サルベージ・マイス 【2011年製作:映画】

    広島が舞台の映画です。

    借りて見たときは、
    これがご当地ムービーというのは、
    知りませんでした。

    単に舞台が広島と言うだけかと。

    ご当地ムービーの定義が、
    どういうモノなのかよく知らないんだけどね。

    漠然とはイメージできるんだけど。

    さて、
    そんなことは知らないで見たので、
    普通の映画の感じで受け取りました。

    まっ、知っていたからと言って、
    何か受けた感じが変わるのかなぁ、
    と言うのもありますが、
    知っていたら低予算の割には良くできていると思ったかも。

    それすらB級映画を見慣れているアチキとしては、
    よく思うことでもあるので、
    やはり大きく評価が変わることはないかな。

    実際、
    この映画を見ようと思ったのは、
    谷村美月がでていたから。

    まさかアクションヒロイン役だとはね。

    思っていた以上にアクションシーンをそつなくこなしていました。

    ただ、ビジュアル的には、
    ギリギリといった感じで、
    もうこれ以上年齢がいっていたら無理だったろうなぁ、と。

    とはいえ、
    アチキ的には、
    谷村美月は好きなので、
    そこんとこは誤解がないように。

    さて、
    物語は、
    谷村美月が女怪盗の役で、
    それも依頼人が盗まれた大切なモノを取り返すという泥棒さんのお話。

    純粋な悪者ではないという設定なのですが、
    どうもそれが青臭く感じてしまう今日この頃。

    映画の内容とか演出とか、
    そういう部分も多分にあってそう感じるとは思うんだけどね。

    そんなこんなで、
    盗みに入った場所で仲間に裏切られ、
    獲物を横取りされた女怪盗は、
    その物を取り返すべく行動するといった感じのお話です。

    期待しないで見る分には、
    十分に楽しめるのかな。

    特に広島に思い入れがある人なら。

    とはいえ、
    やはりレンタルでなら、
    という感じの作品です。

    これが劇場公開されて、
    正規の料金で見たらどう思うかはよく分かりません。





    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : 泥棒 犯罪 アクション 谷村美月

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー