F1 2003 Round.16 日本GP

    と、言うわけで、行って来ました鈴鹿。

    チケットが売れ残っているとか、
    TVキャストがサイテーだとか、
    盛り上がりに欠ける日本GPだったとか、
    どこかで書いてましたが、
    もともと日本はモータースポーツの人気はそんなに高くないですからねぇ。

    日本GPの時のプレミアムチケットの状態がおかしいのです。

    実際、鈴鹿まで行くとどこが人気ないんだ?
    盛り上がりにかけるんだ?

    と、疑問に思うほどの人、人、人。

    私たちが見ていた席からサーキット出口まで、
    人混みの渋滞状態。

    一時間近くかかるもんなぁ。

    去年は鈴鹿に行っていないけど、
    それ以前の鈴鹿の客層が一部変化がありましたなぁ。

    トヨタが参戦してからの変化です。

    そう。

    トヨタ応援団の子供連れの親子がいっぱい。

    お母さんと子供が仲良く手をつなぎながらトヨタの帽子とか、
    旗とかをもっていっぱい団体行動をしていました。

    トヨタがご招待した家族がホントいっぱい。

    まぁ、あの子供たちの中から将来のF1ドライバーが誕生してくれれば、
    とっても良いなぁ。

    で、直前にBARの佐藤琢磨がジャック・ビルヌーブの代わりに日本GPに参戦することになったのです。

    ひゅーひゅー。

    で、予選。

    後半、トップチームの順番が回ってきたときから雨が降り出し、
    トップチーム総崩れに近い状態。

    何しろ、トヨタが予選3位4位だよ。

    トヨタ大喜び。

    琢磨は、思ったよりもだめだったね。

    2コーナーの突っ込みでミスして、
    後はずるずるリズムに乗れないまま。

    私が見ていたところが、2コーナーからs字にかけてよく見えるところだったから、
    もう、突っ込みに失敗したのを見たときは、
    あちゃーーーって感じだったね。

    で、まぁ、決勝なんだが。

    今年一番楽しいレースだったかも。

    別にBARががんばっていたから楽しかったわけではないですよ。

    レースの展開と中身が良かったのよ。

    BARホンダ関連ですばらしかったのは、
    フェラーリやウィリアムズのマシンに簡単に抜かれなかったことかな。

    コース上では、抜かれていないしね。

    今までなら1コーナーの飛び込みで簡単に抜かれていたと思うんだよね。

    それがなかったからね。

    すばらしいねぇ。

    S字から逆バンクにかけての挙動も安定していたし。

    何しろ、BARのバトンは一時期トップ走っていたし。

    実に楽しかったですねぇ。

    また来年も鈴鹿に行けるといいなぁ。

    そのときは、
    ホンダが表彰台に上れるようになっていて欲しいなぁ。

    と、いうことでワールドチャンピオンは、
    ライコネンが優勝できなかったので、
    フェラーリのシューマッハで決まりました。

    また一つ、偉大な記録をうち立てたわけです。

    そして、コンストラクターのタイトルもフェラーリが獲得。

    今年もダブルクラウンとなったわけです。

    さっ、これでまた一つ、今年の楽しみがなくなってしまいました。

    来年の開幕が今からとっても楽しみですねぇ。


    2003 Japanese Grand Prix

    Pos_No________Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    12Rubens BarrichelloFerrari531:25:11.743110
    26Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes53+11.0 secs88
    35David CoulthardMcLaren-Mercedes53+11.6 secs76
    417Jenson ButtonBAR-Honda53+33.1 secs95
    57Jarno TrulliRenault53+34.2 secs204
    616Takuma SatoBAR-Honda53+51.6 secs133
    721Cristiano da MattaToyota53+56.7 secs32
    81Michael SchumacherFerrari53+59.4 secs141
    99Nick HeidfeldSauber-Petronas53+60.1 secs11
    1020Olivier PanisToyota53+61.8 secs4
    1114Mark WebberJaguar-Cosworth53+71.0 secs6
    124Ralf SchumacherWilliams-BMW52+1 Lap19
    1315Justin WilsonJaguar-Cosworth52+1 Lap10
    1412Ralph FirmanJordan-Ford51+2 Laps15
    1519Jos VerstappenMinardi-Cosworth51+2 Laps17
    1618Nicolas KiesaMinardi-Cosworth50+3 Laps18
    Ret11Giancarlo FisichellaJordan-Ford33Out of fuel16
    Ret8Fernando AlonsoRenault17Engine5
    Ret10Heinz-Harald FrentzenSauber-Petronas9Engine12
    Ret3Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW9Hydraulics2









    スポンサーサイト

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2003 Round.15 アメリカGP

    アメリカGPです。

    もうずいぶん昔のようですが、
    私はしっかり地球の裏側のレースをライブで見ていました。

    朝の五時まで。

    会社かがあるって言うのに。

    なにしろ、
    前回のイタリアGPの結果か、
    もしかしたら、
    今回、ワールドチャンピオンが決定するかもしれないからです。

    結論から言うと、まだ決まっておりません。

    まぁ、F1に興味がある人はすでに周知の事実な訳ですが、
    知らない人の方が多いと思うので一応、
    書いておきます。

    さて、優勝は、フェラーリのミハエル・シューマッハです。

    今期すでに優勝6回。

    対するキミ・ライコネンは優勝1回。

    これを見るとワールドチャンピオンをミハエル・シューマッハにしても誰も怒らないとは思うんだけどね。

    一応、賢くポイントを稼いだ者が偉いと言うことになっております。

    これは、アラン・プロストが、
    言い出したことだからねぇ。

    優勝とリタイアしかしないセナよりも確実に完走してポイントをとっている僕の方が偉い。

    と、いうことで全レースのポイントを加算することになって、
    現在ではそれを発展させてこんなことになってしまったわけです。

    まぁ、前線のポイント加算は、たいした問題ではなくて、
    一位と二位のポイント差が昨年までは4ポイントあったモノが2ポイントになってしまったこと。

    優勝とリタイアを繰り返しているドライバーよりも、
    確実に二位か三位に入っているドライバーがポイントを貯めていけるようになっているわけです。

    と、言うわけで、
    グランプリは前半途中から雨が降り出して、
    見ている私も誰がトップ?といった具合にめちゃめちゃな状態で、
    気がつけばミハエル・シューマッハが、
    一位になっていました。

    残念になのは、モントーヤ。

    雨以外にも様々なことがあって、
    なんとシューマッハに周回遅れにされてしまいました。

    これで、入賞でもしていればまだ望みがあったのですが、
    残念なことにモントーヤのワールドチャンピオンの可能性はなくなってしまいました。

    もう、ほとんど絶望的であったキミ・ライコネンの方が、
    わずかな可能性を残して鈴鹿決戦へとつなげる力走。

    問題は、自力でワールドチャンピオンにはなれないことかな。

    優勝が絶対条件だし。

    シューマッハがノーポイントでないとだめだし。

    1ポイントでもとってしまい、
    同ポイントだと優勝回数でミハエル・シューマッハだし。

    と、いうことで鈴鹿決戦楽しみです。

    F1は何があるかわからないし。

    何しろ、ホンダが一時期トップを走っていたりしたんですからね。

    BARは二台ともエンジンブローだし。

    まぁ、鈴鹿前のテストだと思えば、
    鈴鹿で壊れるよりはいいけどね。


    2003 United States Grand Prix

    Pos_No________Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    11Michael SchumacherFerrari731:33:35.997710
    26Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes73+18.2 secs18
    310Heinz-Harald FrentzenSauber-Petronas73+37.9 secs156
    47Jarno TrulliRenault73+48.3 secs105
    59Nick HeidfeldSauber-Petronas73+56.4 secs134
    63Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW72+1 Lap43
    711Giancarlo FisichellaJordan-Ford72+1 Lap172
    815Justin WilsonJaguar-Cosworth71+2 Laps161
    921Cristiano da MattaToyota71+2 Laps9
    1019Jos VerstappenMinardi-Cosworth69+4 Laps19
    1118Nicolas KiesaMinardi-Cosworth69+4 Laps20
    Ret16Jacques VilleneuveBAR-Honda63Engine12
    Ret12Ralph FirmanJordan-Ford48Spin18
    Ret5David CoulthardMcLaren-Mercedes45Gearbox8
    Ret8Fernando AlonsoRenault44Engine6
    Ret17Jenson ButtonBAR-Honda41Engine11
    Ret20Olivier PanisToyota27Spin3
    Ret14Mark WebberJaguar-Cosworth21Spin14
    Ret4Ralf SchumacherWilliams-BMW21Spin5
    Ret2Rubens BarrichelloFerrari2Accident2










    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2003 Round.14 イタリアGP

    もう残り二戦です。

    アメリカと日本を残すのみ。

    ちなみに、今年は鈴鹿いきます。

    去年は、行けなかったからなぁ。

    さてさて、一位から三位まで二ポイント差で迎えたイタリアGP

    あついバトルが繰り広げられることは、
    世界中のF1ファンが期待しておりました。

    で、やってくれましたモントーヤ。

    オープニングラップ(スタートした周回)で、
    いきなり一位のシューマッハとサイド・バイ・サイド。

    もう、ここしかない、
    って感じだったんでしょうねぇ。

    オープンニングのスタート直後で、
    スピードがまだ乗り切れていないときに、
    エンジンパワーで勝るBMWウィリアムズとしては、
    とっても勝算があったと思うんですよ。

    ウイング立ててしっかりとグリップしているマシンはトップチームではウィリアムズだけでしたからね。

    でも、結果はシューマッハの勝利。

    後は、二回行われるピットストップのみ。

    しかし、これも全てシューマッハに持っていかれてしまいました。

    残念だなぁ。

    今年は、モントーヤにチャンピオンとらせてあげたいなぁ。

    もちろん、ライコネンでもOKです。

    要するにシューマッハ以外であれば誰でもいいのです。

    そろそろ世代交代。

    とまではいかなくても絶対的なライバルの存在は不可欠ですからね。

    じゃないとグランプリは盛り上がらない。

    そして、若い二人がチャンピオンになれば、
    勢いに乗るし。

    F1がもっとおもしろくなるんだけどなぁ。

    四位に入ったライコネンもまだまだチャンスはある。

    もちろん優勝したシューマッハや二位のモントーヤに比べれば、
    条件が厳しくなったけど。

    最終戦まで、わかりませんよ。

    やっぱり、ワールドチャンピオンは日本GPで決まらないとね。

    昔は、カレンダー的にいいところに日本GPがあったから、
    よく日本でチャンピオンが決まっていたんだよねぇ。

    それが、カレンダーが変更になって最終戦になったもんだから、
    もう消化試合が多くて、、、。

    まっ、そんなことはさておき。

    今回、久しぶりにマクラーレンのデビッド・クルサードがガス欠でリタイアしていました。

    テレメトリーが進歩した現代F1では、
    とっても珍しいです。

    簡単に言うと、
    走っている車の状況がピットでわかるシステムを乗せているから、
    ガスが少なくなってくれば事前にピットでも把握できるわけです。

    センサーがトラブってしまったということで、
    突き詰めると電気系のトラブルだと思うんだけどね。

    かわいそうなデビッド君。

    と、言うことで次回アメリカGPは、
    一部インディーカーレースの代名詞オーバルコースを使用してのF1レース

    他ではなかなか見られない特色のあるコースなので、
    ぜひみなさん見てくださいよ。

    もちろん世界選手権の行方も白熱しているし。


    2003 Italian Grand Prix

    Pos_No________Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    11Michael SchumacherFerrari531:14:19.838110
    23Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW53+5.2 secs28
    32Rubens BarrichelloFerrari53+11.8 secs36
    46Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes53+12.8 secs45
    54Marc GeneWilliams-BMW53+27.8 secs54
    616Jacques VilleneuveBAR-Honda52+1 Lap103
    714Mark WebberJaguar-Cosworth52+1 Lap112
    88Fernando AlonsoRenault52+1 Lap201
    99Nick HeidfeldSauber-Petronas52+1 Lap16
    1011Giancarlo FisichellaJordan-Ford52+1 Lap13
    110Zsolt BaumgartnerJordan-Ford51+2 Laps18
    1218Nicolas KiesaMinardi-Cosworth51+2 Laps19
    1310Heinz-Harald FrentzenSauber-Petronas50+3 Laps14
    Ret5David CoulthardMcLaren-Mercedes45Fuel pressure8
    Ret20Olivier PanisToyota35Brakes9
    Ret19Jos VerstappenMinardi-Cosworth27Oil leak17
    Ret17Jenson ButtonBAR-Honda24Gearbox7
    Ret21Cristiano da MattaToyota3Spin12
    Ret15Justin WilsonJaguar-Cosworth2Gearbox15
    Ret7Jarno TrulliRenault0Hydraulics6










    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2003 Round.13 ハンガリーGP

    キミは、歴史的瞬間を見たか、、、。

    と、いっても単に一つの記録が新たに更新されただけなんだけどね。

    でも、なかなかその場に居合わせるというのは、
    やっぱり難しいわけです。

    で、どんな記録かというと「最年少優勝記録」です。

    22歳のフェルナンド・アロンソくん。

    素晴らしいねぇ。

    ポール・トゥ・フィニッシュですよ。

    いつかきっと、ワールドチャンピオンにもなれる器だね。

    殊勲賞に、マーク・ウェバーくん。

    彼がいなかったらこの記録はうち立てられなかったかもしれません。

    ずーーーーっと、
    ウェバーくんが速いマシンを抑えてちんたら走っていたから、
    ポールポジションのアロンソくんが充分なマージンを稼ぐことが出来たわけです。

    ウェバーくんに感謝しないとね、アロンソくんは。

    いつかは表彰台の真ん中にたてるドライバーだと思っていたけど、
    こんなにもはやく出来るとは、実に素晴らしい。

    ポールポジションをとった段階では、
    よくて表彰台かな、
    と思っていたんだけどね。

    まさか、あそこまで二位を走っていたウェバーくんが他車を押さえ込んでいられるとは。

    で、歴史的な出来事で世間は盛り上がっていますが、
    それ以上にワールド・チャンピオンシップの方も盛り上がって欲しいですねぇ。

    何しろ、
    シリーズポイント一位のミハエル・シューマッハと三位のライコネンのポイント差は、
    たったの二ポイント。

    うーーん。

    シューマッハ、モントーヤ、ライコネン。

    この三人全員にチャンピオンになる可能性がある。

    おもしろくなってきましたなぁ。

    これは、鈴鹿まで確実にもつれるなぁ。

    それにしても、
    モントーヤの決勝後のインタビューでいっていたんですけど「(シューマッハのこと)1コーナーまでは、超攻撃的だったのが2コーナーではあきらめていた」みたいなことを言ったんですよ。

    で、その頃ピット裏で、シューマッハがインタビューを受けていて「今日は、自分のレースじゃない」なんて事を言っているんですね。

    いやー、見ているこっちは、
    今日のシューマッハは、
    ちょっと遅いねぇ。

    くらいにしか感じていなかったんだけど、
    さすが同じ土俵で戦っている者同士。

    すぐに相手の雰囲気が分かるんですねぇ。

    と、いうことでこれからの一戦一戦は超おもしろいです。

    今からでも遅くはないので、しっかりF1観戦しましょう。


    2003 Hungarian Grand Prix

    Pos_No________Driver_____________Team______Laps_Time/Retired_Grid_Pts
    18Fernando AlonsoRenault701:39:01.460110
    26Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes70+16.7 secs78
    33Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW70+34.5 secs46
    44Ralf SchumacherWilliams-BMW70+35.6 secs25
    55David CoulthardMcLaren-Mercedes70+56.5 secs94
    614Mark WebberJaguar-Cosworth70+72.6 secs33
    77Jarno TrulliRenault69+1 Lap62
    81Michael SchumacherFerrari69+1 Lap81
    99Nick HeidfeldSauber-Petronas69+1 Lap11
    1017Jenson ButtonBAR-Honda69+1 Lap14
    1121Cristiano da MattaToyota68+2 Laps15
    1219Jos VerstappenMinardi-Cosworth67+3 Laps18
    1318Nicolas KiesaMinardi-Cosworth66+4 Laps20
    Ret10Heinz-Harald FrentzenSauber-Petronas47Ran out of fuel17
    Ret15Justin WilsonJaguar-Cosworth42Engine12
    Ret0Zsolt BaumgartnerJordan-Ford34Engine19
    Ret20Olivier PanisToyota33Gearbox10
    Ret11Giancarlo FisichellaJordan-Ford28Engine13
    Ret2Rubens BarrichelloFerrari19Suspension5
    Ret16Jacques VilleneuveBAR-Honda14Hydraulics16









    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    F1 2003 Round.12 ドイツGP

    皆さん見ましたか?

    スゴかったですねぇ。

    いきなりですよいきなり。

    スタート直後のクラッシュ。

    これでワールドチャンピオンシップの二位につけているライコネンがリタイヤ。

    普通だったら赤旗で再スタートになってもおかしくないクラッシュだったのですが、
    エスケープゾーンが広くて、
    結局セーフティカーでの再スタート。

    一生懸命走ってピットに戻ったライコネンの苦労が水の泡。

    でも、これで選手権がつまらなくなったと思いきや、
    やってくれましたモントーヤ。

    シューマッハのタイヤバーストも手伝って、
    シューマッハとモントーヤのポイントがグッと縮まりましたねぇ。

    最近のフェラーリの絶不調ぶりとウイリアムズの絶好調ぶりを見ていると、
    モントーヤがワールドチャンピオンか、
    と思ってしまうほど。

    ただこの夏休みの間にどうなるか分からないけどね。

    テスト走行とか出来ず、
    基本的にチームもドライバーも休みを撮らないと行けないときなんですが、
    トップチームほど裏で何をしているか分かりませんからねぇ。

    モントーヤが活躍すると必ずピットにいる奥さんが出てくるのですが、
    美人ですよねぇ。

    羨ましいなぁ。

    相変わらずインタビューのコメントも飛ばしているし。

    最高だね、モントーヤ。

    猛暑もけろっとしてるし。

    さすがコロンビア生まれ。

    あまり好きじゃないから書きたくないけど、
    トヨタがダブル入賞しました。

    このところトヨタの開発は目を見張るモノがあるね。

    これに気を良くして、
    もっと金使ってマシンを開発して欲しいなぁ。

    そうすると、ホンダももっと意地を見せるだろうし。

    いつかBARがホンダ化すれば、
    もっとワクワクするようなレースが見られるようになると思うんだよねぇ。

    それまでホンダの車が売れていればの話だけど。

    2003 German Grand Prix

    Pos_No________Driver_____________Team______Laps___Time/Retired__GridPts
    13Juan Pablo MontoyaWilliams-BMW671:28:48.769110
    25David CoulthardMcLaren-Mercedes67+65.4 secs108
    37Jarno TrulliRenault67+69.0 secs46
    48Fernando AlonsoRenault67+69.3 secs85
    520Olivier PanisToyota66+1 Lap74
    621Cristiano da MattaToyota66+1 Lap93
    71Michael SchumacherFerrari66+1 Lap62
    817Jenson ButtonBAR-Honda66+1 Lap171
    916Jacques VilleneuveBAR-Honda65+2 Laps13
    109Nick HeidfeldSauber-Petronas65+2 Laps15
    1114Mark WebberJaguar-Cosworth64Accident11
    1218Nicolas KiesaMinardi-Cosworth62+5 Laps20
    1311Giancarlo FisichellaJordan-Ford60Engine13
    Ret19Jos VerstappenMinardi-Cosworth23Hydraulics19
    Ret15Justin WilsonJaguar-Cosworth6Gearbox16
    Ret4Ralf SchumacherWilliams-BMW1Accident damage2
    Ret10Heinz-Harald FrentzenSauber-Petronas1Accident damage14
    Ret2Rubens BarrichelloFerrari0Accident3
    Ret6Kimi RäikkönenMcLaren-Mercedes0Accident5
    Ret12Ralph FirmanJordan-Ford0Accident18












    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース 動画

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー