オズ はじまりの戦い 【2013年製作:映画】

    サム・ライミ監督作品「オズ はじまりの戦い」です。

    いわゆる昨今はやりのビギニング映画です。

    「オズの魔法使い」の主人公であるドロシーが魔法の国に行く前の話。

    そして、
    マジシャンであるオズが、
    どのようにして魔法の国のトップになったのかが語られる物語です。

    「オズの魔法使い」に出てくる大魔法使いオズは、
    アチキの印象として、
    ただのペテン師、詐欺師、マジシャンといういかがわしい感じで、
    魔法の国の住人をだましていると言ったある意味悪者的な印象でしたが、
    この映画を見て、
    あー、やっぱりペテン師で、詐欺師で、マジシャンというのは、
    そのままのイメージだったな、と。

    しかし、
    魔法の国の住人にとって、
    オズがどのような存在なのかというのは、
    ちょっと違いましたね。

    まっ、その辺のことは、
    映画を見てもらって確かめてください。

    ウォルト・ディズニー映画なので、
    やはり、というか、
    毒が薄い映画だなぁ、と。

    それは、
    サム・ライミが監督をしていても変わらないなぁ、と。

    決して悪い映画ではないし、
    子供が安心してみていられる映画であることは間違いないかな。

    オープニングでもあるカンザスのサーカスの話さえ飽きずに見ることが出来たならですが。

    アチキ的には、
    昔見た「リターン・トゥ・オズ」が好きでねぇ。

    新宿の映画館に見に行ったのですが、
    普段なら渋谷か有楽町なのに、
    わざわざ新宿まで行ったのには訳があり、
    なんと新宿の映画館しかアチキの近場では吹き替えではない上映館がそこにしかなかったのです。

    他は、すべて日本語吹き替えということで、
    まぁ、「オズの魔法使い」シリーズと言えば子供向けと言うことで、
    当然の流れなのですが、
    「リターン・トゥ・オズ」は、
    間違いなく、
    純粋な子供向けではなかったです。

    っていうか、
    ホントに小さいお子様が見たら泣いちゃうんじゃないかと思える感じだったけどね。

    というわけで、
    今回の「オズ はじまりの戦い」もちょっとは大人向けな部分もあればなぁ、
    と思っていたのですよ。

    そんなわけで、
    基本的にはおもしろかったのですが、
    個人的には、
    少々残念な思いもした映画でしたね。

    ということで、
    個人的な好みを外して言えば、
    週末にでも子供と一緒にご覧になれる映画かな、と。










    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ファンタジー 魔法 魔女 動画 サム・ライミ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー