博士の愛した数式 【2005年製作:映画】

    興味の対象は、
    原作小説が本屋さん大賞を取った作品ということではなく、
    単に深津絵里が出ているからと言うことで見た映画。

    なので、
    原作との違いとかは、
    いつものように全く分かりません。

    さて、
    映画の内容ですが、
    事故をきっかけに80分しか記憶ができない博士と、
    その世話をすることになった家政婦の親子の交流を描いたお話。

    中々心温まるお話でした。

    深津絵里演じる家政婦杏子が実に良い人でねぇ。

    こんな家政婦さんならアチキも雇いたいです。

    と思ったほど。

    だから気むずかしくて、
    記憶障害を持つ偏屈博士も心を開いていくわけですな。

    脳みそと心の問題という部分がはっきりしないのですが、
    やはり、記憶がなくなり、
    メモの確認だけで、
    人が変わるわけないので、
    やはり、
    心に何かしら残るものがあって、
    それが蓄積されて、
    変化していくんだろうなぁ、
    なんて思いながら見ていました。

    博士と義理の姉と、
    家政婦の三角関係的な見せ方もありますが、
    まぁ、勝手に義理の姉が嫉妬しているだけと言うことでもあるのでしょうが、
    ドラマを盛り上げるためにあるようなエピソードに見えてしまって、
    アチキ的には、
    いらなかったかなぁ、と。

    でも、まぁ、
    普通にハッピーエンドになっても、
    それはそれで盛り上がらずにつまらないと思うのも確かかもしれないな。

    というわけで、
    思っていた以上におもしろかったです。

    暇な週末、ちょっとハートフルな気持ちになりたいと思ったらご覧になってみてくださいな。










    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 日本映画
    ジャンル : 映画

    tag : ハートフル ドラマ 動画 深津絵里

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー