ダンジョン飯 5巻 【マンガ】

    人気が出て、
    物語を伸ばそうとしているのか、
    段々、本来の、
    と言うか、
    当初の「ダンジョン飯」ではなくなってきましたね。

    あくまでもアチキの個人的な見解ですが、
    3、4巻当たりから軌道修正を入れて、
    今回の5巻では、
    ストーリー重視の展開の布石が終わったって感じですな。

    きっと修正されたであろう物語の展開も悪くはないです。

    でも、
    当初の良さは半減したのも事実ですな。

    さて、
    ここからは、
    ちょっとネタバレになりますので、
    気になる方は、
    読まないように。

    せっかく助け出しだした妹が、
    再び行方不明になります。

    当然、
    すぐにでも探そうと言う事になりますが、
    どうもダンジョンの様子がおかしい。

    何かがダンジョンに起きている。

    そこで、
    一旦、地上に戻って体勢を立て直してから、
    再び妹を捜そうと言う事になるのですが、、、。

    さてさてどうなるのですかね。

    続きは、
    次の巻までのお楽しみですね。

    登場人物も多くなってきましたし。

    どんな展開になることやら。





    スポンサーサイト

    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ グルメ ファンタジー 冒険

    鉄子の旅 3代目 【マンガ】

    久々に「鉄子の旅」のタイトルを見ましたね。

    「鉄子の旅」の2代目は、
    1巻しか読んでいなくて、
    続きは買ってもいなかったのですが、
    「鉄子の旅 3代目」は、
    作者も変わったので、
    どんなもんかと、
    買って読みましたよ。

    漫画家は変わっても横見浩彦氏は、
    変わらないですけどね。

    なんだかんだと、
    旅や鉄道の部分がおもしろいと言うよりも、
    横見浩彦氏がおもしろいというのが、
    このマンガの特徴なわけですよ。

    その部分から言うと、
    横見浩彦氏のキャラクターになれてしまっている部分はあるものの、
    3代目は、
    思っていたよりもおもしろかったです。

    まぁ、初代に近い感じではあるかな。

    なので、
    次の巻も買って読んで見ようとは思っていますよ。

    どこまで、
    マンガとしてのおもしろさを出していけるのか楽しみです。

    やはり「鉄子の旅」は、
    マンガであり、
    ルポルタージュではないと思っているので。

    実際の旅とかをネタにはしているけど、
    その見せ方は、
    やはりマンガという部分を大切にして欲しいなぁ、と。

    大げさなくらいがちょうど良いって事ですかね。

    展開とオチも大切かな。

    偉そうなことを書きましたが、
    続きが楽しみなのは本当で、
    アチキとしては、
    そういう部分が良ければ、
    初代のように最後まで楽しくつきあうことが出来るかなぁ、と。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 横見浩彦 鉄道 日常 オタク コメディ

    ダンジョン飯 4巻 【マンガ】

    気がつけば、
    4巻が出ていましたね。

    と言いたいところですが、
    会社の先輩から、
    4巻でてるよと言われ、
    買いに行った次第です。

    まぁ、ついでに丘にも色々と買ってきましたけど。

    マンガですよ。

    さて、
    4巻では遂に妹を助け出すことに成功。

    アチキは、
    妹を助け出すまでの話かと思っていたのですが、
    人気のおかけで、
    まだまだ続く展開になってきました。

    アチキとしては、
    このダンジョン以外のダンジョンへと飯探しに行って、
    もとい、
    冒険に行っても良かったと思っているんですけどね。

    物語が、
    色々と謎が増えてくると、
    モンスター飯の比重が薄くなっていくのが心配です。

    実際、
    ドラゴンを倒すのに、
    それなりの話数をさいていますしね。

    今までは、
    1話で1回モンスター飯だったのに、
    ドラゴンとの話は、
    さすがに戦闘中に飯の話はないわけで、
    ちょっと残念でした。

    まぁ、飯抜きで考えると、
    物語としては、
    楽しくなりそうですけどね。

    次の展開が、
    早く知りたいですよ。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ グルメ ファンタジー 冒険

    ダンジョン飯 3巻 【マンガ】

    「ダンジョン飯」の3巻ですな。

    相変わらず、
    ほのぼのとしたおもしろさです。

    ダンジョン内のモンスターなどを食材にして、
    美味しい食事をするお話しです。

    今までは、
    食材を探す話というか、
    食材、料理、食べると言ったことをする為のお話しって言う感じでしたが、
    3巻からは、
    徐々に物語的な部分がしっかりしてきて、
    良くなってきましたね。

    元仲間との話や、
    主人公の妹とエルフの出会いの話など、
    いろいろな部分が少しずつ深く広がっていっています。

    この調子でいくと、
    思っていたよりも長く物語が続くかも知れないなぁ、と。

    まぁ、そんな先のことは、
    考えたって仕方が無いので、
    まずは、
    次の巻が出るのを楽しみに待ちますかね。

    ここんとこ、
    震撼街のマンガが少ないような気もするし。

    まぁ、昔ほど、
    コミックにお金使わなくなってしまったので、
    金銭的な問題も多々ありますが、
    色々と難しいですな。

    ホント、
    昔は、
    片っ端からジャケ買いしていたりしたんですけどね。

    ジャケ買いも吟味するようになってしまったなぁ。

    ビニールで中身確認できないから、
    中々、新しい出会いがねぇ。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ グルメ ファンタジー 冒険

    だかしかし 1巻 【マンガ】

    アニメが良かったので、
    他のマンガを買ったついでに買って読みました。

    アニメもよかったですが、
    マンガも良かったです。

    マンガを読んでいて気づいたのですが、
    ほとんどの駄菓子が実名の商品なのに、
    「ガリガリ君」だけは、
    「ゴリゴリ君」になっていましたね。

    うーん、
    実に残念。

    これは、
    パワーバランス的に、
    マンガ「だがしかし」よりも「ガリガリ君」が上と言うことですね。

    まっ、アニメ化になった今なら許諾が取れたかもしれないけど、
    連載当初の売れていないマンガに対しては、
    自分とこの商品力でマンガを売ろうとして、
    と言う流れになるのでしょうね。

    これは、仕方ないことですよ。

    後、そんなタイアップなんかしなくても売れているから問題なし。

    と言うのもあるけどね。

    懐が深ければ、
    そういう状況でも使って良いよ、
    と言う事になるんですけど。

    さて、
    とりあえず1巻を読みましたが、
    まだ続きを買っていないので、
    買って読んだらまたネタにしたいと思います。

    次は、もう少し中身についてかければな、と。





    テーマ : 漫画
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 日常

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー