空襲警報 (ザ・ベスト・オブ・コニー・ウィリス) 【小説】

    この小説を読む前に、
    同じ作家コニー・ウィリスの「ブラック・アウト」を買っていて、
    数ページ読み始めたら、
    どうもシリーズ作品のようだと言う事に気づいて、
    シリーズの一番最初が今回ネタにしている短編集に入っていると言う事が分かって、
    まずは、
    こちらの小説を読むことにしたんですよね。

    コニー・ウィリスの名前は、
    憶えていなかったのですが、
    「犬は勘定に入れません ―あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎」のタイトル、
    もちろん全文ではないですが、
    「犬は勘定に入れません」の名前は覚えていて、
    あー、あの作家の本なのね、と。

    で、
    オックスフォード大学史学部シリーズについては、
    「ブラック・アウト」を読んだ時にでも書くとして、
    今回の短編集についての事を書きますか。

    基本的に、
    あまり短編は読まないんですよね。

    ザ・ベスト・オブ・コニー・ウィリスとしては、
    もう一冊短編集があって、
    コメントなどを読むと、
    もう一冊の方が、
    コニー・ウィリスらしい短編作品がまとまっているようです。

    まぁ、アチキの場合は、
    本のタイトルにもなっている「空襲警報」を読むために読んでいるので、
    コニー・ウィリスに興味があってまだ読んだことがない人なら「混沌【カオス】ホテル」から読んで見てはいかがでしょうか。

    さて、
    表題も含めてヒューゴー賞/ネビュラ賞受賞作しか入っていない短編で、
    そういう意味では、
    評判は良い小説と言う事でしょう。

    まぁ、
    アチキの好みから言うと、
    どれもこれもそれなりって感じでしたね。

    こいつはおもしれぇ、
    というのは、
    特になかった反面、
    こいつはつまらんと言うのもなかったかな。

    その中でもアチキ的に良かったかな、
    と思えたのは、
    「ナイルに死す」と「最後のウィネベーゴ」かな。

    「空襲警報」は、
    期待が大きすぎたのか、
    こんなもんか、
    という感じになってしまいましたね。

    そんな感じで、
    とりあえず、
    今は「ブラック・アウト」を読み始めています。

    「ブラック・アウト」から読み始めて良かったのか悪かったのかは、
    今のところ、
    分かりませんけど。

    とりあえず読み始めています。





    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : SF小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー