F1 2018 Round.17 日本GP

    遂に日本GPが開催されました。

    トロロッソ・ホンダとしては、
    ホンダの母国GPでもありますし、
    今回は、
    日本GPのスポンサーとしてもホンダが金だしていますからね。

    優勝は無理でも、
    入賞は狙いたいところ。

    少なくともリタイアなんて無様な結果だけは、
    なんとしても避けたいところ。

    もちろん、
    マシントラブル以外でのリタイアは、
    まぁ、仕方ないとしても。

    で、
    満を持して投入した新スペックのパワーユニットは、
    想定内のパワーを出したようで、
    まさかの予選でのQ3進出。

    ちょっとビックリ。

    車体側のアップデートがないので、
    パワーユニットだけで、
    Q3にいけるとは思っていなかったので。

    もちろん、
    いくつか運の要素もありましたが、
    2台揃ってのQ3進出とは、
    凄いとしか言いようがなかったですな。

    これで、
    決勝も期待できるかも、
    と思ったのですが、
    スタート直後、
    ハートレーが余りよいスタートではなく、
    ラインもイマイチで、
    順位を落としたのを見て、
    あー、
    これは、
    駄目かもし思ってしまいましたね。

    ガスリーも思っていたよりも速くなかったし。

    もうちょっと良いペースで走れていたらな、
    と感じたので、
    きっとタイヤマネジメントがうまくいっていなかったのかな。

    よく分かりませんが、
    入賞できるペースはナイト感じていたので、
    土壇場でサインツに抜かれた時は、
    あー、
    やっぱり駄目だったか、と。

    優勝は、
    メルセデスのルイス・ハミルトンですよ。

    もう、
    今年は、
    ルイスでチャンピオン決定ですね。

    後は、
    それがいつ確定するかと言うだけ。

    そうなると、
    もう今年は、
    ホンダのアップデートはないので、
    車体側のアップデートが、
    ちょっとありそうなトロロッソ・ホンダが、
    どこまで活躍できるのか、
    と言う所だけになってしまいますな。

    もうちょっと、
    フェラーリには、
    頑張ってもらって、
    確定を一戦でも後ろにしてもらい所ですが、
    難しそうです。





    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : F1グランプリ
    ジャンル : スポーツ

    tag : GP レース

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    ネクサス6

    Author:ネクサス6

    最新記事
    全記事タイトル一覧

    全ての記事のタイトルを一覧表示する。【日付順】

    カテゴリ
    アクセスカウンター
    コメント
    タグリスト
    ◆「タグ」とは、いわゆる「ジャンル」のようなもので、「タグ」を選択すると「キーワード」に即した記事が表示されます。

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブロとも一覧









    ブログ記事検索
    「帰ってきたひとりよがり」のブログ記事を検索できます。
    カスタム検索
    オススメ&相互リンク
    お問い合わせ
    作者へのご意見・ご質問・感想・記事の間違いなどのご連絡は下記メールフォームをご利用ください。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    月別アーカイブ












    DMM.com CD&DVDレンタル DVDレンタル アダルト 洋画 アニメ ブルーレイ Blu-ray 邦画 自宅にお届け

    CFB クリエイターズモデル モリガン・アーンスランド イーカプコンバナー