マン・オブ・スティール 【2013年製作:映画】

    はじめてこのタイトルを見たとき、
    まさか「スーパーマン」の映画だとは思いませんでした。

    パッケージを見れば、
    まんま「スーパーマン」なんですけどね。

    さて、
    アチキの中では、
    「スーパーマン」と言えば、
    クリストファー・リーブなんですけど、
    「スーパーマン リターンズ」のブランドン・ラウスも良かった。

    で、
    「マン・オブ・スティール」のヘンリー・カヴィルは、
    どうでしょうか。

    はっきり言うと、
    映画を見る前は、
    ちょっと野性味ありすぎかなぁ、
    と思っていました。

    濃いよねぇ、
    って感じですか。

    さて、
    内容ですが、
    仕切り直しになっています。

    スーパーマンが誕生して、
    活躍するまでの話。

    クリストファー・リーブの「スーパーマン」で言うところの2作目までの話って感じですか。

    クリプトン星での話が結構詳細に描かれていたり。

    自分が特別の力を持った宇宙人だという事を知り、
    自分探しの旅に出ていたりするところが、
    今までとは違った感じですかね。

    いろんな事件からスーパーマンになり、
    クリプトン星から来た敵と戦う。

    物語としては、
    実に良い感じでした。

    ヘンリー・カヴィルに関しては、
    確かに見慣れはしましたが、
    アチキ的には、
    見終わった後も多少の違和感を感じていましたかね。

    でも、
    それを差し引いても全体的に見れば良かったと思っています。

    ちなみにアチキ的には、
    ダイアン・レインのお母さん役が、
    実にヒットでした。

    この後、
    シリーズを続くとしたら主演はヘンリー・カヴィルになるんでしょうね。

    まだご覧になっていない方は、
    是非見てくださいな。











    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
    ジャンル : 映画

    tag : SF アクション アメコミ 動画 ケビン・コスナー ダイアン・レイン ラッセル・クロウ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー