DEAD OR ALIVE Dimensions(デッド オア アライブ ディメンジョンズ)

    ニンテンドー3DSで発売された「DEAD OR ALIVE Dimensions」です。

    携帯ゲーム機と言うことと、
    ナンバリングタイトルではないと言うことで、
    購入するか迷ったのですが、
    結果、買ってしまいました。

    で、買って良かったかな、と。

    まず携帯ゲーム機としては、
    ビジュアルはとても良いです。

    ニンテンドー3DSの一番の特徴である立体視の部分もキチッと奥行きあっていい感じです。

    ゲーム中もいい感じで3Dしているし。

    でもアチキは、クロニクルモード以外では3Dにしていません。

    やっぱ目が疲れるんだよねぇ。

    クロニクルモードは、今までの「DEAD OR ALIVE」シリーズを一本の物語として描いています。

    それも忍者中心で。

    最後にエレナ視点がありますが、
    まぁ、これがないと、ね。

    そんな感じで、クロニクルモードは、初心者でも楽しめるというか、
    チュートリアル機能もあって、とても良くできています。

    良くできているのでが、
    一回楽しむと二回はちょっとね、と言う感じですね。

    二回目以降は難易度設定が出来るとか、
    買った負けたでルート変化があるifが楽しめるとかがあっても良かったかも。

    まぁ、そこはゲームの本質とは違うので、
    あればもっと楽しめたと言うことで。

    で、感じの格闘ゲームですが、
    基本的に対人戦がメインの作りになっています。

    インターネットやアドホックなどで対戦して楽しむって感じで、
    一人でシコシコ楽しむ感じではないですね。

    すれ違い通信を使った機能もあるのですが、
    いかんせん「ドラゴンクエスト」のように何百万本も売れるゲームではないので、
    一日持ち歩いて、一人、二人って感じです。

    そして、一人モードとしてアーケード、サバイバルやダッグモードなんかもありますが、
    ミッションクリア型といった感じで、
    こちらも難易度が低めなので、
    ほとんど失敗することなく最後まで一気にいってしまいます。

    コスチュームもゲームをクリアしての獲得は数も少なくすぐに集まってしまいます。

    それ以外は、インターネットに接続されている状態でダウンロードするということで、
    ネット環境がないと凄く寂しいコスチューム数になってしまいます。

    今のところ、発売日から一日一つ新しいコスチュームがダウンロード出来ている感じですか。

    これもたぶんデータはロムにあって、
    プロテクトを外すデータをダウンロードして使えるようにしているのでしょう。

    でないと、対人戦で相手がダウンロードしていないコスチュームでプレイしたら同じコスチュームが表示されないですからね。

    試していないので何とも言えないけど、
    持っていないときは違うコスチュームで表示と言うこともあり得るからなぁ。

    といった感じで、
    ネット対戦など色々と楽しんでいますが、
    と言うよりネット対戦をしない限り長く遊ぶのはちと辛い仕様ですね。

    ネット対戦の場合もランクで同じランクに近い人と遊べるので、
    買った負けたがとても楽しいです。

    ラグもほとんどないし。

    たまに酷いときがあるけど、
    それもたまにだからね。

    なのでニンテンドー3DSを持っていて格闘ゲームが好きなら購入してみてください。

    きっと満足して頂けると思います。










    スポンサーサイト

    テーマ : 格闘ゲーム
    ジャンル : ゲーム

    tag : 格闘 ACG コーエーテクモ 動画 桑島法子 堀江由衣 三石琴乃 永島由子 山崎和佳奈 冬馬由美

    リッジレーサー3D

    ニンテンドー3DSのローンチタイトルとして発売された「リッジレーサー3D」です。

    ちなみにローンチタイトルとは、
    新しく発売されるゲーム機と同時に発売されるゲームソフトのことを言います。

    さて、ニンテンドー3DSについては、
    今更、説明する必要もないと思いますが、
    ニンテンドーDSのアップグレードバージョンって感じで発売された携帯ゲーム機です。

    やはり、一番の特徴は裸眼(眼鏡とかかけずに)で立体的にモノが見えるシステムを取り入れていること。

    とはいえ、ニンテンドーDSよりも表示能力とかはアップしているので、
    ビジュアルもとてもキレイになっています。

    そして、3D表示ですが、
    表示レベルを調整できるようになってているんですね。

    知らなかったなぁ。

    と言うことで、ゲームソフト「リッジレーサー3D」のお話し。

    やはり、ナムコですね、
    実に手堅い。

    ニューハードの切込隊長的な役割を持つ「リッジレーサー」シリーズですが、
    最近の「リッジレーサー」シリーズとほぼ同じ仕様です。

    特に目新しいモノはありません。

    コースもマシンもおなじみって感じです。

    ゲームの流れもプレイステーション・ポータブルで発売された「リッジレーサーズ」で採用された、
    ワールドツアーモード的に進めて行くし、
    ドリフトによってニトロがたまっていくのも健在。

    だからある意味安心して遊べます。

    たぶん、3D表示の所をマスターするために、
    今までのデータを使って作業負担を減らしたんでしょうね。

    携帯ゲーム機と言うことで、
    メモリーの制約も大きいですし。

    とはいえ、3D表示に関しては完璧とは言えないです。

    普通に走っているときは、ほぼ問題ないのですが、
    さすがに挙動が乱れてあっち行ったりこっち行ったりとめちゃめちゃな走りをしたり、
    ドリフトのスピードが上がっていきライバルとかが表示されていると、
    ぶれた画像のママ表示されてしまったりします。

    なので、はじめの頃は立体視を楽しんでいましたけど、
    ランクが上がって速いとかで走れるようになると、
    立体視では目が疲れて(年のせいもあるかもしれませんが)くるので、
    2D表示にしてゲームをプレイしています。

    こうなると、ただの携帯ゲーム機の「リッジレーサー」って感じですね。

    それでも楽しいのでアチキ的には全く問題ないです。

    「リッジレーサー」のファンならベーシックモード(いわゆる初心者向け、といってもこれをクリアしないと中級、上級にはいけません)は、ノーミスで全てのコースを1位通過できる感じで、
    初心者の方もコースとかを覚えればそれほど難しくないので、
    誰でも楽しめるレースゲームです。

    マルチプレイにも対応しているし、
    「すれちがいデュエル」というすれちがい通信を利用したモードなんかもありますが、
    これは、アチキがゲーム機を持ち歩いていないので他の人のデュエルを手に入れたことはありません。

    とはいえ、ゲーム機の発売台数もそうですが、
    ソフトの発売本数からみても普通に生活していたらきっとすれちがい通信で手に入れることはないだろうなぁ、
    なんて思っています。

    それでもアチキは久々の「リッジレーサー」と言うことで、
    十分楽しんでいますよ。










    テーマ : ニンテンドー3DS
    ジャンル : ゲーム

    tag : RCG レース バンダイナムコ 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー