64で発売された「ファミスタ64」となり、
    ファミリー向けの野球ゲームというコンセプトは長いこと続いている感じです。

    しかし、「ファミスタ64」はかなりリアル指向になってしまいましたねぇ。

    やはり第一作目は、とんでもなく楽しい。

    チーム数は11チームしかなく、
    アチキの好きなヤクルトスワローズは単独チーム(スパローズ)として存在していましたが、
    パ・リーグは統合チームになってしまいましたねぇ。

    いくつかのチームはリアルでも統合したりしているので、
    まるで予言していたみたいですねぇ。

    一人で遊んで良し、
    友達と一緒に接待しても良し、
    単純だからこそ、
    シンプルだからこそ、
    色んな遊びが出来ましたねぇ。

    まさに野球版的ゲーム。

    ファミコンで毎年のように発売されたシリーズで、
    どんどん中身も進化していきました。

    しかし、行き過ぎた進化でファミコン最後の「ファミスタ'94」は、
    基本シンプルにキャラクターもずんぐりむっくりのキャラクターになり、
    「ファミスタ」というゲームがどんなゲームなのかを開発もやっと理解した感じでしたね。

    スーパーファミコンでの「ファミスタ」はちょっとおいといて、
    ファミコンでのベスト「ファミスタ」は、
    第一作目と「プロ野球ファミリースタジアム'88」と「ファミスタ'94」かな。

    まぁ、「ファミスタ」ファンには、それぞれマイベストがあると思うので、
    あくまでも個人的に好きだったと言うだけです。

    残念ながらアチキの「ファミスタ」道は、
    「ファミスタ64」で今のところ止まっています。

    またいずれ最新の「ファミスタ」をプレイするときもあるでしょうが、
    アチキはやはりシンプルな「ファミスタ」が好きなんだよなぁ。

    リアル指向の野球ゲームももちろん好きですよ。

    でも「ファミスタ」はシンプルイズベストですよ。





    テーマ : レトロゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : SPG 野球 バンダイナムコ

    スターラスター 【ファミコン版】

    「スターラスター」は傑作です。

    ファミコンで持っていた数少ないゲームです。

    ナムコのシューティングゲームです。

    そうなんですよ。

    実は、アチキはファミコンのゲームは、
    ほとんど持っていませんでした。

    貧乏だったのもあるけど、
    (それが一番の理由かもしれないけど)
    その頃は、
    ゲーム、イコール、ゲームセンターのゲームだったから。

    当然、ゲームセンターのゲームが、
    ファミコンに移植されていたりしたけど、
    画面を見て、
    あまりのしょぼさに、
    辟易したものだ。

    と、言うことで、
    本当にファミコンのソフトは、
    持っていなかった。

    今では、考えられないって感じだけど。

    数少ないけど、
    その中でも一番と言ってもいいほど、
    お気に入りだったのが、
    ナムコの「スターラスター」だった。

    スーパーファミコンを買った後でも、
    スターラスター」は、よく遊んだ。

    3Dシューティングと、いっても疑似ですが、
    かっこよかった。

    スターウォーズまんまの世界観と言っても良い、
    シューティングゲームだった。

    クリアするのは、大変だった。

    多分に運に左右されるところもあったから。

    しかし、
    クリアしなくても楽しかった。

    何度も遊べるホント優れたゲームだった。

    今でもグラフィックさえ気にしなければ、
    十分遊べる。

    まぁ、今は「スターイクシオン」という名前で、
    プレイステーションで遊べる。

    しかし、このリメイクは、
    当時の楽しさはリメイクできなかったようだ。

    面白いけどね。

    今でもたまに引っ張り出して遊ぶし。

    スターラスター」もプレイステーションの「ナムコアンソロジー Vol.1」に収録されています。

    どっちで遊んでもらっても良い。

    ゲームが好きなら一度は手にとって欲しいです。

    傑作ですぜ「スターラスター」は。








    テーマ : レトロゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : STG 宇宙 SF バンダイナムコ スペースオペラ 動画

    ドラゴンクエスト4 導かれし者たち 【ファミコン版】

    ロト三部作が終了して、新たな展開へと進む第一歩。

    ゲームシステムよりも物語に重点を置こうと試みた試験的な作品。

    私は、結構好きなんですよ、「ドラゴンクエスト4 導かれし者たち」は。

    主人公プレーヤーでプレイする前に、
    仲間になるキャラクターでプレイするというシステムを導入。

    ワンキャラクターに一章。

    ?なんか変だな。

    ワンキャラクターにワンエピソードを与え、
    仲間キャラへの感情移入度を上げようとした作品。

    この中のキャラクターのひとり「トルネコ」は、
    独立したキャラクターとしてゲームになっています。

    この方法は、とっても良かったんですけどねぇ。

    ファミコンというハードの限界を感じずにはいられない作品でもありましたなぁ。

    結局、仲間プレイヤーを自分で動かしているときはいいんですけど、
    あとで本当の仲間になったときとのギャップが大きすぎてちょっと残念でした。

    仲間になったとたん、
    仲間と会話ができなくなってしまうのよ。

    一緒に冒険しているのに、
    さっきまではあんなに生き生きとしていたのに、
    それが、それが、
    仲間になったとたんパペット人形になってしまうんですもん。

    とほほほ。

    その点、「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち」はいいよ「7」は。

    「ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち」のシステムを踏襲して「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」を作り直してくれれば、
    世間の評価は大きくかわると思うんだよなぁ。

    そして、現在「4」だけはリプレイできないのよ、わたし。

    だって、ファミコン本体は電源抜いて押入の中だし、
    「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」のソフトもどっかいってしまったし、
    中古ソフトショップに行っても見かけないし。

    まぁ、仮に売っていても今更ファミコンのソフトは買わないと思うんだよなぁ。

    だからエニックスには、
    はやくプレイステーションでもプレイステーション2でも何でもいいから移植して欲しいのよねぇ。

    それも1~6までをすべて。

    ゲームボーイなんかに移植していないでさ。

    ドラクエは携帯ゲーム機用のソフトじゃねぇぞー。

    なんでもかんでもゲームボーイに移植すればいいってもんじゃないぞー。

    まぁ、今小学生はゲームボーイはもっていてもプレイステーションをもっているとは限らないからなぁ。

    所詮プレイステーションは大人のおもちゃなのだー。

    スーパーファミコンは国民機だったけどプレイステーションは国民機じゃないのよねぇ。

    あんなに売れているけど。

    まぁ、プレステの場合、
    良く壊れるから二割くらいの数字は買い換えした人の数だと思うけど。

    まぁ、ええ、そんなことは。

    ドラクエやドラクエ。

    「ドラゴンクエスト4 導かれし者たち」は、いいぞー。

    いまプレイできないからなおさら、いいぞー。

    三回はプレイしたのをおぼえているぞー。

    でもすっげー昔のことだから、
    細かいところはしっかり忘れているぞー。

    AIがとてもバカだったのを覚えているぞー。

    いまリニューアルして発売されたら、
    とっても新鮮な気持ちでプレイできるなぁ。

    結構、好きだったんだけどなぁ、ドラクエ4。

    「ドラゴンクエスト7 エデンの戦士たち」の制作が予想以上に長くて「4」のリニューアルまで手が回らなかったのかなぁ。

    エニックスは、
    商売下手のプロデューサーがいっぱいいるからなぁ。

    それとコレとは関係ないか。

    エニックスは、一つのハードですべてのドラクエが遊べるようにしろよー。

    じゃないと株価あがらねぇぞー。










    テーマ : レトロゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG ファンタジー スクウェア・エニックス 堀井雄二 鳥山明 すぎやまこういち 動画

    ドラゴンクエスト3 そして伝説へ… 【ファミコン版】

    ロト三部作最後の作品。

    「ドラゴンクエスト6」が出るまでは、
    ドラクエシリーズの最高傑作と思っていたんだけどなぁ。

    6はいいよ。

    シックスサイコー。

    ちなみにセブンは只今プレイ中なのでコメントは控えさせていただきます。

    ゲームとして「ドラゴンクエスト3 そして伝説へ…」は完成されていたね。

    パーティプレイに転職システムを導入。

    素晴らしい。

    この転職がゲームとしての幅を広げたね。

    素晴らしい。

    「3」の転職は、実にウィザードリィ的で、
    転職するとレベルが1に戻ってしまうんだけど、
    スキルというか能力は初期状態に戻らずに半分くらいになるというモノだったね。

