真・天地無用!魎皇鬼外伝 天地無用!GXP 12巻 【小説】

    さてさて、
    やっとこ読み終わりました。

    「真・天地無用!魎皇鬼外伝 天地無用!GXP」の12巻です。

    11巻の後に別の小説を読んでいたのでね、
    ちょっと間があきましたが、
    前の物語の記憶が新鮮なうちに読むことができました。

    さて、今巻では、
    いよいよ海賊の幸運艦の運呼との対決に向けて、
    正木霧恋が樹選びの儀式をすることに。

    まぁ、
    この辺の流れは、
    アニメと一緒なのですが、
    アニメの補完的な部分では、
    レセプシーという巨大なエンタテインメントを催す宇宙ステーションの話とかがあるかな。

    そして、
    流れが違うとすると、
    三バカトリオの部分もアニメではあまり語られていないのですが、
    変わっていますね。

    三バカではなく、
    馬鹿一人と他二人になっています。

    この辺の流れも含めて、
    前巻からつづいています。

    とは言え、
    12巻で、
    山田西南と天南静竜の決着もつきます。

    さてさて、
    次はいよいよあのロボットが登場するエピソードへと突入することになるのですが、
    次の巻でそこまで物語が進むのかは、
    分かりません。

    と言うわけで、
    次の巻が出るまで、
    またしばらく間が開きそうです。






    スポンサーサイト

    テーマ : ライトノベル
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF 宇宙 警察 海賊 コメディ 梶島正樹

    真・天地無用!魎皇鬼外伝 天地無用!GXP 11巻 【小説】

    「真・天地無用!魎皇鬼外伝 天地無用!GXP」の11巻です。

    どうやら1年ぶりらしいです。

    あまり気にしていないから、
    以前、いつ出たのかは気にしていません。

    そして、
    12巻が、
    3/20に発売されるらしいです。

    らしいと書いているのは、
    これを書いているときは、
    まだ発売日になっていないから。

    当然、予約配信なので、
    記事をアップした段階でも発売はされていないです。

    なので、
    12巻は、
    本屋さんで売っているでしょう。

    本当なら、
    続けて読んでしまった方がよいのですが、
    出るまで待っていたら移動中に読む本がないのも辛いので、
    今は、他の本を読んでいます。

    今読んでいる本を読み終わったら12巻を買って読むでしょう。

    さて、
    内容ですが、
    いよいよ海賊の切り札である海賊船の名前が決まります。

    アニメを先に見ているので、
    やっとここまで来たかという感じですな。

    そして、
    それに対抗するために皇家の樹を新しく手に入れるところまでの話になります。

    今までもそうですが、
    今回もアニメでは語られていない部分が、
    たくさんあります。

    ライトノベルだからというわけではないでしょうが、
    あっちゅうまに読む終わってしまいます。

    これを読む前は、
    「巨獣めざめる」でしたからね。

    そして、
    今読んでいるのもかなり文字量のある物ですからね。

    そんなわけで、
    次の12巻を楽しみにしております。





    テーマ : ライトノベル
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF 宇宙 警察 海賊 コメディ 梶島正樹

    真・天地無用!魎皇鬼外伝 天地無用!GXP 10巻 【小説】

    「真・天地無用!魎皇鬼外伝 天地無用!GXP」の10巻です。

    本の厚さは、
    それなりにあるのですが、
    あっちゅうまに読み終わってしまいますな。

    ノリが良い感じで、
    読みやすいと言うことです。

    さて、
    今回は、
    地球での休暇を取り上げられて、
    幸運艦隊との戦いが始まります。

    山田西南の悪運を凌駕する幸運をまといし艦隊。

    しかし、
    あえなく惨敗。

    最初は良かったんだけどね。

    そして、究極の幸運艦を建造するべく、
    海賊はある男に白羽の矢を立てることに。

    と書いてみたものの、
    アニメをご覧の方は、
    この辺の筋道は理解できていると思うので、
    一応、知らない人が読んだ時のために、
    色々と伏せて書いています。

    さて、
    アニメと違うというか、
    中身が濃くなっているのが、
    イムイムでのバケーション。

    アニメでは、
    本当にさらっとイメージ的に休暇を楽しんでいるだけで終わってしまいましたが、
    小説では、
    もっと濃い話になっています。

    どの位濃いかというと、
    一冊のうち、
    四分の三は、イムイムの話ではないかと。

    ちょっと言い過ぎたかな。

    では、
    三分の二くらいということで。

    まぁ、正確に分量を量っているわけではないので、
    あくまでイメージだから。

    そんなわけで、
    アニメでは語られなかったストーリーを読めるというのは、
    楽しくもありますな。

    でも、
    今のところ大筋で、
    アニメと同じ流れで進んでいます。

    今後どうなるのかは分かりませんけど。

    さて、次巻は、
    また、一年後って言うことなんでしょうかね。





    テーマ : ライトノベル
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF 宇宙 警察 海賊 コメディ 梶島正樹

    真・天地無用!魎皇鬼外伝 天地無用!GXP 9巻 【小説】

    さて久々のほぼ一年ぶりの「真・天地無用!魎皇鬼外伝 天地無用!GXP」です。

    9巻は、山田西南が地球の実家に戻るお話がメインです。

    アニメだと16、17話のエピソードになるのかな。

    もちろん、アニメと小説では、
    いろいろと違います。

    アニメでは、 正木霧恋、雨音・カウナック、リョーコ・バルタ、ネージュ・ナ・メルマスが一緒に西南の家に行きますが、
    小説では、珀蓮、火煉、玉蓮、翠蓮も一緒です。

    小説では、珀蓮、火煉、玉蓮、翠蓮の四人は、
    常に西南達と行動を共にしているので、
    そういう展開は自然ですけどね。

    そして、小説では、
    もう一人、実家に直送される人物がいます。

    それは、小説を読んで確かめてくださいな。

    と言っても、それが誰かは、
    本の紹介文に出ているんだけどね。

    実家に戻った西南ですが、
    アニメではそこまで語られることはなかったというところで、
    一番の衝撃は、柾木天地から告げられた内容。

    いやー、そういう設定があったとは知りませんでした。

    それと、正木の村の特殊性もより詳しく書かれていましたね。

    アニメでは、ちょっとした「天地無用!」シリーズのファンの為のエピソードって言う感じがしましたが、
    小説では、今後の展開や山田西南のことがより理解できるエピソードとなっていました。

    さてさて、
    物語はいよいよ次の展開になりますね。

    海賊の新たな艦隊が登場する話です。

    その話が読めるのもやっぱり一年後なんでしょうかね。

    まっ、気長に待つとしますか。





    テーマ : ライトノベル
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF 宇宙 警察 海賊 コメディ 梶島正樹

    魔法戦士リウイ ファーラムの剣 魔法の国の魔法戦士 【小説】

    魔法戦士リウイ」シリーズの最終巻です。

    長かったのか、短かったのか、
    まぁ、長かったんでしょうな。

    ついでに「魔法戦士リウイ ファーラムの剣 魔法の国の魔法戦士」も、
    今までのシリーズ本の厚さの二倍強はありましたからね。

    ボリューム的には読み応えがあるはずなのですが、
    さすがライトノベル、厚さ関係なくあっという間に読み終わってしまいました。

    出だしで、いきなり主人公のリウイが死んだように寝ていて、
    その後、大陸銃が大変になっていて、
    あれぇ、こんな展開にいつなったんだ、
    とちょっと焦りました。

    前巻がドラゴンと戦った話「魔法戦士リウイ ファーラムの剣 煙火の島の魔法戦士」だと思っていたので、
    もしかしたら間抜かしてしまったのか、と。

    そんで出版履歴を調べたら間にはないので、
    じゃぁ、これでよいのか、と読み進めました。

    結局、後半の方のエピソードを前に持ってきた良くある手法ではあったのですが、
    キチンと追っかけていないので、
    そう言う手法であると思う以前に読み飛ばしてしまったか、
    と思ってしまいましたよ。

    マンガでも良くあるんだよねぇ。

    あれれ、いきなりこんな展開だったけ、
    と思っていたら間とばして読んでいた、と。

    まぁ、そんな感じでいよいよ、
    リウイが魔精霊アトンをやっつけるお話になるわけですが、
    どのような対決シーンになるのか、非常に興味がありました。

    興味があった分、
    さらりと流されてしまって、
    肩すかしを食らった感じですが、
    まぁ、この手法しかないよな、
    とも思いましたね。

    ソード・ワールド(1.0)のファンの方は、
    また色々とそれぞれの思いもあるのでしょうが、
    アチキは、全くないので、
    それこそ、アニメ「魔法戦士リウイ」を観て小説を読んだ口なので、
    作品世界の全てを知っているわけではございません。

    なので、単体での「魔法戦士リウイ」の感想だと思っていただけると良いかな。

    決して、つまらないシリーズはなかったです。

    でなければ最後まで読みませんから。

    ただ、やはりアチキはアダルトなファンタジーからヒロイックファンタジーを読み始めたので、
    ちょっと物足りないのは、毎回感じていました。

    作者の水野良も本書のあとがきでアダルトなものを書きたい旨が書いてありました。

    アチキも水野良氏が書くアダルトな、それこそハイファンタジーの小説を読んでみたいと思っています。

    いつかそのような本が出版されたら、手にとってみようかな、と。

    「魔法戦士リウイ ファーラムの剣 魔法の国の魔法戦士」の話ではなくなってしまいましたが、
    この最終刊が特別面白いので、是非、はじめから読んでみてくださいな、
    と言う感じのモノではないので、
    興味があったらご一読を。

    それと、イラストを画いている横田守氏ですが、
    アチキは悪くないと思っています。

    それもきっとアニメからこの作品に入ってきたからかもしれませんけど。





    テーマ : ライトノベル
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : 水野良 横田守 ファンタジー 魔法

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー