スーパーアグリF1いよいよスタート!

    やっと「スーパーアグリF1」の認可がおりました。

    ホンダ、トヨタなどのメーカーではない純正日本プライベートチーム。

    エンジンは、ホンダワークス、タイヤはブリヂストン。
    その他、オイル・ガソリンなど細かいところまで日本企業のモノなのかは、
    ちと不明ですが、
    まぁ、主要な部分は日本と言うことで良しとしましょう。

    その事も嬉しいけど、やっぱり一番は佐藤琢磨のシートが確保できたこと。

    何しろ一年を棒に振るというのは、
    佐藤琢磨の年齢を考えるとちと厳しい。

    オールニューのマシンは、バーレーンからの投入らしいけど、
    そのマシンだって、本番までにテストが出来るのか不明。

    決して順風満帆というわけではないですが、
    ホンダのスタッフは専属でつくし、
    何より日本のファンが大勢いることでしょう。

    佐藤琢磨のパートナーも決まっていません。
    同じ日本人ドライバーという噂もあるし、
    HONDA Racing F1のサードドライバーであるアンソニー・デビッドソンという噂もあります。

    なんにしても今年の開幕戦のスターティンググリッドは、
    とっても素晴らしい瞬間になるでしょう。

    今から本当に楽しみです。










    スポンサーサイト

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : 動画 F1

    Formula 1 って何? 【2002年版】

    タイトル悩みました。

    適当です。

    特に意味は、ございません。

    で、今回は、読者の方からきた質問にお答えする企画です。

    と、いってもたいしたもんではありません。

    何せ「ひとりよがり」ですから。
    しっかりとした専門的なことは、それなりの所に質問してください。

    と、言うことで、今まで何回か、いろいろなネタでもって、
    一人でも多くの方にF1を楽しんでもらおうと、
    いやいや好きになってもらうために「初心者」向きにいろいろと書いてきたわけですが、
    読者の方から「超」初心者向きにということで、
    質問が来たのでお答えします。

    コレ、非常にうれしいです。そして、助かります。

    初心者の方をどのレベルで設定すればいいのか、
    いつも迷ってしまうわけで、
    具体的な部分があるととっても大助かり。

    「超」と付いていますが、
    私は別に「超」はいらないような気がするわけで、
    まぁ、一応、質問していただいた方が使っていたので、
    私も使っただけなので、あまり深い意味はございません。

    で、まず一つ目。

    ちなみに、具体的な質問は、二つしかなかったので、
    二つで終了です。

    改めて、まずは一つ目。

    「そもそも、F1のシーズンっていつ?」

    なるほど、こいつは、もーてん(盲点)だった。

    と、言うわけでお答えします。

    3月から10月までです。

    とりあえず今年はそーなっています。

    1シーズンのレース数や、
    もろもろの事情で変わってしまうこともあり得ますので、
    とりあえず今のところ、
    そう思っていただいてOKです。

    細かい日にちは、毎年変わります。

    2002年で言うと3月3日(日)が開幕になります。

    まぁ、フリー走行などの日付を入れるともう二、三日前になりますが、
    あくまで決勝の日にちを開幕日にするのが普通です。

    決めごとなのか、慣習なのかは、わたし知りません。

    もっと詳しい人に聞いてください。

    たとえばかわいちゃんとか。

    文字量の問題で、さっさと次にいきます。

    二つ目の質問。

    「BARホンダとジョーダンホンダは何が一緒で何が違うの?」

    なるほど。

    こいつは、なかなかナイスな質問です。

    とりあえず、F1のチーム名は、簡単に言うと、
    シャーシやチーム自体を運営している名前と、
    メインスポンサーの名前と、
    エンジンメーカーの名前を、
    だらだらとくっつけて出来ているわけです。

    だから、メディアでは、スポンサー名を省略して伝えているケースもあります。

    名前の付け方は、
    基本的に「スポンサー名」「チーム名」「エンジンメーカーの名前」となっています。

    あくまで、基本です。

    昔の話で言うと、
    ホンダがマクラーレンにエンジン供給していたとき、
    最初「マルボロ・マクラーレン・ホンダ」だったわけで、
    その時のホンダ総監督が「ホンダはマルボロの支援を受けているわけではないからマルボロの後ろに名前があるのはよろしくない」といって「ホンダ・マルボロ・マクラーレン」になったのです。

    と、いうケースもあるということを知っといてください。

    で、BARホンダとジョーダンホンダの正式?なチーム名は「ラッキーストライク・BAR・ホンダ」と「DHL・ジョーダン・ホンダ」となります。

    さて、質問の答え。

    まずエンジンは一緒です。

    ほぼ100%一緒のエンジンです。

    BARとジョーダンの差は基本的にありません。

    ただし、エンジンの設計はBARのシャーシにマッチするように開発されています。

    だからジョーダンは、シャーシとエンジンを無理矢理マッチングさせなければならず、
    本来ならジョーダンよりもBARの方が速く走れるはずなんです。

    普通に考えるならですが、、、、、。

    で、違うところはタイヤ以外全て違います。

    アレ?

    オイルとガソリンは一緒だったかな?

    う~ん、よくしらん。

    おおきく簡単に説明すると、こんなことなんですよ。

    ホンダのメインは、あくまでBARです。

    ジョーダンはセカンドです。

    で、ここから先の説明は、
    ちと複雑に細かく専門的になっていくので、
    とりあえずざっとですけど、
    以上のような感じでよろしいでしょうか?

    また疑問や分からないことがありましたら、
    どしどしメールください。

    分かる範囲で、出来るだけ簡単に分かりやすく説明するよう心がけます。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : F1

    【2002年版】 F1初心者講座 その2

    さてさて、前書きにも書きましたが、「【2001年版】 F1初心者講座 その1」のつづきです。

    さて、前回の「【2001年版】 F1初心者講座 その1」では、
    レースウィークの全体の流れを説明したような気がします。

    今読み返しても、ホント簡単な流れの説明だけでした。

    で、前回のコメントを見ると次は、
    チャンピオンシップについて書くと書いてあったので、
    チャンピオンシップについてサラリと書きましょうか。

    チャンピオンシップ。

    まぁ、よーするに一年間かけてチャンピオンを決めるという事なんです。

    F1のチャンピオンは、ワールドチャンピオンと呼ばれます。

    その年の世界一のドライバーとマシンを決めるグランプリ。

    それが、F1ワールドチャンピオンシップグランプリなんです。

    何しろ、世界中の優秀なドライバーが集まってのレースですからね。

    凄いです。

    そこら辺のレースとは分けが違います。

    サッカーでたとえるなら、
    世界中のトッププレイヤーが集まって行われるオールスター戦が毎回行われているようなものです。

    ホント凄い。

    F1ドライバーになりたくてもなれないドライバーが世界中にごまんといる。

    他の国や他のカテゴリーのレースにでれば、
    向かうところ敵なしのドライバーばっかりが集まっているレース

    だから、F1を引退した選手でも、
    他のカテゴリーでしっかり活躍できてしまったりするんです。

    もともとの才能が違うからですね。

    確かに、最近のF1は純粋にドライバーの腕だけで、
    F1ドライバーになるのは難しくなってきています。

    でも、やっぱり凄いドライバーでなければF1では走れないのです。

    そして、世界の頂点に立つのは並の一流ドライバーではダメなのです。

    そう。

    超一流でなければ、勝てないのがF1なのです。

    年間通して、1ポイントでもとれればグレートドライバーなのです。

    だから、一年間走ってノーポイントのドライバーは、
    いっぱいいます。

    六位入賞で、1ポイント。

    その1ポイントをとるために必死で戦っているドライバーやチームがいるのです。

    F1は日進月歩の世界。

    トップチームは、グランプリ一戦ごとに、マシンが違います。

    大きく見た目が変わることは、ほとんどありませんが、
    中身は少しずつどんどんと変わっていくのです。

    そーしなければ、トップでいることは出来ないのです。

    なんとシビアな世界。

    去年のマシンをそのまま今年も使うとします。

    例えば、去年抜群の速さを見せたフェラーリがそうしたとします。

    今年は、マシンのレギュレーションが、
    大きく変わることがないので、
    たぶんうまくいけば前半戦の真ん中くらい4、5戦はトップグループで走れることでしょう。

    シューマッハなら、その中で優勝することも出来るでしょう。

    しかし、後半は、絶対に勝てないでしょう。

    それこそ、トップグループのなかで戦うことも出来ないでしょう。

    そんなこんなのF1グランプリ。

    一戦一戦をしっかり予選から見ること。

    コレが、一番F1を楽しみ、知ることの近道。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : レース F1

    【2001年版】 F1初心者講座 その1

    ついに、F1初心者講座を書きます。

    いつでも書けたのに、今まで書かなかったのは、
    どうやってF1の事を知らない人に説明しようか迷っていたからです。

    どうしても、聞き慣れないカタカナが多い世界なので、
    難しい印象を受けてしまうんですよね。

    パソコンと一緒です。

    初めてパソコンはじめた人に、ファイルをクリックして、
    なんていってもクリック?という事になるじゃないですか。

    F1も一緒。

    車のの基礎知識があるかないかでも、全然違う。

    トランスミッションと書いて、
    分かってくれるならいいけど、
    分からない人に説明するのは、一苦労。

    なので、今までもF1ネタで書いてきたことを、
    もう少し整理して、
    F1の私が楽しんでみている部分を書いていこうかな、
    と思っております。

    だから、「その1」なのです。

    そして、早くも今週末にはF1フランスGPが開幕ですからね。

    まずは、F1全体の話から。

    F1は、一年間で17戦行われます。

    この前までは、16戦でした。

    世界各地を転戦して、レースを行います。

    その事から、
    よくF1のことをF1サーカスといったりするんですね。

    そして、原則的にF1は、各国一開催。

    日本では、日本GPを鈴鹿で行ってるので、
    17戦の中で日本GPを鈴鹿を含めて他のレース場で開催することはできません。

    昔、英田サーキットで、F1が開催され、
    一シーズン中に一カ国二開催になったことがありましたが、
    実はコレは特例で、日本GPは、鈴鹿。

    そして、英田サーキットで行われたのは、
    日本GPではなくアジアGP。

    そう。

    アジア圏のグランプリを、他の国では開催が難しいため日本で執り行ったという事なのです。

    これは、この時が初めてではなく、
    そして、実は毎シーズンこの特例で一カ国二開催が行われている国が他にもあります。

    一番有名なのが、イタリア。

    イタリアGPとサンマリノGPは、
    両方ともイタリアで開催されています。

    で、各グランプリは、三日間行われます。

    金曜から始まり、日曜の決勝レースまで。

    今週末のフランスGPの日程を参考にすると、
    このようなタイムスケジュールで執り行われます。

     6月29日 フリー走行1日目午前
     6月29日 フリー走行1日目午後

     6月30日 フリー走行2日1回目
     6月30日 フリー走行2日2回目
     6月30日 公式予選

     7月1日 ウォームアップ
     7月1日 決勝

    で、開催地によって異なりますが、
    この三日間は、F1以外のレースやイベントもあり、まさにサーカス。

    どの国でも平均すると10万人くらいの人間が、
    見に来るわけで、TVモニターで見る以上に、大勢の人がいっぱいいます。

    人混みが苦手な人は、
    絶対に足を踏み入れてはいけないところです。

    次に、決勝までの簡単な流れを説明しましょう。

    まず、フリー走行。

    これは、読んで字のごとく、自由にサーキットを走れる時間です。

    この時に、各チームは、
    予選と決勝レースに向けてのマシンのセッティングを行います。

    一年に一回、それも毎年違うマシンで走るので、
    このフリー走行は、とっても大切なんですね。

    この時に、マシンがトラブったり、クラッシュして走れなくなると、
    予選、決勝ととっても苦労することになるのです。

    セッティングと言っても、ピンと来ない人もいるでしょう。

    具体的に、簡単に、説明すると、
    堅いタイヤを使うか柔らかいタイヤを使うか、
    前と後ろのウイングの角度を決めて、
    コーナー重視の車にするか、
    トップスピード重視の車にするのか、
    燃料をいっぱいのせたときの走りと、
    燃料が少ないときの走りの違い、
    とか、いろいろとテストするのです。

    もちろん、ドライバーのコース研究もこのフリー走行の時に行います。

    特に、初めて走るコースでは、めいいっぱいコースを走り回ります。

    そして、フリー走行でのデーターを元に、
    予選、決勝と戦うわけです。

    と、まぁ、グランプリの大まかな流れが分かったところで、今回は終了。

    次回は、チャンピオンシップについての説明でもしますか。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : レース F1

    F1っておもしろい? その2

    予選。

    決勝レースのスタートポジションを決めるためのレースです。

    そう。

    予選も立派なレースです。

    予選用のマシンセッティングが存在するくらい重要なのです。

    予選と決勝でマシンのセッティングが何故違うのでしょう。

    それはね、速く走るための極限までスピードを追い求めるセッティングと、
    300kmの長距離を走るためのセッティングの違いです。

    マシンのセッティングと一言でいうけど、どこを調整するの?


    と思っている方が、いっぱいいると思うんですよね。

    まぁ、誰でもわかるところでいうと、
    前と後ろについているウイングの角度ですか。

    超簡単に言うとウイングを立てると地面への食いつきが良くなって、
    コーナーを早く曲がれるようになり、
    ウイングを寝かすと空気抵抗が減って、
    直線のスピードが速くなる。

    なので、セッティングもよく曲がるようにするか、
    スピードを取るか、みたいな感じで大体二通りの考え方があるのです。

    まぁ、細かいところは説明しませんが、
    他にもいっぱい調整するところがあります。

    例えば足回りでいうと、
    サスペンションのストロークと堅さとか、
    タイヤの接地角度とか、
    タイヤの堅さとか、
    タイヤの空気圧だとか、
    ブレーキの効かせ方とか
    とかとかとかとか、
    細かいことをいっぱいいっていくと書いている自分がわからなくなるので止めます。

    次に、駆動系のセッティングがあります。

    まぁ、駆動系と言ってもエンジンとミッションだと思ってくれていいです。

    まずエンジンですが、メーカー系のエンジンを入れているとこは、
    レースごとに、そのコースに最適のエンジンを持ってきます。

    いつもいつも同じエンジンではないのです。

    同じ型番のエンジンでもエンジンのセッティングは全然違ったりします。

    どう違うかというと、ガソリンを燃やすタイミングだとか、
    パルブの開閉タイミングだとか、
    ガソリンと空気の混合比とか、吸排気系の流速だとか、
    とかとかとかとか、
    いまのF1エンジンにはいろいろな補完機がついているのでその辺が違うんですよね。

    ミッションに関しては、
    単純にコーナーごとに最適のギア比を見つける作業ですね。

    よく「4速全開のコーナー」とか、
    いっている解説者やドライバーがいたりするでしょ。

    それは、四番目のギアでアクセルを踏みっぱなしにして走れるコーナーということです。

    この踏みっぱなしにしてもエンジンのレブリミットを超えない適切なギア比にする作業がミッションのセッティングです。

    まぁ、難しい話は、置いといて。

    よーするに、F1のセッティングには、
    簡単に大雑把に大きく分けて3つのセッティングポイントがあります。

    空力セッティング。
    駆動系セッティング。
    足回りセッティング。

    この3つがバッチしハマったとき、
    マシン本来の性能でコースを走ることができるのです。

    ただし、F1には、先ほども書いたように、
    予選のセッティングと決勝のセッティングの二つのセッティングが存在します。

    なんで、予選と決勝で違うのかを、
    もう少し詳しく書くと、
    まずのせている燃料が違います。

    予選では、三周走れればいいだけの燃料しか積んでいません。

    それは、何故かというと、軽い方が速いから。

    で、軽いとなぜ予選用のセッティングと決勝用のセッティングで分けなければならないのかというと、
    できるだけ簡単なところで説明すると、
    マシンの路面に対するポジションが違うということです。

    難しかったか?

    まず、タイヤを支えるサスペンションに対する負荷が違います。

    路面とシャーシの底の空きが違います。

    ブレーキの負荷が違います。

    だからなんで?といわれると、
    もー詳しく説明するしかないんですけどね。

    まぁ、F1は、極端なことをいうとミリ単位でマシンのセッティングをしていると言うことです。

    トップチームになると、マシンのセッティングもコンピュータを使って、
    理論値での最適なセッティングを探します。

    フリー走行、予選とコースを走ったデータをもとに、
    スーパーコンピュータがシミュレートするんですね。

    凄いですねぇ。

    それを、各ドライバーが、自分好みに多少の変更を加えるわけです。

    そんなこんなで、セッティングしたマシンで予選と決勝を走るのです。

    で、予選は60分の間に各ドライバー12周だけ走れます。

    12回しかサーキットを回ることが許されません。

    なので、大体各チーム、予選でのタイムアタックは、
    4回くらいしか出しません。

    まずピットから出てタイム計測地点のラインまで一周走ります。

    で、タイムアタック開始。これで一周。

    で、タイムアタック終了後ピットに戻るためにまた一周まわってくる。

    全部で三周。

    一回計測するのに、前後一周ずつ、二周のロスがあります。

    だったら一回コースに出たら12周一気にまわってくればいいじゃん。

    なんて思う人もいるはずです。

    しかし、12周走る燃料の重さと、12周走ったタイヤの魔毛を考えると、
    もー全然話にならないくらい、
    タイムが遅くなります。

    たぶん、1、2秒は確実に違いますね。

    そして、たかが60分と思っているかもしれませんが、
    この60分の間にもコースは、刻一刻と変化しているのです。

    まずコースの路面温度。

    温度が高くなると、タイヤへの負担が高くなり、
    最悪の場合パンクします。

    そして、予選の後半になってくると、
    コース上にタイヤの魔毛によってできた、
    とってもグリップのいい状態のラインができます。

    で、時には、予選の途中から雨が降り出すこともあります。

    そんなときは、大変です。

    見ている方は、面白いですけどね。

    だから、予選ではライバルチームの動向とタイムを見ながら、
    激しいくも静かなバトルが繰り広げられているのです。

    ある意味、決勝以上に白熱していたりします。

    コンマ何秒でのトップ争いは、
    もー見ていてハラハラドキドキもんです。

    あらら、いつの間にか、長くなってしまいました。

    また、つづきは、今度。

    お楽しみに。





    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : レース F1

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    ユーブック 古本 買い取り 中古 販売 DVD Blu-Ray PC GAME 全国買い取りサービス