    ドラクエにはウィザードリィみたいにスキルという概念がないから、
    この転職システムは実にドラクエ的で良かった。

    なんと言っても「3」は、
    前二作と比較にならないくらいゲーム的難易度が上昇した作品でもありましたなぁ。

    このゲームで、初めてはまったんです。

    ある町を発展させなければいけなかったのを、
    最初に訪れてから全然その町に行ってなくて、
    ずーと物語が進まなくて困り果てたりしたんですねぇ。

    いやー、単純なことを忘れると、
    とんでもない迷宮に入ってしまう。

    これがいかにもドラクエなんですよねぇ。

    これが他のゲームだと解答が分かっても、
    そんなの攻略本がなくちゃわからねぇよ、
    みたいなのが多く、
    事実、攻略本によって解決しているケースがほとんどなんですよね。

    某大手ゲームメーカーなんて、
    攻略本もゲームの一つと思ってゲームを作っていますからねぇ。

    なんだか、それって違うような気がするなぁ。

    アメリカ人の場合は、
    ゲームを最後まで攻略しなくても気にしないから、
    日本人がプレイするとちょーげきむずのゲームだったりするんだよね。

    こんなの誰もクリアーでないよっ。みたいなもの。

    そーなんです。

    アメリカのユーザーでも最後までしっかり攻略している人はとっても少ないケースはいっぱいあります。

    それでも、全然オーケーなんですね。

    お国柄ですねぇ。

    おっと、話がずれましたな。

    ドラクエは、絶対にそんなことはありません。

    言い切っちゃいましょう。

    根気よくやれば、絶対に誰にでもクリアーできます。

    この根気の部分が実に日本的ですなぁ。

    まさに農耕民族って感じです。

    「3」の場合は、世界地図も大きくなり、
    地上だけでなく地下の世界も登場して、
    見た目以上に大きな世界を演出していましたなぁ。

    素晴らしい。

    そんな素晴らしいファミコン版を、
    さらにグレードアップしたスーパーファミコン版の「ドラゴンクエスト3 そして伝説へ…」は、
    とーても良くできています。

    ぜひスーパーファミコン本体を買ってプレイして欲しいですなぁ。

    「ドラゴンクエスト3 そして伝説へ…」に関しては、あえてファミコン版を選ぶ必要はないかもです。

    それほど、スーパーファミコン版は良く出来ています。

    とはいえ、ファミコン版にはファミコン版の味というのがあって、
    これはやってみないと分からないでしょう。

    そして、「ドラゴンクエスト3 そして伝説へ…」から復活の呪文がなくなり、
    冒険の書というバックアップでの保存が出来るようになって、
    復活の呪文の失敗による苦労がなくなっております。

    まぁ、そんな感じなので、あえてファミコン版でなくても良いかなぁ、と。

    スーファミの1&2と、3の二本のソフトを買ってプレイしてくれても良いかも。











    テーマ : レトロゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG ファンタジー スクウェア・エニックス 堀井雄二 鳥山明 すぎやまこういち 動画

    ドラゴンクエスト2 悪霊の神々 【ファミコン版】

    「2」だよ「2」。

    ドラゴンクエストも「2」になって、大きく進歩したのよ。

    パーティ制を導入したのね。

    「1」ではひとりぼっちの冒険だったけど、
    「2」からは仲間が増えて三人でのパーティになったのです。

    サマルトリアの王子さまとムーンブルクのお姫様を従えて。

    いやー、仲間がいるって素晴らしい。

    役割分担ができるからね。

    ドラクエの作者堀井氏も言っておりました。

    「1」はロールプレイングゲームを知ってもらうためのゲーム。
    「2」は「1」でRPG楽しさを知った人に、
    今度はパーティーを組んで一緒に冒険する楽しさを知ってもらう。

    そうです。

    この目論見はまんまと当たりました。

    しっかり楽しかったです。

    ちなみに「ドラゴン&プリンセス」もパーティーを組んでのロールプレイングゲームでした。

    ちなみに、主人公よりも仲間の経験値が高いと真のエンディングへと進めないという、
    とっても素晴らしいゲームでした。

    さてさて、「ドラゴンクエスト2 悪霊の神々」。

    今でこそ有名になりましたが、ドラゴンクエストは1から3までの話をロト三部作といいます。

    そして、物語は1が一番時代的に新しくて、2、3と過去の話になっていくのです。

    だから年代的な時系列で言うと3、2、1と歴史は進んでいくんですねぇ。

    そして、2マップの中に1マップが入っているのを見たとき、
    なんだかとってもわくわくしたのを今でもおぼえています。

    物語がどんどん大きくなっていく感じがしたのよね。

    なんていうの。世界の広がりっていうの。

    いい感じじゃないですか。

    冒険。

    そんな言葉がドラゴンクエストにはよく似合う。

    「冒険」という言葉が似合うロールプレイングゲームって、
    ほとんどないよ。

    ちなみに私がプレイしたことのある「ファイナルファンタジー」のシリーズにはとっても似合わないです。

    あのゲームは昔から「冒険」とはほど遠い世界のロールプレイングゲームでしたね。

    「グランディア」は、まんま冒険でしたね。

    この話はまたいずれ。

    さてさてドラクエの話。

    「ドラゴンクエスト2 悪霊の神々」は「1」に比べて物語の深みもぐっとまして、
    とっても楽しいです。

    まぁ、仲間になるエピソードも含めて、
    物語性がぐんとアップした感じです。

    でもやっぱり「ドラゴンクエスト2 悪霊の神々」の最大の魅力は、
    仲間と一緒に冒険すること。

    世界を滅ぼそうとする魔王をやっつける英雄物語。

    素晴らしい。

    何度も書くけど、スーパーファミコンでプレイしなさい。
    (何度も書くけど本当はファミコンでプレイして欲しいです)

    ゲームボーイ版が出ているけど、
    ちゃんとスーパーファミコンでプレイしなくちゃ駄目。

    ちなみにスーパーファミコン版は1と2が一本のソフトにカップリングされているので、
    とってもいい感じです。

    ぜひぜひスーパーファミコン本体を買ってでもプレイして欲しいね。










    テーマ : レトロゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG ファンタジー スクウェア・エニックス 堀井雄二 鳥山明 すぎやまこういち 動画

    ドラゴンクエスト 【ファミコン版】

    ニッポンにロールプレイングゲームを定着させた記念すべきゲーム「ドラゴンクエスト」。

    そう。

    まさに、伝説はここから始まったのです。

    このゲームのためにうちの姉はファミコンを買いました。

    姉がプレイし終わってから私プレイしました。

    はまりましたねぇ。

    ロールプレイングゲーム初体験はドラクエじゃないんですよ、わたし。

    PC-8001で出ていた「ドラゴン&プリンセス」なんですねぇ。

    このゲームも楽しかったなぁ。

    マップを自分で作成して、一生懸命プレイしました。

    でもPC-8001で一番遊んだのは、「スタートレック」でしたね。
    こいつは、ホントに楽しかった。

    まぁ、この話はまた後日。

    さてさて「ドラゴンクエスト」です。

    何はなくとも初期ドラゴンクエストといったら「復活の呪文」。

    このネタにつきますなぁ。

    みんなこの「復活の呪文」に苦労したものです。

    一生懸命メモして、何度も確認したのに入力したとき呪文がはじかれた時のショックたるや。

    ちょーーーー哀しいです。

    ちなみに私の字が汚くて書いた本人すら読めない字のために起きるトラブルではありません。

    念のために。

    みんな同じような苦労をしているのです。

    これは、ファミコンの解像度に原因があるのでしょう「゜」「゛」がついた文字がわかりにくい。

    それ以外にも原因はあるような気はするのですが、
    たぶん濁音の誤認が一番の原因でしょう。

    まぁ、そんなこんなのドラクエですが、
    スーパーファミコン版が発売されて「復活の呪文」がなくなってとってもうれしいです。

    スーパーファミコンのドラクエ1は三回くらいプレイしましたかね。

    いまやっても面白いです。

    ロールプレイングゲームの入門編としては最適です。

    ゲーム初心者にとってもやさしいゲームです。

    ストーリーも姫さまを助け出し、魔王をやっつける。

    それもたったひとりで。

    あんなにも単純なのに、なんで面白いんだろうと、
    つくづく堀井雄二は天才だと思ってしまう。

    はじめてプレイしたときは、
    お姫さまがとらわれているダンジョンとも呼べないような地下に出てくるドラゴンがやっつけられなくて、
    レベル上げに苦労したのをおぼえています。

    内容を忘れた頃にプレイするととっても楽しいのよね。

    プレイしたことのない人は、
    ぜひスーパーファミコンを買ってプレイして欲しいなぁ。

    ゲームボーイ版は、だめ。

    あんな小さなモニターでプレイしちゃ駄目。

    特に、今まで一度もプレイしたことのない人は、
    絶対に駄目。

    テレビのブラウン管に大きく映し出されたキャラクターを操ってこそのドラクエです。

    あのドラクエのメインテーマを大音量で聞いて気分を盛り上げてからプレイしなくては、
    いけません。

    ちまちまとゲームボーイなんかでプレイして満足していたら立派な人間にはなれません。

    でも一番やって欲しいのは、
    ファミコン版ですよ。

    主人公キャラが画面中央に固定されていて、
    マップが動いて移動する奴。

    そして、復活の呪文で苦労して欲しい。

    階段だって、階段のアイコンに乗っても移動してくれないんだから。

    今はどんどん便利になってしまったからなぁ。

    ゲームをプレイする楽しみがファミコン版にはあったよ。
    (面倒なのも確かだだけどね)

    まだファミコンが現役で使える人はほとんどいないからなぁ。

    自分の持ってるゲーム機でプレイしてくれればそれでいいや。










    テーマ : レトロゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG ファンタジー スクウェア・エニックス 堀井雄二 鳥山明 すぎやまこういち 動画

    MOTHER 【ファミコン版】

    昨日のゲームネタはちょっと、いけてなかったなぁ。

    どの辺がイケてないかというと、
    お題の話があんまりなかったような気がする。

    あれ? いつものことか。

    今回は、もうちょっとライトにサラリと流してみようかなと。

    そこで、「MOTHER」です。

    糸井重里氏がプロデュースしたゲームです。

    糸井重里氏のゲーム好きはあまりにも有名です。

    さてさて、私がファミコンでプレイした数少ないゲームの一つ、
    それが「MOTHER」です。

    ファミコンでは、
    「ドラゴンクエスト」と「ファミリースタジアム」、「スターラスター」、
    そして「MOTHER」くらいですかね。

    あんまりゲームは、やらなかったです。

    と、言うよりファミコンのゲームって、
    ビジュアルがあまりにもひどくて。

    今の家庭用ゲームって、
    アーケードと遜色ないですからね。

    だから、昔は家でゲームするより外でゲームしている方だったのです。

    ゲームは、やっぱり昔から好きだったんですね。

    だいたい、風営法で規制される前は、
    24時間営業のゲームセンターってそこかしこにありましたからね。

    ゲームセンターはたまり場でしたね。

    んでもって「MOTHER」です。

    「ドラゴンクエスト」以外のRPGをプレイしたのは、
    これが初めてだったような気がします。

    いやー、おもしろかったです。

    ストーリーの話は置いといて、ゲーム的な話から。

    まず、敵は死にません。

    気絶もしくは、我に返ります。
    たしか、そういう表現で良かったような気がします。

    そして、私が「ほっほー」と思わせたのが、
    敵にやられるとライフカウンターが、
    徐々に減っていき、
    ゼロになる前に回復させると、
    どんな大ダメージでも大丈夫と言うところ。

    このシステムは、とっても気に入りました。

    さてさて、ストーリーですが、
    超能力を持った少年が仲間を集めて宇宙から来た悪者をやっつけるというお話。

    単純明快ですが、なかなか泣かせてくれます。

    そして、私が一番泣いたのが、
    最後のボスを何度やってもやっつけられなかったのには、
    正直コントローラーを投げつけたくなりました。

    結局、友人にどうやって倒すのか聞いてしまいました。

    まさか、同じ事を何度もやらなければならないとは、
    短気な私には、
    とても思いつきませんでした。

    困った困った。

    しかし、知ってしまうと、あっけなく宇宙に帰っていくインベーダーは、
    あまりにも簡潔すぎてとっても物足りない思いで終わってしまいました。

    結局、キムタクのCMで有名になった続編が出るまで、
    その思いは消えることなく続いていくのでした。

    ちゃんちゃん。

    しかし、いつになったら「MOTHER3」は出るんでしょうね。

    ゲームキューブが出る前には、発売して欲しいよなぁ。

    64DDには、結構期待していたのに、
    結局マスクROMでの発売に切り替えるなんてアナウンスが流れるし。

    あぁぁ、どうなるのか「MOTHER3」。
    本当に出るのか、「MOTHER3」って感じですね。










    テーマ : レトロゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : RPG 日常 超能力 任天堂 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ














    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー