降霊 KOUREI 【1999年製作:映画】

    役所広司風吹ジュンが夫婦役で出ているホラー映画。

    草なぎ剛もオカルトを研究している大学院生としてでていますが、
    メインではないです。

    あくまでも主役は、
    役所広司風吹ジュンの二人になります。

    役所広司は、
    効果音技師として働いていて、
    ある日、仕事で山の中に音を撮りに行きます。

    そのとき、
    少女誘拐事件が起きており、
    誘拐された少女が犯人にとらわれた場所から逃げ出し、
    役所広司が持ってきた機材入れの箱に逃げ隠れます。

    まさか、
    そんな箱に少女が入っているとは知らず、
    鍵をかけて少女を閉じ込めるのですが、、、、、。

    ここからは、
    実際に見てもらった方が良いな。

    その少女の運命はどうなるのか。

    ホラー映画ですからね。

    まぁ、分かるとは思いますけど、
    そう普通には展開しません。

    幽霊に翻弄される夫婦と言うよりは、
    善良な市民が犯罪者になってしまった戸惑いと翻弄を描いているという感じです。

    ホラー映画の怖さよりも、
    どちらかというと、
    サスペンス映画的なおもしろさの方が強いかな。

    ホラーとしてダメというわけではないですけど。

    これは、
    思った以上におもしろかったです。

    クレジットに原作がマーク・マクシェーン著書の「雨の午後の降霊会」とあったので、
    海外の小説が原作なんだなぁ、と。

    そしたら、
    その小説を原作としたイギリス映画「雨の午後の降霊祭」というのがあったんですな。

    そんなわけで、
    小説を読むのは時間がかかるので、
    先に、映画の方は見てみようかな、と。

    まっ、すぐにというわけではないので、
    機会があったら見てみようという感じです。





    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : ホラー映画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー オカルト サスペンス 犯罪 刑事 役所広司 風吹ジュン 哀川翔

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー