ルパン三世 【2014年製作:実写映画】

    「ルパン三世」の実写映画ですな。

    実写化としては、
    2作目になります。

    1作目は、
    キチンと観たことがないのですが、
    子供の頃にTVで放映しているのをなにげに観ていて、
    聞いたことがある登場人物の名前だなぁ、
    くらいにしか思っていなくて、
    後々になってから、
    あー、あのとき観たのが「ルパン三世」の実写映画だったのか、
    という感じでしたね。

    改めて機会があれば、
    1作目を観たいとは思っているんですけどね。

    さて、
    制作発表からキャスティングの発表と、
    公開前から色々と話題になっていた映画です。

    まっ、それだけ思い入れがある、
    ファンが多い作品だと言うことですな。

    そして、
    実写に対する不安というのもあって、
    どうなるのかなぁ、と。

    アチキとしては、
    アニメを意識せずに、
    コミカルはあまり前面に出さず、
    むしろシリアス一辺倒でも良いくらいで、
    スパイ映画みたいな感じにすれば、
    それほど違和感のない映画になるのではないかと公開前は思っていました。

    キャスティングについては、
    色々と皆さんのご意見もあると思いますが、
    峰不二子以外は、
    アチキ的には、
    それほど問題ではなかったですね。

    当初の沢尻エリカ案の方が、
    アチキ的にははまっていたような気もしますが、
    こればっかりは、
    どうしようもないですからね。

    さて、
    内容的には、
    シリアス路線でその部分は良かったと思いますよ。

    ただ、
    キャラクターの設定とか、
    キャラクターそれぞれの関係とか、
    アチキが思っている「ルパン三世」でなかったのが、
    非常に残念ですね。

    なんでアニメの設定を踏襲してこなかったのかなぁ、と。

    それこそ、
    変な設定入れずにそのまんま説明無しにキャラクター達が活躍していても良かったのではないかな、と。

    もしかして、
    権利元と設定について映画は映画でとか言われたのかな。

    キモの部分は使うのな、と。

    楽曲も許可しなかったくらいだからな。

    ある意味、
    権利元は「ルパン三世」が「ルパン三世」として成立している部分を本当の意味で良く理解しているのかも。

    もし、
    そういう製薬がなかったとしたら、
    映画を作った人たちがその部分を理解していなかったと言うことだな。

    もちろん、
    アチキの「ルパン三世」感に照らし合わせての話ですよ。

    そんなわけで、
    良い部分も悪い部分も色々ありましたが、
    全体としては、
    悪い部分の方がやはり目立ってしまったなぁ、と。

    まっ、アチキは「ルパン三世」ファンなので、
    そうでない人との意見とは違うと思いますけど。





    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 邦画
    ジャンル : 映画

    tag : アクション 犯罪

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー