メノット 遺言 覗かれた別荘 【2005年製作:映画】

    久々の邦画ネタですね。

    そして、
    久々に、
    こいつはこまったちゃんな映画だったなあ、と。

    何でこれをレンタルして見てしまったのか。

    洋画は、
    どんなに酷い映画でも、
    なんでレンタルしてしまったのか、
    と後悔することはないんですよね。

    何しろB級映画メインでレンタルしているから、
    ある意味、
    借りる前から酷い物が存在していると分かっているから。

    しかし、
    邦画は、
    ポンポン予約ボタンをクリックしないからなぁ、
    誰かが出ているとか、
    監督がいいからとか、
    それなりに理由があるんだけど、
    この映画は、
    スタッフ、キャストを見ても、
    藤本綾、国分佐智子目当てなのかなぁ、
    と思うくらい。

    そんな感じで、
    見てしまってから、
    久々に、
    自己採点的に、
    かなり低い点数になりましたね。

    と言うわけで、
    アチキのようなB級映画好きでも、
    低い点数を付けてしまう映画に興味があったら、
    自己責任でレンタルして見てくださいな。





    スポンサーサイト

    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : ドラマ

    もうひとりいる 【2002年製作:映画】

    このところ映画ネタは、
    邦画のホラー映画ばかりですな。

    まっ、
    一部ビデオ作品もありましたが。

    これは、
    単にTSUTAYA DISCUSで、
    ポチポチ予約牡丹を押すとき、
    関連作品で押していたりするケースがあるからですね。

    で、
    基本的に見ていった順番で書いているから。

    と言うわけで、
    今回は「もうひとりいる」です。

    ドッペルゲンガーをネタにした映画です。

    どうやら出演者は、
    U-15アイドル、佐久間信子、世那、河辺千恵です。

    なんでどうやらというと、
    解説に書いてあったから。

    ファンに怒られそうですが、
    アチキ、良く知らないのですよ。

    と言うわけで、
    アイドルが出ている作品だからどうのこうのはありません。

    だって知らないんだから。

    と言うわけで、
    作品的には、
    今一歩でしたね。

    何が今一歩って、
    ドッペルゲンガーをネタにしていたのに、
    何だかなぁ、
    という感じでした。

    まっ、アチキのドッペルゲンガーの知識なんて、
    出会ったら死んでしうまうという事くらい。

    後、著名人が会ったことがあって死んでしまったという逸話くらい。

    なので、
    逆にドッペルゲンガーについてなんかアチキの知らないことを知る事になるのかなぁ、
    と思っていたんですが、
    うーーーん、
    という感じです。

    大体、合わせ鏡の話をするなら、
    そのネタをうまく使うような話にすれば良かったのに、
    なんて思ってしまいました。

    ドッペルゲンガー意味ないよね。

    似た人物が出てきて、
    本人かどうか分からないというだけの扱われ方なんて。

    と言うわけで、
    まぁ、アチキ的には、
    レンタル代分くらいは、
    楽しめたかな。

    一般の方がどう思うかは分かりません。

    興味があったらレンタルして見てください。





    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 学園 高校生

    MW –ムウ- 【2009年製作:映画】

    手塚治虫の漫画が原作になります。

    実は、
    原作未読です。

    いつか読もうと思っていたので、
    映画を見る前に読もうかなぁ、
    と思っていたのですが、
    ちょっと思いとどまりました。

    なぜか。

    原作を読んでしまうと、
    きっと色々と映画に対して思うところが出てくるだろうなぁ、と。

    なので、
    映画本来の楽しさを味わうためにあえて読むのをやめました。

    と言ったわけで、
    映画を見てから随分たつのですが、
    機会損失の為、
    未だに漫画、
    読んでいません。

    いかんなぁ。

    さて、
    映画ですが、
    二人の男が主人公です。

    どうも社会や世の中に不満を持っている男と、
    過去は過去として今を生きようとしている男の話になります。

    出だしは、
    実に良い感じでした。

    出だしの事件が終わってからですな、
    色々と物語の核心が語られはじめ、
    主人公の本当の目的が見え隠れするようになってからが、
    本番。

    なのですが、
    その本番がね、
    アチキ的には、
    ちょっとなぁ、
    という感じでした。

    とはいえ、
    最後まで楽しく見られましたよ。

    結構、お金をかけているだけあって、
    ロケも含めて良い感じでした。

    いずれ漫画を読んだらネタにしますので、
    その時にでも違いとか、
    不満があったら書くとしますか。

    覚えていたらだけど。





    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : サスペンス アクション 犯罪 手塚治虫

    盲獣VS一寸法師 【2001年製作:映画】

    原作:江戸川乱歩

    監督:石井輝男。

    出演者は、リリー・フランキー、塚本晋也、及川光博など、
    個性的な面々。

    石井輝男監督は、
    「網走番外地」シリーズなどを監督した人です。

    ちなみにアチキは、
    石井輝男監督作品は、
    今回がまともに見るのははじめてです。

    いやー、
    色んな意味で凄い映画でした。

    映画と言うよりVシネって感じです。

    もしかして本当にVシネなのかもしれないけど。

    フィルムで撮った質感ではないよなぁ、
    って感じだしね。

    内容もこれまた凄いんですよ。

    ここは敢えて内容は書かないでおきましょう。

    これで凄く良い作品だったらカルト的な人気になっていたかもしれませんが、
    アチキ的には、
    ちょっとそこまでの評価はあげられなかった。

    出だしは、
    まぁ、映像にはビックリしたけど、
    B級映画を愛するアチキにとっては、
    こう言う映像でも問題なく見ていられるので構わなかったのですが、
    段々、物語が進むにつれて、
    残念な感じになってくるんですよねぇ。

    ホント、色んな意味で。

    間違いなく、
    一般の人は観ない方が良いです。

    江戸川乱歩が好きでもちょっとどうかと思います。

    まぁ、真剣にやっている分、
    笑えたりする部分もあったりするんですけど。

    それってやっぱりまともな映画の楽しみ方ではないですからね。

    興味本位で見ると怒る人もいるかもしれないです。

    でも最後まで見てしまったアチキもいるわけで、
    妙な魅力があったのも確かなのかな。





    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : 犯罪 探偵 ちょいエロ 江戸川乱歩

    地下鉄(メトロ)に乗って 【映画】

    浅田次郎原作小説の映画化です。

    小説は読んだことありません。

    浅田次郎原作小説の映画といえば、以前「壬生義士伝」を観たくらいです。

    その時は原作になった小説を読んでみようかなぁ、
    と思ったくらいで、
    映画の評価もアチキとしては邦画の中では高かったです。

    なので、今回の「地下鉄(メトロ)に乗って」も結構期待して観たんです。

    原作との違いとかはよく分かりませんが、
    映画は思っていた以上に良く出来ていました。

    ただ、あんなに現代と過去を行ったり来たりする話だとは思いませんでしたね。

    過去に行ったきりの話で、
    最後に戻ってくる感じで、
    タイムトラベル的なSF的なネタを駆使する話だとは思わなかった。

    なので、当然のようにタイムパラドックスは起こっているし、
    SF的な意味づけや説明を省いているので、
    不思議な体験をした物語という感じです。

    基本的には親子の物語で、
    親の心子知らず、って話です。

    そこに恋愛要素とか入れて、ちょっとドラマチックに仕上げた感じです。

    まぁ、最後まで楽しく観ることは出来のでつまらない映画ではないです。

    感動するかどうかは人それぞれなので何とも言えませんが、
    アチキは感動しなかったです。

    なので、SF映画として評価するとちょっと酷いことになりますが、
    不思議な体験をした男のファンタジーな物語だとして観ると、
    ドラマ的な部分をみることができて、
    それなりに楽しめる映画になっています。

    結局、出演者である堤真一や岡本綾や大沢たかおや常盤貴子が好きならご覧くださいといった感じですか。










    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : ファンタジー タイムトラベル 恋愛 ドラマ 動画 常盤貴子

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー