リトル・シスター 【小説】

    村上春樹訳のレイモンド・チャンドラー「リトル・シスター」です。

    創元推理文庫刊の「かわいい女」の新訳になります。

    もう随分昔に読んだから、
    細かいところは、
    すっかり忘れています。

    さて、
    物語ですが、
    田舎町からロサンゼルスに兄を捜して来た女性が、
    フィリップ・マーロウの元を訪れます。

    そして、
    渋々ながら依頼を受けて、
    兄を捜すことになったマーロウ。

    兄捜しを進めていくと、
    死体に出くわして、
    単なる人捜しから思わぬ事件に首を突っ込むことに。

    といった感じの内容になります。

    読んでいて感じたのは、
    以前読んだ時よりもおもしろく感じたことかな。

    以前は、
    ここまでおもしろいとは感じていなかった記憶だけはあります。

    以前読んだ時におもしろくなかった、
    と言っているのではないのでご注意ください。

    そして、
    この台詞の言い回しは、
    中々いいね、
    と思ったりしたところもあって、
    読み終わった頃には、
    もうすっかり忘れていて、
    確かあのシーンの時だったよなぁ、
    と思ってと探したのですが、
    アレレ、
    なんか違うぞ、と。

    どこにもそれらしいのがなくて、
    思っていたシーンではなかったのかと、
    パラパラと斜め読みしながら探したけど見当たらず。

    もしかしたら、
    中々いいね、
    と思ったことが勘違いだったのか。

    なんて、
    感じで楽しみました。

    ちなみに、
    ラストの方で、
    とんでもない印刷ミスがあって、
    とんでもないところで改行されていて、
    その後、数行空白になっているという、
    やっちまったなハヤカワさん、
    ってのがありました。

    この空白が、
    文字抜けだったら怒っていましたが、
    そうではないので、
    このミステイクは、
    ある意味、貴重だな、
    と思ってしまいました。

    貴重と言っても、
    それなりに印刷されているから、
    たいしたことないと思うけどね。

    コレクター魂をくすぐってはくれましたね。

    そんなわけで、
    レイモンド・チャンドラーの小説は、
    この「リトル・シスター」に限らずおもしろいので、
    興味があったら是非ご一読を。





    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 推理小説・ミステリー
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : 探偵 推理 ハードボイルド 警察 犯罪 レイモンド・チャンドラー 村上春樹

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー