F1 2014 Round.4 中国GP

    開幕から絶好調、
    と言うより圧倒的な速さでもって独走状態のメルセデスGP

    今回の中国上海でのレースも圧倒的でした。

    予選は、
    雨がらみで、
    マシンの差は縮まった感じですが、
    それでも盤石という感じ。

    ニコ・ロズベルグがちょっと予選で失敗した感じでしたが、
    ルイス・ハミルトンはさすがにキチンとまとめ上げましたね。

    さて、
    もっかコンストラクターズ2位につけているフォース・インディアですが、
    メルセデスパワーユニットのおかげという感じで、
    いつまでこのポジションにいられるのかなぁ、と。

    やっぱり、レッドブル、フェラーリ、マクラーレン辺りが復調してくると、
    落ちていく感じなんですよねぇ。

    そのフェラーリですが、
    なんとステェファノ・ドメニカリが辞任(解雇?)で、
    新たなチーム代表が来ました。

    いやー、なんというか、
    フェラーリって感じですよねぇ。

    決勝は、
    スタートで出遅れたメルセデスGPのニコ・ロズベルグが、
    ポジションを一つずつ上げていく感じで、
    最後は二位。

    トップは、独走でルイス・ハミルトン。

    そして、三位には、
    なんとフェラーリのフェルナンド・アロンソ。

    こいつはビックリだね。

    やっぱりF1って凄いなぁ、
    と感じてしまうよ。

    レッドブルも4、5位という結果。

    こちらも開幕前と開幕の頃から比べると素晴らしい進化ですよ。

    にしても驚きなのが、
    セバスチャン・ベッテルのチームメイトで、
    マーク・ウェバーの代わりに加入したダニエル・リカルド。

    開幕から四戦、
    ワールドチャンピオンのセバスチャン・ベッテルよりも速いのです。

    こいつは、予想外。

    まさに驚きですよ。

    こうなるとシーズン通して、
    セバスチャン・ベッテルとダニエル・リカルドの戦いにも目が離せなくなりますな。

    ちなみに小林可夢偉ですが、
    相変わらず素晴らしい仕事してますよ。

    最後の最後にきっちり決めてくるところも素晴らしい。

    ホント、トップチームで走らせてみたいです。





    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー