007 慰めの報酬 【2008年製作:映画】

    前作「007 カジノ・ロワイヤル」のラストで敵の親玉というか、
    司令塔というか、
    幹部というか、
    まっ、本丸ではないけど敵組織の中枢の男を捕まえに行って凄く中途半端に終わったラストからの続きになります。

    こういう展開は、
    シリーズ初でしたね。

    オープニングでカーチェイスがあって、
    それが終わってMI6のアジトに戻ったジェームズ・ボンドの車のトランクからそいつが出てきます。

    で、
    尋問をしようとして逃げてしまいます。

    さぁ、敵の組織への手がかりが途絶えたジェームズ・ボンドは、
    どうするのでしょう。

    愛した女性の復讐は。

    Mにも信用されず、
    MI6の協力もまともに受けられない。

    突然現れた謎の女。

    最初から飛ばしまくりの展開です。

    それにしてもダニエル・クレイグのイメージのせいなのか、
    舞台の場所のせいなのか、
    なんか汗臭い映画になっています。

    そう言えば、
    オープニングのビジュアルが、
    「007 カジノ・ロワイヤル」では、
    女性のシルエットが出ていなくてですね、
    残念に思っていたのですが、
    今作で復活しました。

    やっぱり不評だったんですかね。

    この作品単体で見ても充分おもしろいですが、
    やはり前作から見た方が、
    ジェームズ・ボンドの立位置がそうなっているのかよく理解できておもしろさも倍増って感じでしょう。

    なんといっても次回作「007 スカイフォール」を楽しむためにも、
    リブートされた007シリーズを楽しむためにも、
    ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド映画は、
    「007 カジノ・ロワイヤル」から見るべきでしょう。










    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋画
    ジャンル : 映画

    tag : スパイ アクション 犯罪 動画 ダニエル・クレイグ オルガ・キュリレンコ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー