怪談 牡丹燈籠 もっともっと愛されたかった。 【2007年製作:映画】

    さて、
    以前、「牡丹燈籠」が題材の作品を見て、
    まだ他にもあると言うことで、
    TSUTAYA DISCUSでかりてみました。

    大沢樹生が主演の作品になります。

    まぁ、
    基本的な内容は、
    以前見た作品で知っているので、
    今回は、
    どんな「牡丹燈籠」になっているのかなぁ、と。

    そんな感じで見ましたよ。

    怪談ですから、
    怖くないといけないわけです。

    実際、落語で語られる怪談って、
    ホント、怖いのがいっぱいあるんですよ。

    話の内容もそうですけど、
    語りがやはりうまい。

    映画で言うところの演出がうまい、
    ということになるんでしょうね。

    そういう意味では、
    怪談なんですけど、
    この映画は、
    そんなに怖くないです。

    人情的な部分にスポットが当たっているのかな、
    と思わせる内容でした。

    それは、それで良いのですが、
    やはり呪い殺されるというところは、
    怖がらせて欲しかったですな。

    まぁ、
    物語の今巻になる部分ですけど、
    さすがに今時のホラー映画みたいな演出は出来ないので、
    ある意味、これが限界かもと感じてはいますが、
    なんかうまく見せる方法はないのかなぁ、
    と余計なことを考えながら見てしまったの事実で、
    そうなると、
    よけい怖く感じないものです。

    と言うわけで、
    怖い怪談映画と言うよりは、
    時代劇のちょっともの悲しい映画という捉え方の方が、
    この作品にはあっているかな。

    もしかしたらそれを狙ったのかもしれないですけど。

    それなら成功していると言うことか。

    まぁ、「牡丹燈籠」がどんな感じの物語なのかを知りたかったら、
    見ても良いかな。





    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : ホラー 時代劇

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー