わかば*ガール 【アニメ】

    マンガが原作のアニメです。

    元は4コンママンガのようです。

    4コママンガだからと言うわけでもないでしょうが、
    アニメはショートアニメです。

    1話約7分です。

    なので、
    全12話ですが、
    あっという間に全部見ることができます。

    物語は、
    お金持ちのお嬢様が、
    セレブが通うような学校ではなく、
    一般の人が通う高校に入学した所から始まります。

    基本的には、
    主人公のお嬢様女子高校生が、
    マンガなどで知った女子高校生像に憧れていて、
    それを実現していくお話しです。

    想像していた女子高校生像と現実のギャップが、
    笑いのツボって感じになるのかな。

    基本コメディですから。

    肩肘張らずに楽しめる作品です。

    ホント、
    この手のものは、
    安心して見ていられるから良いよねぇ。

    仕事に疲れたおっさんには、
    ちょうど良いです。

    なので、
    続きが作られるようなら、
    それがバンダイチャンネルの月額見放題で見られるようなら、
    見たいですね。

    マンガまで買って読むかというと、
    今のところ、
    それはないかな。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    スポンサーサイト

    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : コメディ 日常 高校生 ハートフル

    わんおふ –one off- 【OVA】

    オリジナルビデオアニメ「わんおふ –one off-」です。

    本田技研工業が特別協賛になっています。

    と言うことは、
    作中にホンダの車とかバイクとかが出てくるのかなぁ、
    と思ったら。

    バイクオンリーでしたね。

    物語は、
    田舎で暮らしいてる女子高校生が主人公。

    通学にバイクを利用していて、
    登場してくる女子高校生など、
    全員がホンダのバイクに乗っています。

    一人、免許を持っていない女子高校生がチャリンコに乗っていますが、
    最後の最後でバイクに乗っているシーンが登場するので、
    ほぼ全員がホンダのバイクに乗っていると言っても良いでしょう。

    主人公は、
    ペンションNIWAを経営している一人娘で、
    そこにオーストラリア人のシンシアがバイトに来ます。

    彼女の影響で、
    人生、石橋をたたいても渡らない考え方が、
    とりあえず渡ってみようという考えに変わるまでの話。

    まあ、その素地はあったんですけどね。

    全4話ですが、
    それでも約1時間です。

    あっちゅうまに見終わってしまいました。

    実際、この作品を見てバイクに乗りたくなりましたね。

    でも金銭的にも駐車の件でも色々と制約があって、
    現実的ではないですけど。

    昨今、車もそうですが、
    バイクも若者が乗らなくなって、
    アチキとしては、
    非常に寂しいです。

    特にバイクに関しては、
    日本では、
    バイク=悪という風潮が根強く、
    特に3ない運動などにより、
    最低な環境です。

    まあ、社会的な話は、
    おいといて、
    興味があったら是非ご覧になってくださいな。





    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : 日常 バイク 高校生 早見沙織 矢作紗友里 喜多村英梨 小林ゆう 久川綾 緒方恵美

    ワイルド7 another -謀略運河- 【TVアニメ】

    望月三起也の漫画が原作のアニメ「ワイルド7 another -謀略運河-」です。

    子供の頃、
    TVで実写ドラマが放送されていて、
    きっと再放送だったと思うのですが、
    ちょこちょこ、所々見ていた作品で、
    全体の物語とかも含めて中身はほとんど知らないんですよねぇ。

    高校生くらいになったときに、
    漫画を読んでみようと思ったことはあったのですが、
    未だに読んだことありません。

    というわけで、
    タイトルとか、ある程度の設定とかは知っているのですが、
    どちらかというと、
    ほとんど知らないと言っても良い程度の知識しかありません。

    というわけで、
    TVアニメ「ワイルド7 another -謀略運河-」です。

    この作品の他にOVAの「ワイルド7」があるようなのですが、
    そちらはまだ見ていません。

    さて、
    内容ですが、
    すでに特殊警察ワイルド7が解散し、
    主人公の飛葉大陸が記憶喪失になっていて、
    そんな時に、
    第2パナマ運河の開通式が行われ、
    その式典用の船にテロリストがシージャックする事件が発生。

    何とかしようと色々と動くのですが、
    ことごとく失敗。

    そこで白羽の矢が立ったのが、
    元ワイルド7の飛葉大陸。

    新たに仲間を集めて船に監禁された人質たちを救出し、
    テロリスト共をやっつけるお話です。

    物語的には、
    悪くなかったのですが、
    いかんせんアニメのビジュアルのクオリティが今時の作品としては、
    ちょっと低かったのがすごく残念です。

    まぁ、2002年製作ですから、
    今時というほどのものではないのですが、
    もう少し何とかならなかったかなぁ、と。

    売りの一つであるアクションとかが、
    実にチープに感じてしまうところもあって、
    ちょっと残念な感じでした。

    こうなると、
    きっとビジュアル的には良いであろうOVAを見てみたくなるのですけど、
    まだ見る機会がなくてですね、
    どこかで見つけたら見ようと思っています。

    TVアニメ「ゴルゴ13」の出来が良かっただけに、
    あの位のクオリティを期待していたんですけどね。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。








    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : アクション バイク 犯罪 動画 緑川光 子安武人 松井菜桜子 斉藤梨絵 茶風林 郷田ほづみ

    ワールド・デストラクション ~世界撲滅の六人~ 【アニメ】

    ゲームが原作だとは知らなかった「ワールド・デストラクション ~世界撲滅の六人~」です。

    人間が迫害されている?世界で、
    獣人達が支配している世界。

    主人公は、キリエ・イルニス(男)なのかなぁ、
    それともモルテ・アーシェラ(女)なのかなぁ。

    まぁ、どっちでもいいけど。

    キリエが獣人に化けて(いわゆる猫耳をつけて)バイトしている飲食店に、
    モルテがやってきます。

    人間だとは分からないようにマントとフードをかぶって。

    しかし、ばれてしまい、
    大騒動。

    実は、そのモルテ、
    世界を滅亡させると言われている「世界撲滅委員会」の一人だったのです。

    そして、
    巻き込まれてしまったキリエは、モルテと一緒に旅をすることに。

    「世界撲滅委員会」を殲滅させようとする獣人の特殊部隊?「世界救済委員会」が執拗に追いかけていくという感じのお話。

    モルテとキリエに巻き込まれてしまったチビクマ族のトッピー・トプランが実に良い感じ。

    古谷徹が声を当てているのですが、
    トッピーのライバルが登場する話には、
    当然のように池田秀一が声を当ててのパロディを展開。

    まぁ、そんな遊びもありますが、
    「世界を滅ぼせる力」デストラクトコードを巡っての展開は、
    中々良かったよ。

    全13話で、ハッピーエンドだし。

    キリエ、モルテ、トッピの三人の旅をまだまだ観てみたいと思わせる感じでした。

    とりあえず、
    機会があったらゲームの方でもプレイしてみようかなぁ、
    とは思っています。

    いつになるのかなぁ。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。
    ◆「ワールド・デストラクション ~世界撲滅の六人~」の視聴はこちら。









    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF アクション プロダクションI.G 動画 坂本真綾 古谷徹 小林ゆう 豊口めぐみ 池田秀一

    惑星大怪獣ネガドン 【アニメ】

    全編フル3DCG作品も今は普通。
    CGのクオリティもどんどん良くなっている。

    その中で、この作品が光っているのは、
    たった一人で約30分弱の作品を作ったこと。

    それも半端なクオリティではなく、
    キチンとしたクオリティの作品として作っているのがすごい。

    粟津順氏のプロフィールをみると、
    怪獣映画大好き人間だと言うことがよく分かる。

    怪獣映画を一人で作ろうとすると、やはりCGになってしまう。

    何より、自分の思い通りの作品となると、
    通常の映画制作では無理な話。

    プロデューサーや、スポンサーや、広告代理店だの、
    怪獣映画になんて愛情の一つもない人たちが、
    発言力だけあって、
    おもしろい作品をずたずたに破壊していく。

    制作の裏側のほうがよっぽど怪獣映画になるのではないか、
    そんな環境にいたら、
    アイすべき怪獣映画つくるなんて、
    無理だと思ってしまうだろう。

    全く、日本映画界には優秀なプロデューサーが少ない。

    等と、作品とは関係ない話で盛り上がってしまいそうなので、
    作品の話をキチンとしましょう。

    「惑星大怪獣ネガドン」昭和100年という時代設定からして、
    怪獣映画は昭和の時代で終わったかんをにじませています。

    天才科学者の登場に、
    怪獣を退治する秘密兵器。

    最低限のコンセプトだけで作られたオマージュ作品。

    それでも、観る人が観ると感動的ですらある。

    逆に、一般の人が観ても、
    「だから…」とか「それで…」とか、
    煮え切らない感想しか帰ってこないだろう。

    粟津順氏は、これを切っ掛けに(プロモーションビデオ、又はパイロットフィルムとして)キチンとした映画を作る足かがり(金集め)にしたかったのだろう。

    出来ることなら日本映画ではなく、
    ハリウッドに売って欲しかった。

    スピルバーグやルーカスなんて、
    泣いて喜ぶんじゃないか。

    ビジネスとクオリティの両立に関しては、
    ハリウッドが一番だしね。

    そろそろ日本映画界も、日本だけでなく海外の人も楽しめる作品を作れるようにならないと。

    また脱線してしまった。

    「惑星大怪獣ネガドン」は、良く出来ているよ。

    怪獣ファンは純粋に楽しめるけど、
    それ以外の人は、まぁ、話のネタに観てみてはどうだろう。

    たった一人で作った作品なんだと思って観れば、
    そのすごさだけでも感じ取れると思うし。
    尺も短いから飽きる前に終わるから。

    レンタル屋で見かけたらかりて観て欲しいです。

    アチキはDVD買ってしまったけど。


    ■バンダイチャンネルでもご覧いただけます。



    テーマ : アニメ
    ジャンル : アニメ・コミック

    tag : SF 怪獣

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    ユーブック 古本 買い取り 中古 販売 DVD Blu-Ray PC GAME 全国買い取りサービス