F1 2015 Round.2 マレーシアGP

    待ちに待った第2戦です。

    何を待っているかというと、
    当然、マクラーレン・ホンダの状況を待っていたということです。

    どのくらい進歩したかなぁ、と。

    と言うわけで、
    マクラーレン・ホンダの事を書き始めると、
    それだけになってしまうので、
    まずはじめに、
    レース自体の話を。

    いやー、
    びっくりでしたね。

    前戦、今回のフリー走行とフェラーリの速さは認識していましたが、
    それでもメルセデスの強さは、
    圧倒的でした。

    今シーズンは、
    レースアクシデントか、
    メカニカルトラブルでもない限り、
    メルセデスが星を落とすとは考えられませんでした。

    ルイス・ハミルトン、ニコ・ロズベルグという二人の優秀なドライバーが、
    どちらも優勝できないなんて、
    ちょっと考えられないなぁ、と。

    そしたら、なんと、
    ガチで勝負してフェラーリのセバスチャン・ベッテルが優勝してしまうじゃないですか。

    戦略的にも、
    マシンの特性的にもばっちりはまったというのが勝因でしょうが、
    今シーズンは、
    ばっちしはまってもメルセデスの何らかのミスがない限り、
    ミスがなくてもアクシデントがない限り勝てないと思っていましたからね。

    いやー、
    移籍2戦目での優勝ですか。

    相変わらずすばらしいドライバーです。

    セバスチャン・ベッテルは。

    そういうわけで、
    優勝はフェラーリのセバスチャン・ベッテル。

    2位にルイス・ハミルトン。

    3位にニコ・ロズベルグでした。

    4位は、
    不運な状況にもかかわらず、
    フェラーリのキミ・ライコネン。

    この結果を見ても、
    フェラーリの速さは、
    メルセデスに迫る感じでしたね。

    さて、
    マクラーレン・ホンダですが、
    第1戦を欠場したフェルナンド・アロンソが復帰してのレース

    前戦では、
    完走したので、
    今回は、
    もうワンステップ上の走りを期待。

    期待に違わず、
    フリー、予選と良いところを見せ、
    決勝も良い走りをしていました。

    が、
    2台ともリタイア。

    残念。

    完走していたら、
    良いところに行けたんではないかという走りだっただけに、
    余計に残念。

    今の時点では、
    リタイアの原因は分かっていませんが、
    きっとパワーユニット関係なんでしょうね。

    さて、
    次回の中国GPでは、
    今回のペースで完走というのが、
    最低条件になってきました。

    でも、
    きっと期待に応えてくれるでしょう。

    早く次のレース始まらないかなぁ。





    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : レース GP

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー