ブラックアウト 【小説】

    オックスフォード大学史学部シリーズの三作目らしいです。

    短編というか、中編というか、
    それは、
    以前もネタにしているので、
    読んでいます。

    前二作に関しては、
    読んでいません。

    「ブラックアウト」の解説を読むと、
    シリーズと言っても、
    毎回主人公は変わるらしいので、
    どこから読んでも問題ないみたいです。

    実際、
    読んで見ると、
    あまりその部分に関しては、
    違和感がなかったので、
    大丈夫だと思います。

    さて、
    このシリーズ、
    オックスフォード大学史学部が所有するタイムトラベルのマシンを使って、
    学生が、
    歴史を実施体験するというのが根本にあります。

    なので、たぶん色んな学生が色んな時代に行った話が、
    シリーズになっているのでしょう。

    実際、そういう話をチラホラ散見するし。

    で、今回は、
    三人の史学生が主人公です。

    第二次世界大戦のイギリスに、
    ほぼ同じような時期に違う場所で現地人として生活を始める三人。

    現地人と言っても一人は、
    アメリカから来た記者という役柄でその時代に入り込むので、
    その時代人として生活するといった方が正しいかも。

    そんな三人が、
    その時代でどんな風になっていくのか、
    それがこの物語です。

    本当は、もう少し説明したいんだけど、
    やっぱりアチキの所では、
    書かないようにしようと思います。

    そして、
    この「ブラックアウト」で、
    物語は完結しません。

    「ブラックアウト」だけでも上下巻で、
    その一冊もかなり分厚いのですが、
    それ以上に厚い「オール・クリア」の上下巻が待っています。

    「ブラックアウト」の上巻だけで、
    起承転結の「起」の部分だけって感じで、
    アチキは、上巻だけの時は、
    これってそんなに評価されるほどの物なのかなぁ、
    なんて感じで読んでいましたが、
    下巻になってからは、
    もう先が気になる展開ですよ。

    下巻で「承」って感じですか。

    で、
    「オール・クリア」で「転結」になるんでしょうね。

    と言うわけで、
    今は「オール・クリア」を読み始めています。





    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : SF小説
    ジャンル : 本・雑誌

    tag : SF タイムトラベル 戦争

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧

    雲のすきまから

    momoな毎日







    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンクの表示


















    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー