F1 2009 Round.17 アブダビGP

    中東で二番目の開催地アブダビGP

    アブダビって何処よ?

    って感じですが、ドバイから近いらしく、
    ヤス・マリーナ・サーキットがあるヤス島には、
    宿泊施設がまだまだ少なくて、
    今回のグランプリのお客はドバイに宿泊している人も多いとか。

    まさに近代的なお金をかけたサーキットって感じてすよ。

    ヤス・マリーナ・サーキットの横には、世界初のフェラーリのテーマパークもあるし。

    中東の金持ちはフェラーリが大好きだからね。

    で、F1初のトワイライトレース

    要は、夕暮れ時からスタートして、チェッカーを受けるときは夜になっているという時間帯の開催。

    ヨーロッパのスポーツだか、ヨーロッパの人たちがTV観るのに都合の良い時間にレースを開催しろと言うこと。

    そんなことだったら、全部ヨーロッパでグランプリをすればいいじゃん。

    なんて思うのだが、ヨーロッパのグランプリのほとんどはお金がなくて開催が難しいので、
    お金を持っている国で開催してお金を稼ぎたいのです。

    要するに、商業権利を持っているバーニーちゃんがお金にがめついので、
    世界が不景気でも金を持っているところはあるだろう、ということで色んな国で開催することになったのです。

    来年は、韓国でも開催されますからね。

    と、言うことで前置きが長くなりましたが、
    今シーズンのラストレースです。

    今までは、ブラジルでした。

    そり前はオーストラリアでした。

    アチキは、オーストラリアのイメージが強いんですけどね。

    そして、今年は中東のアブダビ。

    そして、ブラジルに引き続き小林可夢偉がレースに出場することになりました。

    GP2アジアやGP2は観ていなかったので、
    鈴鹿の金曜日とブラジルのレースしか走っているのを観たことがなかったアチキ。

    鈴鹿は評価するには難しすぎて何にも言えなかったけど、
    ブラジルでは若々しいアグレッシブな走りを見せてくれて、
    アチキの評価は上々。

    そして、今回のアブダビGPでの走りですが、
    上々どころか、来年はレギュラードライバーだろう、って感じですよ。

    でも、トヨタだからなぁ。。。。

    あまり期待しないでおこう。

    中島一貴より良かったよ。

    まだスポット参戦の走りしか観ていないから何とも言えないけど、
    佐藤琢磨に匹敵するくらい評価しているよ。

    もうチャンピオンシップが決まっているので、
    見所としては他の部分になるわけですが、
    色々なところで楽しいグランプリでした。

    ハミルトンがトラブルでリタイヤしたのはちと残念だったけど、
    小林もがんばっていたし、
    バトンとウェーバーのバトルも楽しかった。

    やっぱりF1は楽しいなぁ、
    とつくづく思ったレースでしたね。

    まだドライバーの大半が来年のシートが決まっていませんが、
    チーム構成からドライバーの構成まで大きく変わりそうな来シーズン。

    燃料給油が今年で最後になり、
    来年からは複雑なレース戦略がなくなるのはちと寂しいですが、
    勝負はコース上でつけれろというレース本来の姿になりそうです。

    今のF1は追い抜きが難しいので、
    予選での戦いが非常に盛り上がることでしょう。

    とりあえず今年のワールドチャンピオンも最終戦でギリギリ表彰台に上れて面目躍如って感じでした。

    何はともあれ今回は小林可夢偉につきるという感じですね。

    久しぶりじゃないかな、日本人のドライバーがこんなに国際映像に映るのは。

    ホント、琢磨以来って感じです。

    実におもしろいグランプリでした。

    来年、小林可夢偉がレギュラードライバーになる事を切に願っております。




    決勝結果
     
    順位No.ドライバーチームトータルタイム周回平均速度 (km/h)最高位
    115セバスチャン・ベッテルRBRルノー1:34'03.41455194.7891
    214マーク・ウェーバーRBRルノー1:34'21.27155194.1752
    322ジェンソン・バトンブラウン・メルセデス1:34'21.88155194.1542
    423ルーベンス・バリチェッロブラウン・メルセデス1:34'26.14955194.0073
    56ニック・ハイドフェルドBMWザウバー1:34'29.66755193.8872
    610小林可夢偉トヨタ1:34'31.75755193.8163
    79ヤルノ・トゥルーリトヨタ1:34'37.78055193.6103
    812セバスチャン・ブエミSTRフェラーリ1:34'44.70855193.3746
    916ニコ・ロズベルグウィリアムズ・トヨタ1:34'49.35555193.2167
    105ロバート・クビサBMWザウバー1:34'51.59455193.1406
    112ヘイッキ・コバライネンマクラーレン・メルセデス1:34'56.21255192.9845
    124キミ・ライッコネンフェラーリ1:34'57.73155192.9326
    1317中嶋一貴ウィリアムズ・トヨタ1:35'03.25355192.74510
    147フェルナンド・アロンソルノー1:35'13.10155192.41311
    1521ビタントニオ・リウッツィフォース・インディア・メルセデス1:35'37.86455191.58313
    163ジャンカルロ・フィジケラフェラーリ1:34'06.89754191.12815
    1720エイドリアン・スーティルフォース・インディア・メルセデス1:34'10.42754191.00915
    188ロマン・グロージャンルノー1:34'11.39654190.97616
     1ルイス・ハミルトンマクラーレン・メルセデスブレーキ20192.7651
     11ハイメ・アルグエルスアリSTRフェラーリギアボックス18186.56319









    スポンサーサイト

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2009 Round.16 ブラジルGP

    遂にワールドチャンピオンが決定しました。

    シーズン当初の快進撃がウソのように後半苦労したブラウンGPのジェンソン・バトンが初の栄冠です。

    バトンも苦労したレース人生ですからね。
    喜びもひとしおではないかと。

    デビュー当時はいずれチャンピオンになる逸材と言われ、
    華々しいF1デビューシーズンを送り、
    その後、チームと言うよりもマシンに恵まれず、
    やっと手に入れた栄冠。

    今年のバトンはワールドチャンピオンにふさわしい走りを見せてくれました。

    確かにポイント的には100ポイントに届かないかもしれませんが、
    金持ちチームでもないプライベーターがシーズンを戦うことの難しさは誰もが知っており、
    シーズン序盤のアドバンテージを生かし、
    不利なレースを最少失点に押さえる走りで勝ち得た勝利ですから、
    去年のハミルトンのワールドチャンピオンとは価値が違いますよ。

    レース前は最終戦でもつれるかなぁ、
    と思ったんですけど、
    結果、相手の不運にも恵まれて確定しました。

    チャンピオンが表彰台にいないという形でしたが、
    これはこれで良かったんではないかと。

    確かに、三位以内で決めてれば申し分ないわけですが、
    さすがにそれほどの速さはブラウンGPには無かったですからね。

    スタートポジションから考えれば、
    良く決められたなぁ、
    というのが本音ですね。

    土曜日の雨でめちゃめちゃになり、
    決勝は晴れ。

    予選から晴れていれば、
    ハミルトンやベッテル、ウェーバーあたりが優勝かと思っていたのですが、
    特にハミルトンには期待していたんですけど、
    残念、スタートが17番手と後方スタートでしたからね。

    それでも戦略と走りで表彰台をゲットしたわけですから、
    予選の雨が悔やまれます。

    そんなわけで、
    荒れたブラジルGPですが、
    一番エキサイトしたのは、
    トゥルーリとスーティルのドライバー対決ですか。

    いきなり激怒したトゥルーリがスーティルに掴みかかって、
    あわや乱闘かと思ったんですけど、
    トゥルーリの一方的な剣幕にスーティルたじたじって感じでしたね。

    それから今回スポット三戦が決まった小林可夢偉ですが、
    ルール的に問題がある走りはしていたようですが、
    ルーキーらしいアグレッシブな(一歩間違えれば無謀な)走りで、
    十分f1関係者にアピール出来たんではないでしょうか。

    来年はちょっと難しいかもしれませんが、
    再来年くらいにはトヨタのシートに(トヨタが参戦してていれば)乗せてもいいんではないかな、
    と思いましたね。

    今回のグランプリは実に見所満載で、
    楽しいグランプリでした。

    今シーズンもあと一戦を残すのみです。

    ワールドチャンピオンも(ドライバー、コンストラクターともにブラウンGP)決まって、
    後はドライバーたちの張っちゃけた走りをアブダビGPで観られるとうれしいですね。

    はじめてのコースというか開催国ですから、
    何が起こるかわかりませんが、
    楽しみです。




    決勝結果
     
    順位No.ドライバーチームトータルタイム周回平均速度 (km/h)最高位
    114マーク・ウェーバーRBRルノー1:32'23.08171198.6751
    25ロバート・クビサBMWザウバー1:32'30.70771198.4022
    31ルイス・ハミルトンマクラーレン・メルセデス1:32'42.02571197.9983
    415セバスチャン・ベッテルRBRルノー1:32'42.73371197.9732
    522ジェンソン・バトンブラウン・メルセデス1:32'52.08671197.6402
    64キミ・ライッコネンフェラーリ1:32'56.42171197.4875
    712セバスチャン・ブエミSTRフェラーリ1:32'59.07271197.3933
    823ルーベンス・バリチェッロブラウン・メルセデス1:33'08.53571197.0591
    910小林可夢偉トヨタ1:33'26.40571196.4313
    103ジャンカルロ・フィジケラフェラーリ1:33'33.74671196.1749
    1121ビタントニオ・リウッツィフォース・インディア・メルセデス1:33'34.46971196.1488
    122ヘイッキ・コバライネンマクラーレン・メルセデス1:33'36.58071196.0756
    138ロマン・グロージャンルノー1:32'24.92670195.8116
    1411ハイメ・アルグエルスアリSTRフェラーリ1:32'31.63370195.57410
     17中嶋一貴ウィリアムズ・トヨタアクシデント30187.1693
     16ニコ・ロズベルグウィリアムズ・トヨタギアボックス27184.6632
     6ニック・ハイドフェルドBMWザウバー燃料切れ21180.32010
     20エイドリアン・スーティルフォース・インディア・メルセデスアクシデント00.000-
     9ヤルノ・トゥルーリトヨタアクシデント00.000-
     7フェルナンド・アロンソルノーアクシデント00.000-









    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2009 Round.15 日本GP

    鈴鹿にF1グランプリが帰ってきました。

    最後かもしれないと思った三年前に鈴鹿に行き、
    (それまでも毎年のように行っていたけど)
    復活の鈴鹿に行こうかと思っていたんだけどねぇ。

    金が、、、、。

    不景気だねぇ。

    チケットが売れてないと聞いていたけど、
    あんなに売れていないとは。

    それもグランドスタンド前の高額な場所は半分も埋まっていなかったね。
    それを観るだけで、本当に不景気なんだなぁ、と。

    だって、その他の鈴鹿F1観戦では、ベストだと思われてる場所はほぼほぼ埋まっていたし。

    あまり観戦場所としては適切ではないなぁ、と思われるところはやはりがらがらだった。

    それらを観て感じるのは、
    F1ファンが少なくなったのではなく、
    経済的な理由で来られない人が多くなったと言うことでしょう。

    未だにF1はバブルを引きずっているからね。

    これはモビリティランド(サーキットを運営している会社)が全て悪いわけではなく、
    F1の商業圏を持っているところが高い金額を要求しているので、
    そうなってしまっているのです。

    それは、日本だけに限らず、
    他の開催国でも似たり寄ったりです。

    まぁ、そんな感じで、
    観客席は少々寂しかったですが、
    レースの方はいつものように再考の盛り上がりを、
    それも予選から見せてくれました。

    金曜日のフリー走行は雨で、
    予選、決勝と晴れの予報でしたから、
    いつも以上に走るチームが少なかったです。

    走っていたのは、基本的にはじめて鈴鹿を走るドライバーたちでしたね。

    F1が開催されるサーキットでは、
    1、2を争うドライバーズサーキットですから。

    ハミルトンなんか絶賛の嵐でしたね。

    もしかしたら鈴鹿で勝ったことがないのにワールドチャンピオンなんて言えないね、
    なんて陰で言われていたりして。

    モナコ、スパ、鈴鹿。

    この三つは近代F1では、
    ドライバーたちにとって優勝することに意義があるサーキットなんですね。

    モナコは、伝統と格式。
    そして、市街地という特殊な環境でのグランプリで、
    世界三大レース(モナコ、インディアナポリス、ル・マン)の一つですからね。

    スパは、オールージュという名物の坂があって、
    度胸がなければ、びびってたら早く走れない、
    腕と度胸が試されるサーキット。

    そして、鈴鹿は、
    一周をリズム良く完璧に走ることが出来なければ早く走れない、
    逆に完璧に出来たときの気持ちよさは、
    今回の優勝者であるベッテルがいっていたようになるんですね。

    ベッテルに限らず、
    他のドライバーも完璧に走れたときの気持ちよさは他のサーキットでは感じることが出来ないほど、
    素晴らしいモノだと、いっていますし。

    残念ながらアチキは鈴鹿サーキットを走ったことがないので、
    その気持ちはコメントでしか知ることが出来ないんですけど。

    まぁ、それがお世辞ではなく、
    ドライバーたちの本音の発言であると言うこと。

    そんな素晴らしい、世界に誇れるサーキットが日本にあると言うことをアチキは素直に喜びたいです。

    なので、これまた偶然か知りませんが、
    今回アクシデントにあったドライバーは、
    鈴鹿をはじめて走ったルーキーたちでしたね。

    それを考えるとハミルトンは、すごいね。

    ベッテルはBMWのサードドライバーの時に、
    金曜日のフリー走行を、路面がハーフウェットの時に走ったことがあるんだよね。

    今でもあのときの走りを覚えているよ。

    だから、マシンの状態も含めて、
    ベッテル優勝はアチキの予想通りでした。

    残念なのは、ブラウンGPですね。

    黄旗無視によるペナルティで、グリッド降格。

    まぁ、予選が赤旗中断が続いて、
    その上、黄旗だもんね、
    仕方ないと言えば仕方ないのかな。

    若手ドライバーのレベルがイマイチだったせいだけど、
    CSのF1番組で中嶋悟氏が言っていたけど、
    最近のサーキットはコースアウトしてもセーフティゾーンがキチンとあって、
    コースに簡単に復帰できるから、昔のサーキットはコースアウトイコールリタイアだから、
    コース攻略の仕方が違うと、
    そのコメントを聞いたときなるほどと思いましたよ。

    そんな波乱に満ちた予選から決勝もどうなることかと思っていましたが、
    予想よりも酷くなかったですね。

    さすがに、予選のようなコンマ何秒の世界を、
    ギリギリのところで走るわけではないので、
    ある程度マージンを持って走っているからぐちゃぐちゃにはなりませんでした。

    ワールドチャンピオンシップは、次戦以降に持ち越しになりましたが、
    鈴鹿で決まって欲しかったけど、
    こうなると、去年のように最終戦までもつれて欲しい気もしますね。

    あんなドラマチックな展開は、
    そうそうあるもんじゃないけど、
    もしかしたらあるかもしれないし。

    残り全部ベッテルは優勝をねらってくるだろうし。

    バトンは、ポイント獲得だけのセーフティな走りばっかりだし。

    これは、色々と盛り上がってくるかもしれませんよ。




    決勝結果
     
    順位No.ドライバーチームトータルタイム周回平均速度 (km/h)最高位
    115セバスチャン・ベッテルRBRルノー1:28'20.44353208.9001
    29ヤルノ・トゥルーリトヨタ1:28'25.32053208.7072
    31ルイス・ハミルトンマクラーレン・メルセデス1:28'26.91553208.6452
    44キミ・ライッコネンフェラーリ1:28'28.38353208.5873
    516ニコ・ロズベルグウィリアムズ・トヨタ1:28'29.23653208.5542
    66ニック・ハイドフェルドBMWザウバー1:28'29.95253208.5252
    723ルーベンス・バリチェッロブラウン・メルセデス1:28'31.08453208.4814
    822ジェンソン・バトンブラウン・メルセデス1:28'31.91753208.4486
    95ロバート・クビサBMWザウバー1:28'32.22053208.4365
    107フェルナンド・アロンソルノー1:28'33.50853208.3868
    112ヘイッキ・コバライネンマクラーレン・メルセデス1:28'34.17853208.3605
    123ジャンカルロ・フィジケラフェラーリ1:28'35.03953208.32611
    1320エイドリアン・スーティルフォース・インディア・メルセデス1:28'35.40253208.3127
    1421ビタントニオ・リウッツィフォース・インディア・メルセデス1:28'36.17753208.28111
    1517中嶋一貴ウィリアムズ・トヨタ1:28'38.41653208.1949
    168ロマン・グロージャンルノー1:28'39.79852204.21014
    1714マーク・ウェーバーRBRルノー1:28'42.68251200.17217
     11ハイメ・アルグエルスアリSTRフェラーリアクシデント43217.4779
     12セバスチャン・ブエミSTRフェラーリクラッチ11210.27917









    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2009 Round.14 シンガポールGP

    クラッシュゲート事件も一つの決着を見て、
    すっきりした形でシンガポールGPを迎えられたのはよいことだと思う。

    最近、どうも政治的な話題ばっかりで、
    本来のレースを楽しむことから遠くなっていたF1グランプリですが、
    来年こそは、純粋にレースだけを楽しみたいですね。

    と、もう来年のことかい、って感じですが、
    まだまだ今年のチャンピオンは決まっていません。

    依然、バトンがポイントリーダーで状況的にはとっても有利で、
    よっぽどのことがなければ逆転は難しい感じです。

    で、そのわずかな望みに果敢に挑戦する二人のドライバー、
    バリチェロとベッテル。

    いやー、見せてくれましたよ。

    特にベッテルは素晴らしかったですね。

    結果は、ピットレーンの速度違反でドライブスルーペナルティを喰らってしまって、
    四位になってしまいましたが、
    見ているアチキをワクワクさせてくれる走りでした。

    それにしても、ロズベルグは残念だったねぇ。

    去年のラッキーに利子が付いて返済を迫られたみたいな感じだね。

    それにしてもハミルトンにはやられたって感じですね。

    当初、アチキもハミルトンはいけるのかなぁ、
    と思って予想していたんだけど、
    金曜日のフリー走行の感じで、
    バトンが思ったよりも良かったので、
    もしかしたらバトンのがいっちゃうかも、
    なんて思ったら裏切られてしまいました。

    土曜日になって、いきなり金曜日の走りが嘘のようになっていたからなぁ、
    まいったよ。

    結果的には、セーフティーカーも一回しか入らなかったので、
    去年ほどの順位の変動もなかったですね。

    まぁ、セーフティーカールールも変更になったから昨年までのようにはならないとは思っていたけど。

    オーバーテイクがほとんど出来ない市街地コースですが、
    一歩間違えればクラッシュでリタイアという緊張感のある展開で、
    尚かつ、ナイトレースというビジュアル的にもいい感じのグランプリで、
    こーいう特色のあるグランプリは長く続けて欲しいなぁ、
    とおもうのです。

    ドライバーのがんばりがよく分かるコースだしね。

    アロンソなんて、さすがという走りでしたよ。

    一方、ピケジュニアの代わって走っているグロージャンですが、
    ドライビングスタイルに問題があることが発覚。

    こうなると、ドライビングスタイルを変えないとトップドライバーにはなれないでしょう。

    次回は鈴鹿、日本GPです。

    最近は、色々なことがあってストーブリーグもシーズン後半ぎりぎりまで動きませんが、
    鈴鹿では少し動きがありそうですね。

    色んな意味で楽しみですよ。




    決勝結果
     
    順位No.ドライバーチームトータルタイム周回平均速度 (km/h)最高位
    11ルイス・ハミルトンマクラーレン・メルセデス1:56'06.33761159.8451
    210ティモ・グロックトヨタ1:56'15.97161159.6242
    37フェルナンド・アロンソルノー1:56'22.96161159.4641
    415セバスチャン・ベッテルRBRルノー1:56'26.59861159.3812
    522ジェンソン・バトンブラウン・メルセデス1:56'36.35261159.1592
    623ルーベンス・バリチェッロブラウン・メルセデス1:56'38.19561159.1173
    72ヘイッキ・コバライネンマクラーレン・メルセデス1:56'42.49461159.0205
    85ロバート・クビサBMWザウバー1:57'01.39161158.5927
    917中嶋一貴ウィリアムズ・トヨタ1:57'02.39161158.5697
    104キミ・ライッコネンフェラーリ1:57'05.22961158.5056
    1116ニコ・ロズベルグウィリアムズ・トヨタ1:57'06.11461158.4852
    129ヤルノ・トゥルーリトヨタ1:57'19.34661158.1879
    133ジャンカルロ・フィジケラフェラーリ1:57'26.22761158.03312
    1421ビタントニオ・リウッツィフォース・インディア・メルセデス1:57'39.83961157.72813
     11ハイメ・アルグエルスアリSTRフェラーリブレーキ47154.69214
     12セバスチャン・ブエミSTRフェラーリギアボックス47154.31812
     14マーク・ウェーバーRBRルノーブレーキ45156.2174
     20エイドリアン・スーティルフォース・インディア・メルセデスアクシデントダメージ23147.90115
     6ニック・ハイドフェルドBMWザウバーアクシデント19158.87817
     8ロマン・グロージャンルノーブレーキ3142.48919









    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2009 Round.13 イタリアGP

    復活なのか?

    前半の快進撃から久々のワンツーフィニッシュを飾ったブラウンGP

    今シーズン四度目のワンツーだが、
    今まで違うのはヨーロッパGP(スペインバレンシア市街地コース)で優勝してから調子のいいバリチェロ。

    ロートルの意地なのか、
    マッサ、ピケJr.に対する思いなのか、
    まぁ、やる気と情熱を再燃焼させて戦っている姿は実に感動的である。

    イタリアGPは、近年では数少ない、
    いやいや、もうほとんどないと言ってよい高速、いや、超高速サーキットといってもいいかも。

    シーズン唯一の超高速サーキットのため、
    このレースウィークに持ち込まれるマシンは、
    イタリアGP仕様のワンオフのマシンになる。

    他のサーキットでは使用できないウィングなどが特徴的で、
    ダウンフォースを得るためのウィングよりも整流板じゃないのか、
    と思うような感じのウィングになっている。

    直線をシケインでつないだようなコースでは、
    F1マシンのスピードど、300kmオーバーから一気に100km以下まで減速するブレーキングを観ることが出来る。

    F1マシンが凄いというのがよく分かる。
    世界最速のマシンというのもうなずける性能を堪能することが出来るのもイタリアGPだからだろう。

    そして、なんと言ってもフェラーリのお膝元で、
    フェラーリファンの熱狂が画面からでも伝わってくるのは、
    阪神ファンで埋め尽くされた甲子園球場以上だ。

    元ホンダF1チームで広報を担当していた小倉氏が1988年のイタリアGPで、
    (ホンダ・マルボロ・マクラーレンがシーズンで唯一優勝できなかったGP)
    フェラーリがワンツーフィニッシュしたときのファンの熱狂ぶりは恐ろしかったといっていたが、
    そうなんだろうなぁ、と素直に思ってしまうほどだ。

    まぁ、蛇足が多くなってしまったが、
    イタリアGPの決勝後のバリチェロのコメントに感動してしまいました。
    考えてみれば、アチキも長いことF1を見続けてきたのだなぁ、
    と今これを書きながら思ってしまったモノです。

    さてさて、前戦に続きフォースインディアが素晴らしい走りを見せてくれました。

    ブラウンGPに続き、レッドブルが追いつき、
    マクラーレン、フェラーリが王者の底力を見せつけて復活してきて、
    そこにフォースインディアという弱小チームが割って入ろうとしてきています。

    こんなシーズンは、近年なかったのではないかな。

    実に面白いです。

    もう予想できません。

    次は何が来るのか。

    F1はイタリアを最後にヨーロッパを離れ、ワールドツアーに入ります。

    その中には、日本GPも含まれています。

    スパ、モナコに並ぶドライバーズサーキット鈴鹿。

    本田宗一郎が日本にモータースポーツ文化を根付かせる為に作られたサーキット。

    日本のモータースポーツの聖地と言っても言い過ぎじゃないでしょう。

    今年は金がなくて行けませんが、
    そう考えると去年、一昨年の日本GPが鈴鹿でなかったことが悔やまれます。
    (文化は金で買えないんですよ)

    またたま脱線してしまった。

    イタリアGPでしたね。

    ハミルトン、まだまだ若いな。

    こういうレースを観ていると、
    やはり去年のワールドチャンピオンはフロックだったな、と。

    まだまだ、はやすぎたんじゃないか、と。

    今、ワールドチャンピオンが三人います。

    アロンソ、ライコネン、ハミルトン。

    アロンソはさすが皇帝シューマッハを打ち破って二年連続チャンピオンになった走りをいつも見せてくれます。

    ライコネンは、相変わらず俺一番はやいでしょ、的な唯我独尊的なスピードを見せてくれます。
    こいつだけはチャンピオンになっても変わりませんね。
    というよりもチャンピオンになる前からチャンピオンみたいな奴だったからな。
    アチキは大好きなんですよ。

    そして、ハミルトン。

    はやいんだけどね。

    まだまだ若いですよ。

    若いといえばレッドブルのベッテルは実に良いね。

    若さが武器になっている走りを毎回見せてくれます。
    そのくせ、うまいときている。

    これで強さが備われば、マジでシューマッハ以上のドライバーになるかも。

    個々数戦は、すったもんだがあって結果がついてきていませんが、
    まだまだ今シーズンは終わっていませんから鈴鹿で見せてくれるでしょう。

    思えば、ベッテルの走りをはじめて観たのは鈴鹿だったな。
    その頃はBMWのサードドライバーで金曜日に走っていたっけ。
    ハーフウェット状態のサーキットを他のマシンとは別次元の走りを見せていたよなぁ。

    またまたまた脱線してしまったが、
    もう今回はこの辺で終了です。

    次回は、シンガポールGPです。

    今話題のシンガポールGPです。

    楽しみだなぁ。




    決勝結果
    順位No.ドライバーチームトータルタイム周回平均速度 (km/h)最高位
    123ルーベンス・バリチェッロブラウン・メルセデス1:16'21.70653241.0001
    222ジェンソン・バトンブラウン・メルセデス1:16'24.57253240.8492
    34キミ・ライッコネンフェラーリ1:16'52.37053239.3971
    420エイドリアン・スーティルフォース・インディア・メルセデス1:16'52.83753239.3732
    57フェルナンド・アロンソルノー1:17'20.88853237.9265
    62ヘイッキ・コバライネンマクラーレン・メルセデス1:17'22.39953237.8496
    76ニック・ハイドフェルドBMWザウバー1:17'44.11853236.7416
    815セバスチャン・ベッテルRBRルノー1:17'47.11353236.5897
    93ジャンカルロ・フィジケラフェラーリ1:17'48.56253236.5167
    1017中嶋一貴ウィリアムズ・トヨタ1:19'03.86953232.7617
    1110ティモ・グロックトヨタ1:19'05.63153232.6758
    121ルイス・ハミルトンマクラーレン・メルセデス1:14'59.62252240.7611
    1312セバスチャン・ブエミSTRフェラーリ1:16'18.42152236.61811
    149ヤルノ・トゥルーリトヨタ1:16'27.94552236.1268
    158ロマン・グロージャンルノー1:16'59.72052234.50215
    1616ニコ・ロズベルグウィリアムズ・トヨタ1:17'07.16951229.61813
     21ビタントニオ・リウッツィフォース・インディア・メルセデストランスミッション22238.4484
     11ハイメ・アルグエルスアリSTRフェラーリギアボックス19232.03516
     5ロバート・クビサBMWザウバーエンジン15227.7259
     14マーク・ウェーバーRBRルノーアクシデント00.000-









    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    ユーブック 古本 買い取り 中古 販売 DVD Blu-Ray PC GAME 全国買い取りサービス