地下室 【2009年製作:映画】

    これまた日本映画ですね。

    もしかしたらVシネ系かもしれませんが。

    そこは、
    よく分からないです。

    でも、
    この前も邦画のネタを出しましたが、
    リスト順に書いているので、
    レンタルの予約をした時は、
    邦画が見たいなぁ、
    という気分でかりて見たんでしょうね。

    それも、
    今回もお目当ては、
    というと大げさですけど、
    主演の中島史恵なんだろうなぁ、と。

    さて、
    物語ですが、
    タイトルから想像すると、
    ホラー系か、
    エロ系か、
    みたいな感じですが、
    どちらかというと、
    エロ系ですな。

    但し、
    中島史恵主演ですので、
    あからさまなエロではないですし、
    想像していたのとは違う展開の物ですね。

    どう違うかというと、
    解説なんかを読まずに、
    どんな物なのかを想像すると、
    地下室に監禁される中島史恵ってのを想像するわけですが、
    そうではないです。

    監禁するのは、
    中島史恵なんですね。

    イケメンを監禁して、
    って展開です。

    そういう意味では、
    予想を裏切っていたので、
    何しろまともに解説なんて読んでいないし、
    借りようとした時は、
    読んでいたかもしれませんが、
    届いた時には、
    すっかり忘れていますから、
    へぇ~、って感じで、
    思ったよりは楽しめました。

    でも、
    あくまでも思っていたよりは、
    です。

    やはり、
    なんだかんだで、
    物語がおもしろいからお勧めってわけでは無い感じですね。

    中島史恵のファンの方くらいかな、
    お勧めできるのは。





    スポンサーサイト

    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 恋愛

    艶剣客2 ~くノ一・色洗脳~ 【映画】

    「艶剣客」シリーズの続編です。

    続編が出たって事は、
    一作目は、
    商売的にうまくいったんでしょうね。

    ちょっとビックリですね。

    まぁ、いわゆるVシネマ系は、
    ヤクザモノか、くノ一モノかってくらい、
    ある特定のジャンルは好まれますからね。

    あー、ギャンブルモノもあるか。

    どちらにせよ、
    男臭いか、
    エロっちいか、
    と言う事ですから、
    その例にこの作品も入って言えば入りますか。

    原作の小説も人気ありましたしね。

    と言うわけで、
    続編です。

    ある意味、キチンと前作からの続きになっています。

    主演の女優さんも一緒です。

    この手のモノって、
    主演の女優さんが平気で変わったりするんですけどね。

    相変わらず、
    中途半端なエロと、
    中途半端な物語で、
    少々残念。

    しかし、
    この手の作品は、
    いわゆるB級作品な訳で、
    こういうモンだと思って見ているからそれほど不満ではないです。

    なので、
    レンタルして観ている分には、
    もちろん分かった上で見ている分には、
    十分OKです。

    この作品がそうなのかはわかりませんが、
    若い監督さんや若い脚本家さんなど、
    若手の修行の場とは言いませんが、
    作品づくりの場としてもっと活用されて、
    評価されるようになると良いなぁ、
    と思いますね。

    だからアチキも基本的には、
    真剣に、
    と言うと語弊はありますが、
    キチンと見るようにはしています。

    何か光るモノが作品の中にあるかもしれないじゃないですか。

    と言うわけで、
    興味があったらレンタルして見てくださいな。

    前作から見る必要性は、
    続編ではありますが、
    どっちでも良いかな。





    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : エロス 時代劇 アクション

    艶剣客 ~くの一 媚薬責め~ 【映画】

    映画としていますが、
    いわゆるビデオシネマというヤツですな。

    なので、
    劇場では公開していないという、
    ビデオセル(レンタル含む)の作品と言うことです。

    まぁ、中には、
    レイトショウとか、
    単館などで劇場公開を短期的にして、
    劇場公開作品として出すケースもありますが、
    この作品がそうなのかは、
    調べていないので知りません。

    さて、
    いわゆるエロ系の作品です。

    主演の女優もAV女優ですしね。

    それが悪いと言っているのではないですよ。

    お色気がメインだから、
    中々、普通の女優さんでは難しいと言う事です。

    それも金をかけられない作品ですから尚更です。

    原作は、
    官能時代劇小説です。

    実は、
    その小説を読んだことがあるんですよね。

    表紙を描いているイラストレーターさんともちょっと仕事で絡んだりもして。

    そんなわけで、
    映像作品になったと言うことで、
    機会があったら観てみようと思って今回見ました。

    原作の小説の内容は、
    しっかりとほとんど忘れているので、
    どの位忠実なのかはわかりません。

    お色気もAVではないので、
    そこそこです。

    物語がおもしろいかというと、
    う~ん、微妙。

    一応、最後まで見ましたけど、
    主演の女優さんのファンとか、
    原作を読んだことがある人が、
    興味本位で見るという感じで、
    それ以外の人にお勧めできるかというと、
    ちょっと難しいですね。

    そんなわけで、
    興味がある方はレンタルでもして見てくださいな。





    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : エロス 時代劇 アクション

    トーキング・ヘッド 【1992年製作:映画】

    押井守監督作品の実写映画です。

    まぁ、今まで数々の押井守監督の実写映画を見てきましたが、
    どれも一般の方にお勧めできような作品は、
    良くも悪くもほとんどありませんでしたね。

    と言うわけで、
    この映画が一般の方にお勧めできるものかどうか、
    それは、
    やっぱりちょっと厳しいよねぇ。

    でも、
    これが押井守作品なんだろうなぁ。

    というわけで、
    内容ですが、
    ある長編アニメの製作で、
    公開まで一ヶ月というところで、
    ほとんど出来ておらず、
    監督が失踪。

    そこへ、
    とりあえず、
    何が何でも完成させる演出家に白羽の矢が立ちます。

    これが主人公。

    しかし、
    引き受けたのはいいが、
    いったいこのアニメは、
    どんな作品となるつもりでいたのか、
    全く分からず、
    まずはそれを知らないと形に出来ないと、
    色々と動きます。

    はたして、
    作品は完成するのでしょうか。

    と言ったわけで、
    内容のの説明をそのままシンプルに映画になっていたいたら、
    良くも悪くも一般の方が見ても、
    それなりに理解して楽しめる作品になったかもしれませんな。

    あくまでも想像ですから、
    本当におもしろいかなんて分かりません。

    予告編を見て妄想を膨らませて、
    きっとおもしろいと思ったのと同じ感覚かもしれません。

    いや、同じ感覚でしょう。

    なので、
    これは押井守監督ファンしか見てはいけない作品です。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ コメディ サスペンス 押井守 河森正治 千葉繁 田中真弓 兵藤まこ 玄田哲章 山寺宏一

    テルマエ・ロマエII 【2014年製作:映画】

    前作が思った体よりも良かったので、
    続編も期待してみました。

    前半は、
    前作同様、
    原題の風呂などのシステムや技術にカルチャーショックを受ける話になります。

    このネタは、
    新技術が出てこない限り、
    早々にネタ切れになりそうな感じですな。

    文化の違いとかもネタにはしていますが、
    それこそ限りがあるので。

    後半は、
    現代人がローマに行っての話という展開も前作同様です。

    ある意味、
    続編ではありますが、
    同じ事をしている内容になっています。

    ネタに救われているといった感じですか。

    それが悪いわけではなく、
    アチキも楽しませてもらいました。

    だから、
    ネタ次第で続きがどうなるのか、
    と言う話な分けです。

    この続編もヒットはしているので、
    きっと続編の話は出てくると思うんですよね。

    その時に、
    どんな話にするのか。

    興味があります。

    と言うわけで、
    前作を見た人でおもしろいと思った人は、
    たぶん観ていると思うけど、
    まだ「テルマエ・ロマエ」自体を見たことがない人は、
    やはり前作から見て欲しいですな。










    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : コメディ 時代劇 タイムトラベル 動画 阿部寛 上戸彩 竹内力

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー